現在の資産状況(2017/3末)− 方向感喪失中

ややご無沙汰しています。日本もアメリカも政治が混迷気味で、市場は方向感をつかめない雰囲気ですね。EU圏の政治情勢はやや楽観ムードが漂ってきましたが、Brexit本格始動で不穏な雰囲気は拭いきれていません。アメリカでもカリフォルニア州の合衆国離脱の動きが少しずつ本格化してきている等、先行きが見えない情勢が続いています。東アジアは朝鮮半島を中心に言わずもがなですし。そんな中、私はといえばNintendo Switchでずっとゼルダの伝説 Breath of the wildをプレイしていました(神ゲーです)!だって、投資関連ですることあんまりないんで・・・。

米国株は調べていましたが、アメリカ自体の成長率の低下傾向と、微妙な為替の動きから、若干投資意欲が下がってきました。当面はVTの保持と、ニッセイ外国株式インデックスファンドの積立投資で十分かなと。

不動産投資の方はといえば、いよいよ金融庁や日銀が不動産融資への監視を強めており、足並みを揃えるように各種メディアでも過剰融資を問題視する場面が増えてきています。ここまでくれば、近いうちにどこかの金融機関を皮切りに融資が絞られはじめ、それを契機に大きく値下がりするでしょう。その時が買い時と言えば買い時なんでしょうが、既に収益性無視で相続対策のためにアパマンが立てまくられており、団塊世代の今後(相続対策の続行+本人たちの死亡による土地放出+人口減少)を考えると、容易には手を出しづらいのも確か。2022年問題もありますしね・・・

というわけで、日本株がお買い得価格になるまでは静観ということになりそうです。都心部付近まで暴落し、管理しやすい物件が安値で出て来るようであれば、不動産も考えようかと思います。

総資産推移(生活防衛資金除く)

資産合計 :58,187,441+277,341円
リスク資産:35,136,401円(-113,113円

リスク資産は、投信積立で20万円増えているはずが、トータルで-11万円となっているので、30万円程度下がっています。給与収入と配当である程度カバーはしていますが、REITの不調が大きく足を引っ張りました。

家計

格付け

Aa3:86点(

今月は10万ほど支出が増え、コストダウン努力が1ポイント低下しました。格付け自体は変わっていません。

参考:我が家の家計格付けチェック

  • 家計安全度:20(→)
  • 貯蓄パワー:20(→)
  • スケールパワー:20(→)
  • コストダウン努力:6(
  • リスク耐久力:20(→)

支出内訳

支出の内訳はこんな感じ。今月は私が買ったNintendo Switch+ゼルダの伝説 Breath of the wildと、奥さんの定期券一括購入分が支出を増やしています。これらの臨時支出を除けばおおよそいつもどおりで、懸念の食費と日用品費は予算ちょうどくらいでした。

投資の状況

累積リターン(2011-)

+90.41%-1.37%
総投資金額:20,500,000円(+0円)
現資産額:39,035,017円(-279,691円

ついに下落トレンドに転じました。とはいえ、1月末と同程度の水準に戻った形です。

個別資産の状況

海外資産はまだ比較的元気ですが、日本株はいつもの足踏み、REITは大きく下落しています。とはいえ、REITも買い時というほど値下がり(≒利回り上昇)しているわけでもありません。

今月の売買銘柄

先月と変わらず投信積立のみ。先月売却を検討していた銘柄は、きわどいところで売りタイミングを逃し、+25%程度まで下げてしまいました。こうなると、配当を頼りに放置モードですね。

アセットアロケーション(全資産、生活防衛資金除く)

REITの値下がりによる比率の低下、海外資産の堅調さによる比率の上昇が綺麗に反映されています。常に40%近くあったREITの比率が下がっているのは良い傾向なんですが、その分はもう少し高配当銘柄の日本株比率を上げたいところですね。

:預貯金(+0.5%
:国内債券(-0.1%
:国内REIT(-0.9%
:海外REIT(-0.1%
:日本株(+0.1%
:外国株【先進国】(+0.3%
:外国株【新興国】(+0.1%
→:外国債券(+0.0%)

配当収入(税引後)

2017年の累計:265,745円(+85,583円

今月は、日本リート投資法人、キヤノンから配当がありました。

売却益(税引後)

2017年の累計:0円(+0円)

今月の売却はありませんでした。

以上、2017年3月末時点での資産状況でした。まだまだ、様子見ムード続行ですね。こういうぐだぐだした方向感の見えない時期は、ほんとに何もできないですね。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す