資産状況のレポート(2019/3末)- 潮が引くように

米市場は昨月の流れを受けて概ね堅調な推移となりました。短期金利(3ヶ月)と長期金利が一時逆転しましたが、今のところ株式には大きな影響はないように見えます。とはいえ、昨年10月につけた高値を抜くほどの勢いも感じられません。日本市場の勢いも同様に弱く、大きく上下に振れながら徐々に上値を切り下げているような印象です。

“資産状況のレポート(2019/3末)- 潮が引くように” の続きを読む

投資本の雑な感想:ティリングハストの株式投資の原則

フィデリティのファンドマネージャであるティリングハストによる、王道的バリュー投資本です。投資スタイルはかなりバフェット寄りでしょうか…?目次はこんな感じです。

“投資本の雑な感想:ティリングハストの株式投資の原則” の続きを読む

資産状況のレポート(2019/2末)- 岐路に立つ世界

昨月ほどの大きなイベントもなかったこともあり、特に米市場はバリュエーションの高さをものともせず、昨月のトレンドを引き継ぐ形で概ね堅調に推移しました。ただ、月末にかけてはやや上値が重い推移となっています。

“資産状況のレポート(2019/2末)- 岐路に立つ世界” の続きを読む

投資本の雑な感想:新賢明なる投資家 上/下

同じ著者によるプロ向けの書籍「証券分析」を読んだあと、企業価値の分析手順をもう少し平易に書いた本がないかと思い、以前一度読んだこの本を再度手にとってみました。

“投資本の雑な感想:新賢明なる投資家 上/下” の続きを読む

早期リタイア(F.I.R.E)を達成するための代表的な4つのルート

早期リタイアを志していると、早期リタイアを達成した人や、目指している途中の人がたくさん目につくようになってきます。そういった人たちが早期リタイアを達成する方法は、全員が同じというわけではなく、いくつかの異なるルートを辿っています。

“早期リタイア(F.I.R.E)を達成するための代表的な4つのルート” の続きを読む

確定申告 古いMacでID・パスワード新方式のe-Tax

2019年のe-taxによる確定申告(2018年以前分の申告)では、従来のICカード+リーダーを使った方法に加え、ICカードやリーダーがなくてもID・パスワードのみで申請できる方法が追加されました。

“確定申告 古いMacでID・パスワード新方式のe-Tax” の続きを読む

確定申告書作成コーナー 特定口座年間取引報告書の転記で源泉徴収税額が税率と合わない場合の対処

状況

  • 日本株、外国株を同一の証券会社で保有
  • 日本株、外国株ともに特定口座(源泉徴収あり)で運用
  • 配当は比例配分方式で特定口座に受け入れ
  • 確定申告書作成コーナーにて、特定口座年間取引報告書を転記した際、配当所得について以下のメッセージ
“確定申告書作成コーナー 特定口座年間取引報告書の転記で源泉徴収税額が税率と合わない場合の対処” の続きを読む

資産状況のレポート(2019/1末)- 最後の宴

歴史的な下落を見せた先月とはうってかわり、狂ったように上昇しました。米株では年初に年金基金の買い、いわゆるPKOが入ったそうで、これをきっかけに大陽線が出現しました。その後もパウエルのハト派的発言や、政府高官による対中制裁緩和発言が続いたことからリスクオンムードは継続し、株価は続伸しています。

とはいえ、各種経済指標には景気の悪化を示唆するものが増加しており、FRBが利上げ姿勢を取り下げたということは、中央銀行もこれを認めたということです。企業業績をみても未達や下方修正が増えており、今後は景気後退が明らかになるにつれ、さらなる業績の悪化や株価の下落が見込まれます。これはいわゆる最後の一上げ、最後のパーティーだと認識しています。

“資産状況のレポート(2019/1末)- 最後の宴” の続きを読む