急死に備えてエンディングノートを奥さんに渡してみた

先日、エンディングノートと呼ばれる文書を奥さんにメールで送りました。この「エンディングノート」、聞いたことがない人もいるかもしれませんが、Wikipediaによると

エンディングノートとは、高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておくノート

というふうにかかれており、資産や交友関係、介護・相続・葬儀の希望などを書き留めておくものです。私は高齢者ではありませんが、今回はセミリタイアの告白を受けた奥さんの金銭的不安を緩和するために作りました。

早期リタイア計画を初めて家族に告白 家族の反応は?

ノートを書いた理由

このタイミングでノートを書こうと思った主な動機をあらためてまとめると、以下の2点になります。

  1. 奥さんの金銭上の不安を和らげること
    • 私が今死んだ場合に、得られる資産と収入を伝えること
    • 相続に必要な手続き等を伝えること
    • 今後の運用のアドバイスを伝えること
    • その他雑多なお願い事項を伝えること
  2. 遺産分割協議時に見せることで、相続人に対して故人の遺志を示せるようにすること
    • 相続財産はすべて奥さんに譲る旨を明記
    • 分割協議時は故人の遺志に従うように依頼

2に関しては、エンディングノートでは法的な効力はないため、万全を期すなら遺言書を遺す必要があります。とはいえ、きちんとした遺言書を準備するのは結構面倒くさいので、まずはメールの形で奥さんが他の相続人に遺志を示せるようにし、万が一もめた場合に彼らの良心に訴えられるようにした、ということですね。 “急死に備えてエンディングノートを奥さんに渡してみた” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

早期リタイア計画を初めて家族に告白 家族の反応は?

これまで早期リタイアについてきちんと家族に話したことがなかったのですが、資産が1億円を突破し、色々なシミュレーションも行って、おおよそ道筋が見えてきたこともあり、実家への帰省を機に母と奥さんに話してみました。

母の反応

話す前に、さんざん実家のお金の相談(保険の選別、資産運用の改善、相続対策、後見人制度の紹介、生活費の削減等)に乗っていたこともあり、「へぇ、すごいやん」と、そこそこ好意的な反応。本当にできるかどうかは半信半疑といった感じですが、それは現段階では私も同じ。現段階では十二分の反応で、さすがに予想外です。私だったらもうちょっとネガティブな反応しますからね 😆 “早期リタイア計画を初めて家族に告白 家族の反応は?” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

早期リタイアに向けた資産・収入のマイルストーンを設定する

ここのところ株やJ-REITが高騰している影響で、ブログ開始時に目標としていた資産1億円、キャッシュフロー100万円/年の達成が目前となってきました。とはいえ、リタイア計画を立てつつ検討したリタイア可能状態にまでは達していません。

そこで今回は、早期リタイアの達成に向け、資産とキャッシュフローの2つの観点からいくつかのマイルストーンを設定します。これらの達成状況を定期的に確認することで、早期リタイアへの道を明確にしつつ、ゲーム感覚で楽しく早期リタイアを達成したいと思います。 “早期リタイアに向けた資産・収入のマイルストーンを設定する” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

早期リタイア(F.I.R.E)を達成するための4つのルート

早期リタイアを志していると、早期リタイア達成者/途上者がたくさん目につくようになります。そんなリタイア達成者/途上者ですが、全員が同じやり方で早期リタイアを達成しているわけではなく、いくつかの異なるルートを辿ってリタイアを達成しています。

ここでは代表的な4つの達成ルートを確認し、自分が今辿っているルートや自分に向いたルートについて理解を深めていこうと思います。そのための土台として今回は、「金持ち父さん貧乏父さん」のロバキヨが提唱?した、収入形態を表す4つの区分:キャッシュフロー・クワドラントを使います。

キャッシュフロー・クワドラント

これがキャッシュフロー・クワドラントで、それぞれの領域ごとに収入の獲得方法が違います。 “早期リタイア(F.I.R.E)を達成するための4つのルート” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

リタイア計画の見直し:賃貸暮らしで配当金生活編

当初想定していた以上に住宅価格が下落する可能性が出てきたため、リタイア計画を若干見直すことにしました。

見直し後の計画では家は買わずに賃貸とし、浮いたお金で株を買い増して生活費の大半を賄います。また、この機会にかねてから予定していた生活防衛資金の引き下げも反映しました。

資産運用の前提条件

生活防衛資金を2,000万円から1,000万円に減額しています。

“リタイア計画の見直し:賃貸暮らしで配当金生活編” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

45歳だと人生の残りはわずか27%、急いで引退するべき?

不動産業界の有名人、破壊的投資法でおなじみ?金森重樹氏の金持ちコラムで、「20歳で人生半分終了」という衝撃的な記事が掲載されました。

いま、僕は47歳です。仮に80歳まで生きるとして僕の体感人生を計算してみると80.81%は既に終了しています。

(Klog47-Klog5)÷(Klog80-Klog5)≒0.8081

すでに過ぎ去ってしまった人生を振り返ったときに体感的に8割以上も使ってしまった事実には唖然とせざるを得ません。僕は、この文章を書いていて背筋に冷たいものが走りました。

富裕層が人生を”積分”「もう蓄財やめた」- 実質「20歳で人生半分終了」に戦慄

これが本当かどうかは誰にもわかりませんが、年を取るにつれて時間の経過が速く感じるのは誰しもが感じること。妙な説得力があります。

45歳では残りの人生はわずか26.7%

仮にこの話が正しいとします。体感できる(意識を持った)人生が5歳からはじまり、100歳で死ぬと考えた場合、節目となる各年で消費し終わった体感人生はこれくらいの割合になります。

20歳:46.2%
30歳:59.8%
40歳:69.4%
45歳:73.3%
50歳:76.8%
60歳:82.9%

これを見ると、「もうこんなに時間を使ってしまったのか、のんびりと数年単位のリタイア計画立ててる場合じゃない、今すぐやめてもいいぐらいだ!」ぐらいの気持ちになりがちです。実際、この記事自体のトーンもそうですし、この記事を話題にしている人の意見もたいていそんな感じです。でも、本当にそうなんでしょうか?

すぐにでも引退すべきなのか?

よくよく考てみると、20代の人はともかく、30歳を過ぎてしまうと、30〜40歳で10年を過ごす間に体感人生は10.4%しか消費しません。要するに、もう年相応にしか体感人生を消費しないんです。20歳までの期間で大部分を使ってしまっているので、考えてみれば当たり前のことです。私の場合はもう40歳に近づいてきたので、ここから先はむしろ実際の年月以下しか体感年齢を消費しません。反面、給与を主とした収入は昔に比べて増えており、これまで形成した資産からの収入もあわせて、資産形成のためには最もコストパフォーマンス(体感年齢あたりの獲得資産額)の高い時期に差し掛かってきたと言えます。

とはいえ、コストパフォーマンスでいえば50〜60歳が最高になるでしょうから、コスパだけを考えていては、いつまでたっても引退できません。うなるほどお金がある人なら別ですが、早期リタイアを目指して資産形成の最中、という人にとってみれば、結局のところ健康・資産・やりたいことのバランスを見極めて、適した時期に引退を決めるしかない、という当たり前の結論になります。

体感時間を伸ばすために

これは私個人の経験ですが、振り返った時に思い出せる出来事(それが良いものであれ悪いものであれ)が多ければ多いほど、思い返したときに長い時間を生きたように感じます。逆に、毎日毎日同じような日々を送っていると、すぐに過ぎてしまったように感じます。

45歳でリタイアすると、体感人生は残りは26.7%かもしれませんが、リタイア後の過ごし方次第でここはまだまだ伸び縮みするものだと思っています。リタイア時期に向けて、資産形成だけでなく、やりたいことのイメージ固めも進めていくのが重要だと感じた記事でした。

 

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

リタイアメントプランの更新(インフレ率引上げと年金支給額引下げ)

タイプ別で見る早期リタイアに必要な資産額(逃げ切り型の場合)を書くにあたって、シミュレーション用のスプレッドシートを改良したので、この機会に私のリタイア計画もアップデートしました。修正したのは以下の3点です。

  • インフレ率:0.5% → 1.0%
  • 年金支給額:266万 → 185万
  • 引退までの投資額/年:400万 → 500万

その他、多数の前提条件を置いていますが、それらすべての前提については最新のリタイアメントプランを記載したページをごらんください。 “リタイアメントプランの更新(インフレ率引上げと年金支給額引下げ)” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

早期リタイアにおける最大のリスク

山崎元さんがリタイアに必要な貯蓄率を計算するための記事を書いていましたが、運用益をあてにした早期リタイア志望者にはやや厳しい内容になっています。必要な貯蓄率を計算する式にはインフレ率も運用益も入っていないのですが、この理由を次のように述べています。

将来の、インフレ率も、運用利回りも、予想することは極めて難しいし、不安定です。例えば、一定のプラスの実質利回りを長期間にわたって仮定することは、必要な貯蓄に対して過度な楽観を持ち込む危険があります。

(1)生活設計には大まかに「人生設計の基本公式」を使い、(2)自分にとって許容可能なリスクの中で資産を運用し、(3)(儲かったり、損したりしたら)資産額の変化を基本公式に反映して必要貯蓄率を時々計算し直せばいい、というやり方が「現実的でかつ簡単だ」という結論に至りました。「長期投資なら、必ず儲かるはずだ」という宗教に頼るのは止めておきましょう。
毎年マジで貯めないとヤバイ金額はいくらか

“早期リタイアにおける最大のリスク” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

タイプ別で見る早期リタイアに必要な資産額(逃げ切り型の場合)

前回は、リスク資産の取り崩しをすることなく、運用益だけで生活費の全て(もしくはほとんど)を賄うことができるタイプの早期リタイアを富裕型と名づけて、リタイアに必要な資産額を考えました。今回は、リスク資産を取り崩しながら年金支給や死亡時まで逃げ切る逃げ切り型について同じように、5,000万円~1億円の範囲でシミュレートしながら考えてみます。

逃げ切り型の前提条件

富裕型の場合、引退時期はあまり関係ありませんが、逃げ切り型の場合は引退タイミングが非常に重要になります。また、リスク資産の割合や運用方法、引退後に必要な支出について等の前提条件が少し変わると、大きく結果が異なってきます。今回は、次のような条件で早期リタイアしたと想定します。 “タイプ別で見る早期リタイアに必要な資産額(逃げ切り型の場合)” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

タイプ別で見る早期リタイアに必要な資産額(富裕型の場合)

早期リタイアを目指す人にとって、必要資産額は非常に気になる話題です。この金額によって、実現可能性やリタイア時期が大きく変わってくるからです。この際に悩ましいのが、リタイア後の生活でリスク資産を取り崩すかどうかです。

富裕型と逃げ切り型

今回の検討では、リスク資産の取り崩しをすることなく、運用益(主に配当益)だけで生活費を賄うことができるタイプのリタイアを富裕型と呼び、逆に生活費を運用益だけで賄いきれず、リスク資産を取り崩しながら年金支給開始年齢まで生き延びるタイプの人を逃げ切り型と呼ぶことにします。ちなみに、私の現状のリタイアメントプランは逃げ切り型です。

それぞれの利点と欠点

富裕型は予期せぬ事態に強く安定している反面、達成が難しく引退時期も遅れがち。逃げ切り型はその反対です。

逃げ切り型の場合、人生の後半にはかなり資産的なバッファが少なくなってきます。このタイミングで暴落が起きると再起不能になる可能性もありますし、天災や大病での出費でも致命傷になりかねません。そうしたリスクを考えると、できれば富裕型の早期リタイアをしたいところ。では、富裕型の早期リタイアにはいったいどのくらいの資産が必要でしょうか。

平均的支出の夫婦で試算

一月あたりの生活費から、必要な資産額を逆算していきます。総務省の「家計調査(二人以上の世帯)」平成27年5月分によると、無職世帯の支出は次のようになっています。住居費の安さを考えると、持ち家がある前提ですね。

●支出総額:26万7803円
・食費 6万7169円
・住居 1万5524円
・水道光熱 2万1286円
・家具、家事 9999円
・被服費等 8038円
・保健医療 1万3446円
・交通通信 2万5857円
・教育 537円
・教養娯楽 2万6522円
・その他 5万437円(理美容、交際費、嗜好品、諸雑費など)
・税金 社会保険料 2万8990円

私の家計と比べてもそんなに違和感のない支出なので、今回はほぼこのまま採用し、年間支出を312万円とします。生活防衛資金を年間支出の2年分とし、年間支出を運用益のみで賄う場合に、リタイアに必要な額を想定運用利回りごとに示します。

想定運用利回り(税引後)必要資産額
2.0%16,224万円
2.5%13,104万円
3.0%11,024万円
3.5%9,539万円
4.0%8,424万円
4.5%7,558万円
5.0%6,864万円

ちなみに、ここではインフレの影響を考慮していません。資産のほぼすべてをリスク資産に投じている状態なので、運用利回りもインフレ(に伴う金利上昇)に応じて上がり、生活費の上昇分を相殺すると想定しておきましょう。

税引後で年利5%を叩き出せば7,000万円程度で可能ですが、1億近いお金を継続的に年利5%(税引き前だと6.25%)で回し続けられることを前提とするのはやはり少し怖いので、想定としては2.5~3.5%が無難ではないでしょうか。そうなると、必要総資産額は9,500万~1億3,000万円となり、1億台前半くらいの資金は必要となりそうです。まだ家を購入していない場合は、これに加えて住居購入費用(賃貸派の場合は家賃の上積み分)も必要になってくるため、総額だと1億5,000万円以上必要になってしまいます。

これはなかなか厳しいですね。共働きでも1億5,000万も貯めるのはかなり難しいし、仮に到達できても60近くになることが多いでしょう。私の場合、共働きで子供なし、ぼちぼち節約しながら資産運用しても希望するリタイア年齢だとギリギリ届くかどうかという水準。

少額の収入を足せるならもう少し現実的な額に

仮に、生活費負担を減らすために月5万円程度の収入を得られるとすればどうでしょうか。早期リタイア後も細々と仕事を続けるパターンですね。想定運用利回りごとにまとめると、次のようになります。

想定運用利回り(税引後)必要資産額
2.0%13,224万円
2.5%10,704万円
3.0%9,024万円
3.5%7,824万円
4.0%6,924万円
4.5%6,224万円
5.0%5,664万円

必要資産額は2,000~3,000万円程度下がっており、やや現実感が出てきました。時給900円なら55時間、フルタイムで7~8日程度働けば良い計算です。この先、こういった形の仕事がもっと見つかりやすくなればいいんですけどね。

結論:早期リタイア者の次の目標は1億円

こうしてみてみると、超節約状態でのリタイアが視野に入ってくる5,000万円に続いて、平均的な暮らしでのリタイアが視野に入ってくる1億円前後が早期リタイア希望者の目安となる資産額になりそうですね。私の当面の目標もこの額です。

以上、富裕型についての早期リタイアに必要な資産額についてでした。

逃げ切り型での試算についてはこちらをご覧ください。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ