現在の資産状況(2018/8末)- 米国一強の世界到来

前半はトルコリラ暴落を機に世界中の新興国で株や債券が下落、米国に資金が還流してドルが高騰、新興国通過が下落、米国も軟調に。還流した資金が米国債に流れ込み、長期金利下落…と、とにかく急展開でした。

月後半は比較的落ち着いてきて、米国株も力強さを取り戻し、S&P500は最高値を更新。何やら相場がもう一走りする気配が出てきました。とはいえ、経常赤字の新興国の先行きは不安定であり、中国との貿易戦争も続いています。相場が走った先には何が待っているやら…。 “現在の資産状況(2018/8末)- 米国一強の世界到来” の続きを読む

投資本の雑な感想:ダンドー/モニッシュ・パブライ

Twitterでアジデン氏が何度も勧めていた本で、著者のモニッシュ・パブライは、バフェットの信奉者として知られたバリュー投資家です。この本、名前を聞いたことはありましたが、実際に読んだことはありませんでした。図書館で調べてみたところ、誰も借りていなかった(悲しい…けど、置いてあるのも不思議)ので、取り寄せて読んでみました。

“投資本の雑な感想:ダンドー/モニッシュ・パブライ” の続きを読む

不況時にJ-REITの分配金はどうなるのか

最近Twitterで、配当収入の基盤をREITから通信銘柄に移すことにした、という記事が流れてきました。私は現状、配当(分配)全体に占めるREIT分配金の割合がかなり高いことから、不況時の安定性がどの程度か気になってきたので、事務所系・住居系の代表的なREITに関してリーマンショック前後の状況を調べてみることにしました。

“不況時にJ-REITの分配金はどうなるのか” の続きを読む

投資本の雑な感想:ファイナンス思考/朝倉祐介

書棚

仕事上、まがりなりにも投資案件の評価が必要になったことから上司が急遽買ってきた本。私は直接携わってないものの、興味があったのでついでに読ませてもらった。著者は自称mixiを立て直した男。

“投資本の雑な感想:ファイナンス思考/朝倉祐介” の続きを読む

投資本の雑な感想:まぐれ/ナシーム・ニコラス・タレブ

書棚

『ブラック・スワン』『反脆弱性』のタレブが記した初期の著作。テーマは「人はいかにランダム性に騙されるか」。タレブが目にしてきた、ランダム性に騙されている物事、それを煽る人やシステム、なぜそういったことが起こるのかを紹介しており、行動ファイナンス色が強い。また、ランダム性から恩恵を受ける人やそのポジショニングについても述べている。

“投資本の雑な感想:まぐれ/ナシーム・ニコラス・タレブ” の続きを読む

【お知らせ】ブログをこっそり(?)移転しました

本ブログは従来 http://burabura117.dip.jp/wp のURLで公開していましたが、現在は移転して https://www.burabura-investment.net で公開されています。

現在のところは旧URLから新URLへリダイレクトしているため、Feedly等からもそのままアクセス可能ですし、今見ている記事は既に新ブログだと思います。

しかし、旧環境は以下の記事でも示すとおりなにぶん非常に貧弱なため、そう遠くない日に旧URLでの公開は停止する予定です。その場合、旧URLで登録したFeedly購読等には更新が届かなくなります。

0円ではじめたブログ運営

既にFeedly等に登録済みの方は、よろしければお暇な時にでも記事末尾のFeedlyボタンから再登録いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

投資本の雑な感想:老後の資金がありません

50ぐらいの仲のいい部長さんから突然「これ面白かった」って渡された本。投資本・ハウツー本ではなく、50代の女性のお金と世間体にふりまわされる生活を描いた小説です。小説的なネタバレ部分には触れず、物語で発生する大きな支出と、なぜそれが発生したかに絞って紹介していきます。

“投資本の雑な感想:老後の資金がありません” の続きを読む

投資本の雑な感想:反脆弱性(上/下)/ナシーム・ニコラス・タレブ

「反脆弱性は投資本じゃないだろ!」という罵声が聞こえるようです。すみません、すみません・・・。この本は、100年に1度と言われた2008年の金融システム崩壊を予見したとも言える「ブラック・スワン」の後継的著作です。

私の拙い理解では、この本は「反脆弱性」という新たな概念を導入することで、想定外の事象(=ブラック・スワン)があふれるこの世界をよりよく理解し、対処できるようにするためのものです。

“投資本の雑な感想:反脆弱性(上/下)/ナシーム・ニコラス・タレブ” の続きを読む

家計の状況(2018/7末) – 衣服美容が爆発!水道光熱もジワ上げの気配

今月は、親戚の葬儀があったことから交際費がやや上昇し、また葬儀に必要な衣服を買ったこともあり衣服・美容費が高騰しています。
※薄い線 :線形回帰のトレンドライン
※薄い点線:12ヶ月移動平均線

収支全体の状況

今月は配当収入が40万円近くと特に多かったため、収入は高水準になりました。支出もやや増えてはいますが、収入の高さでカバーできたことから収支の水準も高めです。トレンドラインも微妙に上向き傾向が見て取れ、良い調子ですね。 “家計の状況(2018/7末) – 衣服美容が爆発!水道光熱もジワ上げの気配” の続きを読む