投資本の雑な感想:ファクター投資入門

書籍

伝統的な資産評価モデル(CAPM)は市場全体との連動度合い(市場ベータ)のみを考慮したものですが、その後バリュー、サイズといった他の複数の要素を組み込んで資産を評価するモデルに発展しました。これをマルチファクターの資産評価モデルと言い、本書はその入門という位置づけになります。

“投資本の雑な感想:ファクター投資入門” の続きを読む

質問箱:高配当銘柄をはじめるにあたっておすすめの書籍

質問箱へ届いた質問への回答のうち、投資関連で長めに回答したものについてはこちらにも掲載していこうと思います。質問箱というサービスもいつなくなるかわかりませんしね。。

“質問箱:高配当銘柄をはじめるにあたっておすすめの書籍” の続きを読む

家計のレポート(2019/12末) – 年末の魔物…

トータルは目標を若干オーバーしましたが、許容できる範囲内でもあります。なんとも締まらない2019年最後の家計となってしまいました。イマイチなのは、変動費が全体的に増えてしまったことですね。年末で色々緩み、交際費との境界が曖昧な食費が増えてしまいました。2020年は引き締め直さねばなりません。

“家計のレポート(2019/12末) – 年末の魔物…” の続きを読む

投資本の雑な感想:バフェット 伝説の投資教室

書籍

原題はWarren Buffett’s Ground Rules – Words of Wisdom from the Partnership Letters of the World’s Greatest Investor。直訳だとバフェットの基本原則 世界最高の投資家が投資パートナーへのレターに記した金言、みたいな感じでしょうか。

“投資本の雑な感想:バフェット 伝説の投資教室” の続きを読む