まとめ:資産の増やし方

ブログ記事の中から、お金を増やす方法に関する記事をまとめました。手つかずのアクションを洗い出すためのチェックリストとしても使ってもらえればと思います。

目次

はじめに:「資産を増やす」4つの方法

資産額は、次のような簡単な式で表現できます。

資産額 =(収入-支出+運用益)× 期間

つまり、資産を増やすための方法は次の4つしかありません。

  1. 給与・事業収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 運用益を増やす
  4. 期間を長く取る

基本的にはこれらすべてを続けていくことで資産は増えていきますが、時間と労力は限られているため、効率的に資産を増やすためにはアクションを明確化し、優先順位をつけて実行していく必要があります。例えばサラリーマンの場合、収入を増やすには転職や昇進等が必要となり、短期的に達成するのは困難です。このため、まずは支出の削減から手をつけつつ、運用の改善に取り組むのが効率的でしょう。

収入・支出・運用益を見える化する

優先順位の高いアクションを洗い出すには、まずは収入・支出・運用の現状を見える化し、少ない労力で改善効果の高い部分を見つけることです。仮に支出が多すぎると感じたら、次にもう少し細かく支出を記録して、支出の割合の高いカテゴリを把握していきます。削減を狙うカテゴリが定まったら、節約の実例を参考にして削減していくわけです。資産のほとんどが預金で運用益が物足りないと感じたなら、リスク資産への投資を検討しましょう。

資産管理サービスを使う

見える化するためには、ツールの助けを借りるのが効率的です。銀行や証券口座、クレジットカードと連携させれば、おおざっぱな状況なら自動的に見える化してくれます。おすすめのサービスは、MoneyForward(口座が少ない場合)、Moneytree(口座が多い場合)です。

主なサービスを比較する

代表的な資産管理・家計簿サービスはMoneyForward、Moneytree、Zaimです。以下の記事では、これらを無料で使う場合の機能を比較しています。迷ったらまずは MoneyForwardをどうぞ。

3大家計管理サービスMoneyForward、Moneytree、Zaimを無料で使った場合の機能比較

@nifty+フレッツ光マンションタイプからDMM光への移転

MoneyForwardを使う

支出を削減するためにはMoneyForwardも無料で使うことが望ましいです。次の記事では、MoneyForwardを無料で効果的に使うための方法を記載しています。

Moneyforwardを無料で使い倒す:Web版とアプリ版の併用

Moneytreeを使う

Moneytreeは無料でフル機能を使えます。まずは登録してみることをおすすめします。

MoneyLookに感じる限界、移行先はMoneytreeで問題なし

総資産額の推移でざっくりと収支を把握する

収支を把握する一番簡単な方法は、資産管理サービスに銀行口座だけ登録して、資産額の推移からおおまかな支出を把握するというものです。月々の収入は振り込み額で簡単に把握できるため、資産の増え方を見ればおおよその支出推移がわかります。また、グラフの傾きを見ることで、支出が次第に増えていないかも確認できます。

私の場合、社会人1~10年目くらいまでは、MoneyLookというサービスの次のようなグラフを使い、おおまかに支出を把握していました。

資産5000万円までにかかった年数と推移

もっと細かく収支を把握する

支出が多すぎた場合は、支出をもっと細かく記録して、メスを入れるカテゴリを特定する必要があります。支出の多いカテゴリは、明細の記録をもとに支出を可視化したグラフで判断します。こうしたグラフも、資産管理サービスを使えば自動的に作ってくれます。

サービスによっては、各カテゴリの金額推移もわかります。これは手製ですが。

現在の資産状況(2017/12末)- 横這い調整ムード

クレジットカードで支出の記録を自動化する

支出を手動で記録するのは非常に面倒です。記録を自動化して手間を減らすなら、可能な限りクレジットカードで支払い、クレジットカードを資産管理サービスに登録するのがおすすめです。私の場合、固定費や仕事で使う旅費等の小遣い以外の支払いにはすべてクレジットカードを使っており(下図の6、8、9番)、このカードをMoneyForwardに登録することで記録を自動化しています。

我が家のお金管理方法 ver1.2β

支出を減らす

固定費を減らす

支出削減の基本は固定費の削減です。固定費を削減すれば、以降は自動的に月々の支出が減っていくので、手間に対する効果が高いためです。

光熱費を減らす

セット割引を利用する

機器のオンオフなどの細かな節約の前に、まずは電力・ガス会社を一つにまとめることでセット割引を受けられないか、またより自分にあった料金プランはないかを確認します。私の場合は、電気とガスの会社を東京ガスにまとめることで、10%程度を削減しました。

家電を買い替える、LEDを導入する

古い家電、特にエアコンや冷蔵庫、白熱電球を使っている場合は、適度なタイミングで新しいものに買い換えることで電気代を節約できます。部屋が広い場合はエア・サーキュレータも効果的です。

消し忘れを防止する

消し忘れ防止を心がけても、人力では限界があります。人感センサーやスマホと連動した自動エアコンオフなどで、ある程度は消し忘れを自動的に予防できます。私の場合、下記の仕組みとスマホのGPSを連動させることで、外出時に自動的にエアコンがオフになるようにしました。実益を兼ねた趣味といった感じです。

冬場の長期外出時に、寒さに弱い観葉植物を守る仕組み(前編)

通信費を減らす

このカテゴリは、最近広がりを見せている格安SIMや、固定・携帯のセット割を使うことで比較的簡単に削減できます。

携帯回線を格安SIMに切り替える

携帯回線は、格安SIMへ変更するだけで半額以下になることが多いです。手続きもネット上ですべて完結するため簡単です。私の場合、SoftbankからDMMモバイルに乗り換えることで、料金を70%近く下げることができました。

SoftbankからDMMモバイルへMNP移行

固定回線を切り替える

固定回線でも、格安SIMのように、NTTの回線を使いつつ料金も安い事業者が増えています。携帯と事業者をあわせることで、さらに安くなります。私の場合は、携帯にあわせて固定回線も変更し、@niftyフレッツ光マンションタイプからDMM光にしました。手続きは大変だったものの、料金は20%程度下げることができました。

@nifty+フレッツ光マンションタイプからDMM光への移転

保険費用を減らす

自覚なく大金を払っているケースが多いのが保険カテゴリ。人生で家の次に高い買い物と言われるほどです。ここの見直しは固定費削減の本丸のひとつ。

医療保険、生命保険、傷害保険を見直す

健康保険、労災保険、国民年金といった社会保険に加入していれば、病気・事故・死亡等リスクのうちかなりの部分がカバーされます。しかし、このことに気づかず、過度な民間保険に加入しているケースが非常に多いです。まずは、民間保険なしで何がカバーされているのかを把握しましょう。

基本的に民間保険は保険会社の取り分が大きく、損得で言えば加入者が損するようにできています。資産を増やすことで、いざというときの備えを自前で用意できるようになれば、民間保険を解約でき、支出を減らすことができます。

保険の解約について考える

火災保険を見直す

マンション住まいには必須の火災保険。特に賃貸の場合、仲介会社の言われるがままに加入して知らない間に損している場合が多いです。必要な補償額を考え、プランや保険商品を切り替えれば、支出を減らすことができます。

賃貸契約の火災保険料を節約する

住居費を減らす

住居費は、支出のうち最も大きなカテゴリになることがほとんどです。

持ち家が必要か検討する

持ち家と賃貸ではそれぞれ長所・短所があり、自分の置かれた状況や未来の社会状況の予測によってどちらが適しているかは変わります。周りに流されて持ち家にするのではなく、熟慮してどちらにするか決めたいところです。

2040年までに住宅価格が半分〜1/3に?今後賃貸&持ち家にかかる費用をシミュレート

借家か持ち家か、一軒家かマンションか

日本の不動産投資市場の概況

更新料が不要な物件に住む

UR賃貸住宅や、住宅金融支援機構から融資を受けた物件など、更新料が不要な物件に長期間住むことで、住居費を削減できます。長く住めば引越し代も節約できるので、さらに得です。

変動費を減らす

食費を減らす

変動費の中でも多くなりがちなカテゴリ。外食やコンビニ利用を控えて、食材を使い切る形で自炊するのが基本です。うちでなかなかうまくいっていない部分でもあります・・・

すさまじい支出・・

飲み物代を減らす

水筒に麦茶を入れていくことで、ペットボトル等の購入をやめ、支出を減らしています。ちなみに、奥さんは休日用にペットボトルを買いだめして持って帰ってきます・・・ 😈

2016年買ってよかったもの

食材費用を減らす

ふるさと納税で米・魚・肉などの食材を補給し、自炊を増やすことで食費を減らしています。パスタや米、もやしはコスパが高いので、積極的に利用しています。奥さんは毎日刺し身や寿司を買ってきますが・・・奥さんの食費は私の3倍くらいです。

究極の食費節約か?完全食ソイレント

交通費を減らす

タクシーは使わないようにしています。奥さんは月数回ペースでコンスタントに使っているので、現在注意喚起中です。

資産5,000万円達成のために気をつけたこと

交際費を減らす

惰性や慣習で開催される飲み会や、大人数の飲み会にはあまり行かないようにしています。こうして回数は絞っていますが、めったに会わない人との会食時にはお金を惜しまないようにしています。

趣味費を減らす

100均植物を中心としたガーデニング、格安PCを使ったブログ運営、中古売買を活用したコンシューマゲーム、ウォーキングなど、なるべくお金のかからないものを選んでいます。書籍も基本は図書館を利用しています。

お金のかからない趣味をもとめて

マガジンポケット(マガポケ)で娯楽費節約

その他支出を減らす

事前に利用頻度と費用対効果をシミュレートする

私の場合、買う前に生活の中で使う場面を事前に何度もイメージしてみて、十分な頻度で利用しそうか、使いづらさから放置することはないか、など様々な角度から検討します。また、欲しくなった直後は物欲から思考が歪んでいることがあるので、検討を1ヶ月おきに2~3度繰り返し、それでも必要であれば購入しています。

また、家電や家具はなるべくカタログギフトや会社の福利厚生ポイント、ふるさと納税など現金化が難しいポイント類を使って揃えるようにし、無駄な支出を減らしています。

資産5,000万円達成のために気をつけたこと

なるべく長期間使う

一度買ったら、多少調子が悪くなっても可能な限り使い倒すようにしています。ただし、古い家電を長く使いすぎると光熱費がかさむ場合があるので注意が必要です。

我が家の家電使用年数

税金を減らす

ふるさと納税を使う

税金を減らすというよりは、タダでモノをもらう感じですね。夫婦あわせると10万円分近くはもらえる計算なので、主に食材の調達に活用しています。

奥さんが初のふるさと納税完了

財形貯蓄を使う

各貯蓄目的に応じた引き出しであれば、利息に対する税金が免除されます。無利息で引き出せる額には限度があるので、限度額いっぱいまで積み立てるように計画して積立額を決めています。

確定拠出年金(iDeCo)を使う

自前で積み立てる年金制度で、税金が優遇されます。具体的には、確定拠出年金口座で金融商品を買い付けると、譲渡益や配当にかかる税金が免除され、掛け金分が所得控除されます。かなり有利な制度なので、まだ使っていない人はすぐにはじめるべき。

公的年金控除の対象となる年金、全て把握していますか?4箇所から支給されることも

確定拠出年金(DC)制度変更のサラリーマンへの影響

確定拠出年金の受け取りかたを考える

NISAを使う

NISA用の口座を開設し、金融商品を年120万円を限度としてNISA口座に入れることで、譲渡益や配当にかかる税金が免除されます。期待リターンの高い資産クラスをここで運用すると良いでしょう。

新NISAは60万円枠で非課税期間10年に。現行制度とどっちが有利?

収入を増やす

サラリーマンの場合は副業が難しいため、収入を増やす手段は限られます。共働きで給与所得を増やしつつ、副業が可能であれば副業で底上げしていきます。残りはこまめなポイントの獲得など地道な積み重ねが中心になります。

共働きで稼ぐ

収入を増やすには、なんといっても共働きが一番効果的です。しかし、共働きの場合は仕事に多くの時間を取られてしまうため、圧倒的に時間が不足しがちです。収支の把握、節約、投資などのお金を増やすためのタスクに取りかかるためには、雑事を効率的にこなして、時間を作り出す必要があります。

タスク管理を自動化する

すべきことを間違いなく記憶し続けたり、適切なタイミングで思い出すのは思った以上に大変です。タスクの記憶、通知などは外部サービスにまかせることで、漏れなく雑事をこなすことができ、家計把握や投資の実行も忘れずに行えます

タスク管理サービスTodoist 無料会員のすすめ

各種支払いを自動化する

光熱費、通信費、保険の支払い等の定期的な支払いが必要なものについては、すべてクレカ払いか銀行自動引き落としにします。こうすることで、手間を削減し、支払い忘れをなくしつつ、ポイントも貯めることができます。

また、家賃など、クレカ払い・自動引き落としに対応していない支払いに対しては、自動振込サービスを利用します。住信SBIネット銀行なら無料で利用可能です。

我が家のお金管理方法 ver1.2β

省力化家電をそろえる

電化製品にまかせられる家事があるなら、多少高くても購入して可能な限り機械にまかせるようにします。こうして捻出できる時間でできる家計の改善や・投資効果に比べれば、家電の額なんて微々たるものです。夫婦間の揉め事も減ります。特に、ロボット掃除機、食洗機、ドラム式乾燥洗濯機は共働きに必須のアイテムです。

共働き夫婦の必須アイテム

不要なモノを減らす

家にモノがたくさんあると、ふだんの掃除や整理の手間が増え、引っ越しでも手間や費用が多くかかります。可能な限り部屋からモノを減らし、ふだんの生活をシンプルにすることで時間を捻出できます。

メルカリで売る

モノを減らすと同時に、お金もそこそこ稼ぐことができます。出品や発送の手間もかからないので、非常に有効です。

メルカリで(ヤフオクより)捗る不要品処分

ポイントをためる

最近はあらゆる場所でポイントが貯まるので、気をつければそこそこ稼ぐことができます。

クレジットカードでためる

支払いを可能な限りクレジットカードに集めて、自動的に家計簿を作るとともに、ポイントも稼ぎます。年間利用金額が高いほどポイント倍率が増えることも多いので、支払いは可能な限り1つのクレジットカードに集めるのが有効。悪名高いリボ払いも、うまく利用すれば金利負担なしでポイントを稼げる場合も。現在の私のカードはオリコカード THE POINTですが、楽天経済圏にどっぷりつかることを覚悟すれば、楽天の還元率が高いです。

電子マネーでためる

支払いを可能な限り電子マネーに集めて、ポイントを稼ぎます。私の場合は、nanacoをメインで利用中。

アンケートサイトやポイントサイトでためる

特定のサービスへ申し込んだり、アンケートに記入することでポイントがもらえるサイトを使ってポイントをためることもできます。あまり効率はよくありませんが、時間があまっているなら試してみても良いかもしれません。私も過去暇だった時期にやっていましたが、単なるアンケートだけなら寝てるよりはマシって程度でした。覆面座談会やミステリーショッパーを利用すれば、もう少し稼ぐことができます。

運用益を増やす

ここ10年以上、預貯金ではほとんど利息がもらえない状況が続いている一方、株や仮想通貨などのリスク資産は歴史的な高騰を続けてきました。リスク資産は短期的に値下がりする可能性があるものの、長期的に見れば預金より高い運用益を得られる可能性が非常に高いです。ある程度の資金がたまってきたら、一定部分をリスク資産で運用することをおすすめします。

証券に投資する

株式、債権、REIT、各種投資信託などに対する投資です。証券投資を行う場合は、生活用の決済資金に加え、万が一に備えた生活費3ヵ月~2年分程度の資金(生活防衛資金)を確保した上で、それ以外の資金を使って行うようにしてください。また、証券投資には非常に多くのスタイルがあり、自分にあったスタイルを見つけることが重要になります。これまで証券投資をしたことがない人であれば、まずはつみたてNISAを使うことを強くおすすめします。つみたてNISAで使い切れないほどの資金が出てきた場合は、少額で様々なスタイルを試し、自分にあった方法が見つかってから大きな資金を投入するようにしましょう。

私の場合は、高配当銘柄のタイミング投資とインデックス投信の積立を併行して行い、自分にあった投資方針を検証しながら投資しています。詳しくは投資方針や、資産状況記事で紹介しているので、そちらを参照してください。

投資方針

https://www.burabura-investment.net/tag/records

やってはいけない投資信託の買い方

定期預金がわり&ペイオフ対策で個人向け国債(変動10年)を購入

不動産に投資する

銀行からお金を借り、区分マンションや一棟マンション等を購入して家賃収入を得る投資です。高属性のサラリーマンなら、不動産購入費用のかなりの部分を融資で賄うことができるため、少ない持ち出しで不動産投資できます。思い切りレバレッジをかけて投資することになるため、資産を増やす速度は非常に速いです。ただし、借金で投資することになるため、立地や購入金額、空室リスク等を間違えると全財産を失って破綻するおそれもあります。

2040年までに住宅価格が半分〜1/3に?今後賃貸&持ち家にかかる費用をシミュレート

新築ワンルームマンション投資はアリかナシか

不動産投資迷い中

続・不動産投資勉強中