確定拠出年金の受け取りかたを考える

iDeCoで盛り上がりつつある確定拠出年金。税制メリットが大きく取り上げられていますが、受け取り方については明確なイメージがない人も多いんじゃないでしょうか。ざっくりと言えば、確定拠出年金の受け取り方には次の2種類があります。

  1. 一時金(一括で全額受け取り)
  2. 老齢給付金(少しずつ受け取る従来どおりの年金)

受け取り方で税額が変わる

これらのお金は受け取るときにも所得税や住民税がかかりますが、受け取り方ごとにそれぞれ「退職所得控除」、「公的年金に係る雑所得」の控除、が設定されており、ある程度の額までは税金がかからないようになっています。それぞれで控除額が異なる上、控除の対象になるのは確定拠出年金だけではなく、他の年金や退職金も含まれます。つまり、受け取り方によっては控除分をはみだして税額が増える可能性があるということ。逆に、なるべく控除の範囲に収まるような受け取り方ができれば、税額を減らすことができます。前回は控除の対象となる公的年金を確認したので、今回は控除の内容を確認して、有利な受け取り方を考えます。 “確定拠出年金の受け取りかたを考える” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

私の勤務先ではiDeCo利用不可でした

仕事が一段落したタイミングを利用して、勤務先の年金制度を色々調べていたのですが、社内サイトをいくら調べても確定拠出年金(個人型)=iDeCoを利用できる見込みかどうかについては確認できませんでした。私の勤務先は確定拠出年金(企業型)を運営しており、マッチング拠出もできるようになっています。この場合、加入者がiDeCoを利用できるようになるためには、確定拠出年金側で規約を変更する必要があり、かつ拠出額を減額、さらにマッチング拠出も廃止する必要があります(確定拠出年金(DC)制度変更のサラリーマンへの影響)。これは制度運営側としても利用者としても大きな変更であるにもかかわらず、この時期になってもまったく通知も情報掲載もありませんでした。おそらく対応する予定はないのだろうなと考えていましたが、念のため担当者に確認してみました。

結果は、「加入者にメリットがないため対応予定はない」とのこと。加入者への通知やサイトへの情報掲載がまったくないのはどうかと思いますが、妥当な判断だと思います。というわけで、世の中で盛り上がっているiDeCoの波には乗れないことが確実になりました。私もわーわーいいながら証券会社に申し込んだり対応商品を選んだりしてみたかった。ちょっとさみしい。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

結局年金は今どうなっているのか?年金法改正案でどう変わる?

現在国会で審議中の国民年金法改正案。現状の年金はどうなっていて、今回の改正でどう変更しようとしているんでしょう。そして、私の年金はどうなるんでしょう。公的年金控除について調べたついでに、こちらも現状を軽く確認してみました。

うまくいっていない年金給付額の抑制

現在の年金制度は2004年に改正されたもので、年金加入者数の減少や平均余命の増加に対応して給付額を減額させるマクロ経済スライドという仕組みによって給付を抑制しようとしています。しかし、この仕組みはデフレ下では発動できず、ほんの一時期を除けばずっとデフレだったために給付は全く抑制できていません。また、年金受給額は物価と平均賃金に連動していますが、現役世代の賃金が下がった場合でも物価が上がっていれば受給額は据え置きになります。近年平均賃金は低迷が続いている(若干持ち直しの気配も見えますが)ため、年金給付額は現役世代の賃金に比べて想定より高水準になっています。 “結局年金は今どうなっているのか?年金法改正案でどう変わる?” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

公的年金控除の対象となる年金、全て把握していますか?4箇所から支給されることも

iDeCoで盛り上がりつつある確定拠出年金。税制メリットが大きく取り上げられていますが、受け取り方については明確なイメージがない人も多いんじゃないでしょうか。ざっくりと言えば、確定拠出年金の受け取り方には次の2種類があります。

  1. 一括で全額受け取る一時金
  2. 少しずつ受け取る年金

受け取り方で税額が変わる

これらのお金は受け取るときにも税金がかかります。ただし、それぞれの受け取り方ごとに「退職所得控除」、「公的年金に係る雑所得」の控除が設定されており、ある程度の額までは税金がかからないようになっています。それぞれで控除できる額が異なる上、控除の対象になるのは確定拠出年金だけではなく、他の年金や退職金も含まれます。つまり、受け取り方によっては控除分をはみだして税額が増える可能性があるということ。逆に、なるべく控除の範囲に収まるような受け取り方ができれば、税額を減らすことができるはず。だとすると、有利な受け取り方をするためには控除の対象となりそうな「退職金」「年金」を把握しておく必要があります。自分のことですらいまひとつよくわかっていなかったので、調べてみました。まずは年金からです。 “公的年金控除の対象となる年金、全て把握していますか?4箇所から支給されることも” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

IFTTTで冬場の長期外出時に、寒さに弱い観葉植物を守る仕組みを作る

夏から秋にかけて100均で観葉植物の苗を買い集めましたが、その中にはいくつか寒さに弱いものがまじっています。弱いといっても5~10℃あれば良いため、室内に取り込んでおけば大丈夫だとは思うのですが、年末年始の帰省時期など、冬場に長期間家を空けた際にはどこまで下がるかわからず、やや心配です。

そこで、室温を監視して、想定より低くなった場合には外から暖房をつけられるようにすることで、最悪の場合に対応できるようにしました。これは、インターネット対応エアコンに交換できればすぐに実現できることではありますが、うちは賃貸住まいでエアコンも備え付けの普通のものなので、少し工夫して安価に実現しています。

予算:1,000円~14,000円 “IFTTTで冬場の長期外出時に、寒さに弱い観葉植物を守る仕組みを作る” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

奥さんが初のふるさと納税完了

奥さんが、ついに自分の分のふるさと納税を申し込んでくれました。申込みは今回が初で申し込み関連では色々と相談しあいつつ、食料品を中心に枠いっぱいまで申し込み完了です。

これまでやったことがない作業であることに加え、申込先が膨大で選ぶのも大変なのでなかなか手をつけてくれなかったんですが、食費の膨らみっぷりについて話したこと、家の米が残り少なくなってきたことを機会に手をつけてくれたようです。実のところ、ここ二ヶ月は食費が合計で9万円を超えており、奥さんだけで6~7万円使っている状況。傍で見ていても、中~高級な惣菜やハーゲンダッツを買いまくっており、この調子で生活されたらたまらないので、家計の月締め後に毎度予算オーバーしている旨を伝えていたんですよね。

一度経験した手続きなら二回目からは楽にできますし、これまで縁があった土地に納税して好きだった食料品をもらえたのは、本人的にもかなり満足度が高かったようなので、これからは毎年やってくれることを期待できそうです。一度に頼みすぎると冷蔵庫・冷凍庫に入り切らなくなって単なる美食祭りになる(そして食費削減にならない)ことも今回学びましたが・・。次回以降は少しずつ申し込むように気をつけます。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

大統領選挙前後のポートフォリオ状況と心境

大統領選、トランプ氏が勝利しました。私も世間と同様、ほぼヒラリーで決まりだと考えていたので、この結果にはとても驚きました。民主党政権を取ったときの日本と似ているように感じて、数年後には国民全体で後悔しているんじゃないかと感じています。しかし、こういうのは日本と同じで、一度やってみて結果を見てみないと納得できないものなのでしょうがないですね。 “大統領選挙前後のポートフォリオ状況と心境” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

MoneytreeがNISAの外国株式に対応

過去の記録を確認してみたところ、どうやら10月のどこかのタイミングで対応したようです。しかし、なぜかNISAのみで課税口座の外国株式には相変わらず未対応。しかし、少しずつ対応が進められている点は好感が持てます。この調子で課税口座の対応もお願いします。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ