投資本の雑な感想:勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語

バリュー投資家として有名なガイ・スピアの自伝的著作です。タイトルは”投資本”としていますが、これは一般の投資本によくあるような投資理論やその実例について説明した本ではありません。そうした内容を期待して読むと肩透かしを食らうのでご注意を。

本書はむしろ、彼が自身の厄介なメンタルと格闘し、失敗を繰り返しながら自分に合った投資スタイルを少しずつ身につけ、それを通じて自分が望む人生に気づいていくという物語です。大半の部分は投資を志す人が自分を重ねて楽しむ、ある種の bildungsroman(自己形成小説/成長小説)であり、おまけとして少しだけ彼が採用している投資ルールやツールが紹介されている、というのが近いと思います。

特徴的なタイトルからはある種のスノッブさを感じて敬遠する人もいるかもしれませんが、原題は The Education of a Value Investor、直訳すると「あるバリュー投資家の育成」といったシンプルなタイトルです。著者の語り口は率直で、自分を”真のバリュー投資家”などと名乗るような人物像からは程遠いものです。

自分を理解し、受け入れ、極める長い旅

ガイ・スピアはハーバード主席卒業のエリートで、過剰な自意識を抱えて無知のままウォール街の評判の悪い企業に飛び込み、最終的に挫折してしまいます。そこから自分が抱えるメンタルや考え方の問題に少しずつ気づいていき、自分を受け入れ、望むものを知り、近づくための長い旅がはじまります。

偏屈だった心を開き、自分の欠陥を受け入れ、それに対応できるようなマインド、習慣、環境を少しずつ構築していくことでガイ・スピアの人生は少しずつ好転していきます。その過程ではパブライのような無二の友やバフェットのような師も得て、彼らから人生にとって重要なことをいくつも気づかされていきます。

娯楽小説ほどの劇的な展開はありませんが、自身の欠陥や挫折を隠さず、師や友への好意を率直に語るガイ・スピアには好意を抱かずにはいられません。読み終わったときには、ガイ・スピアだけでなく、パブライやバフェットのことも好きになっているんじゃないでしょうか。

メンタルと投資の分かち難い関係

ここまでは本書を著者の成長物語の側面から見てきましたが、投資の側面からこの本が強く訴えかけてくるのは「適切なメンタルを維持できない限り、継続的に投資で成功し続けることは難しい」ということです。また「メンタルを変えることには一定の限界がある」ということがこの問題をさらに難しくします。人間の脳は狩猟採集時代の原始的な配線から逃れられないし、また生育の仮定で構築された空想上の現実も、想像以上に強固で抗うことが難しいのです。

私が最高の投資効率を追い求めることにほとんど興味を持てないのは、仮にそれが本当に最高の投資法だったとしても(それは誰にも一生わからないのではと疑っていますが)、自身のメンタルに適合していない限り、継続して投資を続けるのが難しかったからです。

なので、理論上リターンが良い手法を採用するとか、単に投資成績が良い人を真似するとか、そういうことにはあまり意味がないように感じています。投資は理論上最高のリターンを得られる手法1つだけあればいい、といった話は本当によく耳にしますし、そう言い切れる人はすごいとも思いますが、少なくとも私にはうまく当てはまりませんでした。

また、投資効率至上主義から離れたとしても、投資手法同士で優劣を競うのも不毛に感じます。例えば、ある人にとってはインデックス自動積立でほったらかして市場リターンを得ることが最適だったとしても、別の人に取ってはこの退屈さは耐え難いかもしれません。その場合、彼のメンタルに合った別の環境やルール、手法(トレードかもしれないし、バリュー投資かもしれない)を模索することはむしろ適切だと思います。

要するに、自身の心と喧嘩しながら(もしかしたら短期間)最高のリターンを得るより、自身の心に沿った形で長期的にそれなりのリターンを得る方が長い目で見て利益の面でも人生の面でも良い結果を得やすいというのが私の考えです。この本を読み、ガイ・スピアが苦しみながらも似た考えに到達していることを知り、とても共感し、また勇気づけられもしました(もちろん投資の技量は天地の差といっても足りませんが)。

投資のためのツール

投資ルール

スピアは、投資にあたってのルールをいくつか定めています。ルールといっても”10%で損切りする”といったトレードの細かいルールではなく、頻繁にマーケットを見ない、とか、人に薦められた金融商品は買わない、といった行動原則のようなもので、自身のメンタルが意図せず引き起こす悪影響を軽減し、自分をうまくコントロールし続けるためのものです。

  1. 株価は頻繁に見ない
  2. 人に薦められたものは買わない
  3. 経営陣とは話をしない
  4. 投資の調査は正しい順番で行う
  5. 自分の投資アイデアの相談は下心がない人だけにする
  6. マーケットの取引時間中の株を売買しない
  7. 株を買った後に下がったら、二年間は売らない
  8. 現在の投資について語らない

私達のメンタルのうち、生物としてハードコードされている部分は共通なため、この部分に関するルールは全員で同じものを利用できますが、生育過程で構築された空想上の現実は個々に異なるのでこちらに関するルールは単純に真似てもうまく働く保証はありません。また、投資への取り組み状況も個々に異なるため、結局は自分のメンタルや投資と向き合い、自分に適したルールを作り上げる必要がありそうです。

私自身のルールは以下の2つぐらいしかありません。スピアの4、7、8は私も採用したいと考えています。

  • 多くの人が話題にし、群がり、急激に上昇している金融商品には近づかない
  • 人に薦められた商品は買わない(これだけはガイスピアと同じ…)

チェックリスト

明らかかつ予測可能な間違いを避けることが目的のもので、投資の最終判断の直前に自分の脳が明らかな間違いに気づかず決定を下してしまうのを防ぐ役割を果たします。リストの内容は個人の経験によって大きく異なります。例えばスピアの場合、投資した企業のCEOが個人的な金銭トラブルを抱えていたことから、正しい経営判断ができなくなってしまった経験から、以下のようなチェック項目を抽出していました。

主な経営陣のなかに、株主の利益のために行動する能力に影響を及ぼすほどの個人的な問題を抱えている人はいないか。また、経営陣が過去に利己的でバカげた行動をとったことはないか。

パブライやスピアは、投資仲間を集めて過去の失敗をすべて集め、そこからルールを抽出したそうです。残念ながら私には投資仲間がいないので・・・自分の失敗から1つずつ作っていくしかなさそうです。

投資の実践的なテクニックが得られる本ではないという意味で、投資本として万人におすすめできる本ではないんですが、メンタルとの付き合い方に苦慮している人や、そのために工夫を重ねている人、重ねてきた人にとっては非常に刺さる本だと思います。

あ!帯にでかでかと書いてある「バフェットとのランチ権を65万ドルで買った男!」は、嘘とは言わないまでも半分詐欺みたいなもんだと思いましたよ!

 

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

現在の資産状況(2018/11末)- 疑わしき反発

アメリカでは長らく懸念されていた中間選挙が終わりましたが、マーケットは大して反応することもなく、依然として金利高や米中摩擦懸念からか、株式は軟調な展開が続きました。月末に近づくにつれ、パウエル発言から金利先高感が和らいだり、米中で何らかの妥協が成立したとの憶測もあり、株式はやや反発しました。年末にかけて一稼ぎしたいヘッジファンドの思惑もあるようで、ここからは少し上げる展開もあるかもしれません。

総資産推移(生活防衛資金除く)

資産合計 :84,021,706円(+743,425円
リスク資産:57,272,606円(+1,605,328円

やや持ち直しました。リスク資産増加分が50万、給与が25万程度です。しかしながら、先月の大きな下落(250万程度)を取り戻すには至っていません。

“現在の資産状況(2018/11末)- 疑わしき反発” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

投資本の雑な感想:米中戦争前夜

Financial Pointerの以下の記事に触発されて読んでみました。原題は「Destined for War」だそうです。

レイ・ダリオ:今読むべき2冊、聴くべき2話

この本は、歴史上繰り返し表れる「トゥキディデスの罠」というパターンが戦争を引き起こしており、米中関係もこれに当てはまる、と述べています。ちなみにトゥキディデスは、古代ギリシャの覇権都市国家スパルタと、新興都市国家アテネが起こしたペロポネソス戦争について、つぶさな記録と考察を残した歴史学の父だそうです。世界史で習ったような。

トゥキディデスの罠

トゥキディデスの罠は、覇権国家が新興国の台頭により既存の秩序を脅かされ、不安を感じることによりはじまります。新興国は急速に力をつけた結果、自然と力に見合う発言権と敬意を求めるようになり、それまでの覇権国家は既存の秩序を維持しようとすることで軋轢が生まれ、最終的に戦争に至るわけです。

その程度の軋轢で戦争に?とも思いますが、歴史上これに該当する多くの状況でも、それぞれの当事者国が同じように感じていたことが描かれています。しかしながら、国民からの突き上げや同盟国に対するメンツ、一度引くと既存の秩序が崩壊するかもしれない恐怖、また躍進の機会が永久に失われてしまうかもしれないという恐怖から、ここで引くなら戦争した方がましだという考えに至ります。そして、一度戦争がはじまってしまうと何もかもコントロールできなくなって大惨劇に至るのです。

トゥキディデスの罠が示す覇権国と新興国の軋轢は歴史上16件確認されており、そのうち12件(75%!)で戦争に発展しました。 “投資本の雑な感想:米中戦争前夜” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

投資本の雑な感想:史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力

バフェットが永続的優位性を持つ企業を選び出す際には、財務諸表のどこを見ているのか、58のルールでわかりやすく説明した本です。思ったよりもかなり薄く、読むだけならすぐ終わりました。

永続的優位性は財務諸表のどこに表れるのか

永続的優位性のヒントとなる項目をざっくりサマってメモしておきます。

ちなみに、この本ではあくまで永続的優位性を持つ企業を見つけ出すことを目的としているため、常に「企業が何かしらの永続的優位性を持っているとしたら、それは財務諸表のどこにどのような形で表れるか?」という観点で財務諸表を確認しています。それ以外の目的で分析したい人は別の本を読んだほうが良いと思います。 “投資本の雑な感想:史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

現在の資産状況(2018/10末)- 暴落!そして変調の兆し

昨月末の高値から一転、年初来安値まで一気に下げる展開に。米株は軟調、特にハイテクセクターの崩れが目立ち、ディフェンシブ銘柄への資金移動も見られました。日本株の下げも大きく、特に新興は大きく崩れています。月末にはやや戻しているものの、また一本調子の上げに戻るとは考えづらくなってきました。年末くらいまでは走るかと思っていましたが、予想よりだいぶ早く、本格的な下落の気配が濃くなってきています。

総資産推移(生活防衛資金除く)

資産合計 :83,278,281円(-2,069,797円
リスク資産:55,667,278円(-2,891,921円

単月としては、年初の下落を超える大きな下げとなりました。それでもまだ計画値よりは上振れしていますが、これまでの上振れ余力の半分程度を吐き出しています。これが数ヶ月続くとだいぶ厳しくなってきます。

“現在の資産状況(2018/10末)- 暴落!そして変調の兆し” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

myThingsがサービス終了…Zaimの魅力が減ってしまった

三大資産管理サービスと勝手に銘打った、MoneyForward、Moneytree、Zaimの御三家。以前、以下のように比較記事を書いています。

3大家計管理サービスMoneyForward、Moneytree、Zaimを無料で使った場合の機能比較

この記事の評価観点の中に、通知・外部連携というものがあり、通知の詳細なカスタマイズが出来るか、外部サービスとの連携が豊富か、といった観点で評価していました。

3つのサービスの中で、Zaimは唯一 IFTTT ライク(Webサービス同士を相互に連携できるハブのようなサービス)なサービス「myThings」と連携できます。これは、個人的にはかなり評価が高かったんです。

IFTTT ライクサービスに対応するとカスタマイズ性が飛躍的に高まり、支出が新規に発生した際に自動的に他のサービスを起動する、といったことが容易に実現できます。myThings は国産の比較的貧弱なサービスですが、連携先サービスの拡充次第では無限の可能性がありました。

ところがこのmyThings、2019年1月末でサービス終了とのお知らせ…。デファクトスタンダードになった感のある IFTTT には勝てなかったんでしょうね。IFTTT に対応している国産サービスはほとんどないため(どちらかというとIFTTTから相手にされてない?)、国産色の強い資産管理サービスが IFTTT ライクなサービスと連携できる道はかなり望み薄になってしまいました。非常に残念です。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

【追加検証】S&P500にいくら投資すれば一生安泰なのか

 

以前、「S&P500に5,000万円投資すれば一生(40年間)安泰だ!」というTwitterのネタを発端に、以下の検証記事を書きました。

5000万円をS&P500に投資すれば一生暮らしていけるのか?

結果、1970年代の円高、高インフレ、株式不調のトリプルショックにより、ほぼすべてのケースで破産するという非常に厳しい結果が得られました。じゃあ、いったいいくらあればすべてのケースで破産せずに済んだんだよ!という疑問もあると思いますので、今回はその点を追加で検証してみました。 “【追加検証】S&P500にいくら投資すれば一生安泰なのか” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

投資本の雑な感想:テンプルトン卿の流儀

テンプルトン卿ことジョン・テンプルトンは、有名な格言の数々を残した伝説的なバリュー投資家。本書「テンプルトン卿の流儀」では、テンプルトン卿の投資人生を通じ、バーゲンハンターとしての投資スタイルが描き出されています。ちなみに著者であるローレン・C・テンプルトンはジョン・テンプルトンの大姪であり、彼女から見たテンプルトン卿として描かれています。

あまりに有名な格言の数々

テンプルトン卿の残した格言の数々はあまりに有名であり、投資についてある程度調べたことがある人なら、聞いたことあるものが多いと思います。例えば… “投資本の雑な感想:テンプルトン卿の流儀” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

我が家のお金管理方法 ver1.3 – キャッシュレスな世界へ

久しぶりに我が家の資金管理方法をアップデートしました。今回のアップデートの主な目的は、個人用資金の分別管理化とキャッシュレス化の実現です。

これまでの資金管理方法

これまでの資金管理は、以下のように実施していました。

古くから振り込み&ATM利用手数料が無料の新生銀行を中心的な銀行とし、そこから用途に応じて資金を振り分けていくような形ですね。 “我が家のお金管理方法 ver1.3 – キャッシュレスな世界へ” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

現在の資産状況(2018/9末)- ゴルディロックスの帰還

前半は日経が2,3000円の壁に跳ね返される形で大きく下げましたが、中盤からは再度上昇し、窓を開ける形で突破した後は日中に二十数年ぶりの高値を記録するなど、早いペースで上昇しました。

ダウも最高値を更新し、世界的にリスクオンムードが広がってきた気配です。ドルインデックスの高値も一段落し、新興国も落ち着きを見せてきています。円だけはなぜか安いですが・・・

短期的には米中、日米貿易戦争の行方が楽観視されたこともあり、ここからしばらくは相場が走りそうですね。

総資産推移(生活防衛資金除く)

資産合計 :85,348,078円(+935,147円
リスク資産:58,559,199円(+1,212,936円

先月に引き続き、総資産はそれなりに増加しました。給与で30万、リスク資産増加分で60万、その他配当といった形でしょうか。ダウも日経も相当上げたのにこの程度という・・・

“現在の資産状況(2018/9末)- ゴルディロックスの帰還” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ