家計のレポート(2019/9末) – 祭りは続くも安らかな月

トータルでは概ね予算内に収めることができました。医療の臨時出費を含んでこの結果なので、全体としては上出来の月になったと思います。珍しいですね。

“家計のレポート(2019/9末) – 祭りは続くも安らかな月” の続きを読む

資産状況のレポート(2019/9末)- 日本株大爆発

夏の間大きく売り込まれていた日本市場が大爆発、10%程度の値上がりを見せました。米株もそこそこ堅調な動きを見せ、最高値付近をうろうろしています。ただ、月末には外国人に売り込まれたか、やや軟調な動き。外国株もトランプによる中国投資制限の噂やMicronの業績悪化で同じく軟調な動きを見せました。

“資産状況のレポート(2019/9末)- 日本株大爆発” の続きを読む

資産1億円達成までにかかった年数、推移、達成しての感想

2019年前半、企業に預けたお金(企業年金、財形、退職金累計額等)を除く資産額が1億円を超えました。無一文で働き始めたのが2001年だったので、ほぼ18年かかっています。ここでは、1億円達成までのざっくりした推移と、達成しての感想を記しておきます。

“資産1億円達成までにかかった年数、推移、達成しての感想” の続きを読む

資産状況のレポート(2019/8末)- 深まる霧

先月やや高値に抜けたのもつかの間、日本株は再びPBR1倍を底値にレンジの動き、外株もトランプ発言に振り回されて横這いの動きを続けています。また、ついに長短金利の逆転、所謂逆イールドが発生しました。経済指標はまだそこまで悪いわけではありませんが、自己実現しそうな気配は漂っています。トランプの選挙に向けた力技でどこまで捻じ曲がるのか、注目です。

“資産状況のレポート(2019/8末)- 深まる霧” の続きを読む

3大家計管理サービスMoneyForward、Moneytree、Zaimを無料で使った場合の機能比較

個人向けの家計簿管理・資産管理サービスでは3強と言って差し支えない、MoneyForward、Moneytree、Zaim。どれを使って良いか悩む人も多いと思います。そこで、無料で利用することを前提として、各サービスにどういった機能があるかを以下の5つの観点で比較し、まとめてみました。

  1. 収支管理(家計簿)
  2. 資産管理
  3. 分析・診断
  4. 通知・外部連携
  5. 複数人での共用
“3大家計管理サービスMoneyForward、Moneytree、Zaimを無料で使った場合の機能比較” の続きを読む

資産状況のレポート(2019/7末)- 飛翔するREIT

G20での米中貿易戦争軟化と利下げ期待を受け、米株はダウ、SP500、NASDAQともに一ヶ月堅調に推移しました。日本株は政治イベントもあったものの大した反応もなく、一時大きく下げはしたものの一ヶ月通して見ると横這いムードが漂ったままです。

“資産状況のレポート(2019/7末)- 飛翔するREIT” の続きを読む

資産状況のレポート(2019/6末)- 漂流する株式市場

米中覇権争い先鋭化は株の下落と金、債券、仮想通貨の上昇を引き起こしました。その後、FRBが利下げへの態度を表明したこと、米中関係が改善の兆しを見せたことで株は再び上昇し、過去最高値付近まで戻ってきました。しかし、債券や金の価格は上昇したままです。

“資産状況のレポート(2019/6末)- 漂流する株式市場” の続きを読む

投資本の雑な感想:バフェットの重要投資案件20

バフェットの投資案件を前期、中期、後期に分け、代表的な20の投資案件を振り返る本です。投資案件のリストは次のようになります。最近の投資は少ない印象ですね。

“投資本の雑な感想:バフェットの重要投資案件20” の続きを読む

住宅購入派と賃貸派の話が噛み合わない理由

定期的に流れてくる高級マンション大暴落記事ですが、そのたびに激しい戦いが繰り広げられています。最近の新ネタはこんな感じでした。

ついに始まった!「高級マンション」投げ売りから暴落の悲劇

こうした記事で勃発する戦いを見るたびに、住宅購入派と賃貸派でいまいち話が噛み合っていないなと感じています。これはいったいどこからくるんでしょうか。

“住宅購入派と賃貸派の話が噛み合わない理由” の続きを読む