早期リタイア(F.I.R.E)を達成するための代表的な4つのルート

早期リタイアを志していると、早期リタイアを達成した人や、目指している途中の人がたくさん目につくようになってきます。そういった人たちが早期リタイアを達成する方法は、全員が同じというわけではなく、いくつかの異なるルートを辿っています。

この記事では、リタイアのための代表的な4つのルートをみながら、私が今辿っているルートはどれか紹介していきます。そのための土台として、「金持ち父さん貧乏父さん」のロバート・キヨサキ氏が提唱?した、収入形態を表す4つの区分:キャッシュフロー・クワドラントを使います。

まとめ:4つのルート

ルート概要、向いている人
従業員:E

起業:S/B

投資:I
【概要】
従業員として得たスキルを使って独立し、事業を安定させて得た利益を不動産や証券にまわしていく王道ルート。
【向いている人】
バイタリティと才覚があり、多少の危険をおかしてでも大成功して裕福な暮らしがしたい人向け。
従業員:E

証券投資:I
【概要】
従業員として安定した給与を得つつ、証券投資で資産を増やしていくルート。
【向いている人】
節約に抵抗がなく、リスク回避的で投資が苦手ではない人向け。
従業員:E

証券投資:I

不動産投資:I/B
【概要】
EIルートを基本としつつ、従業員としての信用を使って実物不動産に投資し、より早く資産を増やすルート。
【向いている人】
従業員としての安定を維持しつつ、もう少しリスクを取って早く資産を増やしたい人向け。
従業員:E

投資:I

副業:E/S
【概要】
EIルートである程度お金が貯まったら会社を辞め、低収入の仕事をしながら暮らしていくルート。
【向いている人】
なるべく早く今の会社をやめたいが、多少の労働は苦にしない人向け。

キャッシュフロー・クワドラント?

キャッシュフロー・クワドラントは、人をその収入形態によって4つの種類に分けるものです。クワドラントは四分儀とか四象限のことで、数学の授業でよく見ますね。

これがキャッシュフロー・クワドラントです。E:従業員は雇用者による給与から、S:自営業者は自分や家族が従事する小さなビジネスから、B:ビジネスオーナーは保有するビジネスが生み出す利益から、I:投資家は投じた資金から得られる利益から、それぞれ収入を得ます。

4つの領域の中央に赤い線を引いていますが、この赤い線の右側と左側では世界がまったく異なることに注意してください。線の左側は、自分の時間を売ることで収入を得る人たちです。これに対して右側は、他人やお金を働かせることで、自分の時間に縛られずに収入を得る人たちです。線の左側にいる限り、生活のために自分の時間を売り続ける必要があるため、早期リタイアを実現するためには線の左側から右側へ移る必要があります。

では、このためのルートにはどんなものがあるんでしょうか。

左の世界から右の世界へ移るルート

事業成功型(ESBI型)

一代で富を築くための王道ルートがこれです。従業員として事業のノウハウを溜め、自分の事業を起こし、事業が軌道に乗ったら経営を他者にまかせることで、自分の時間を使わずとも収入が得られるようになります。また、事業で得たお金を不動産や証券に投資することで、さらに収入が増えていきます。

このルートは、うまく進むことさえできればそれぞれの領域に必要な知識を順序よく効率的に身につけることができ、また収入も高くなるので、非常に早く右側の世界へ移ることができます。収入源も複線化されているため、安定性が高く余裕のある生活ができますし、万が一破産しても培ったスキルを使って再起できます。

ただし、このルートをたどるには、事業を成功させるための気概と才能が必要です。この際、セールスのスキルが非常に重要になってくるため、 金持ち本ではセールスについて重点的に書かれたものも多いです。また、初期投資額が大きな事業にチャレンジする場合、資金調達方法によっては非常にリスクが高くなります

リスクを省みずガツガツ働いて、色んなスキルを身に着けて大成功し、裕福な暮らしをしたい人向きのルートです。

証券投資積み上げ型(EI型)

現状私が目指しているのがこれです。従業員として得た収入を証券に投資し、投資から得られる収入が生活費を超えた時点でリタイアが可能になります。ここ数年の株高で、このルートを通ってリタイアを達成した人が増えた結果、目指す人も増えたように思います。

このルートの利点は、なんといっても起業/事業に向いていない人でも早期リタイアを狙えることです。大きなリスクが取れない、セールスに向いていない、アイディアがない等でも早期リタイアを目指すことができます。

反面、このルートは非常に効率が悪く、忍耐と運を必要とします。一般的な従業員の生涯賃金は2〜3億(しかもその多くは45歳以降で得られる)と言われており、早期リタイアには1億以上の資産が必要であることを考えると、給与の半分以上を投資にまわしつづけ、かつ投資をある程度成功させる必要があります。

それでも、1億で得られる投資収益はそんなに高くありませんから、生活は質素になりがちです。また、自営業や事業のスキルも低いため、資産が毀損した場合は生活に窮する可能性が高くなります

節約に抵抗がなく、大きなリスクを取りたくない人、証券投資に抵抗がない人に向いたルートです。

株+不動産で脱サラ型(EIB型)

証券投資に加え、従業員の立場でも比較的実行しやすい不動産投資を組み合わせることで、証券投資積み上げ型の資産と収入を補強するルートです。このルートでは、従業員時代に勤務先の信用を利用して銀行から融資を引き出し、収益不動産を購入してから退職することになります。

このルートの利点は、証券投資積み上げ型の欠点をある程度克服し、収入の安定性が向上している点です。また、不動産投資/運営は比較的単純で変化もゆるやかなので、起業経験のないサラリーマンでもとっつきやすく、取り組み方によっては手間もかからないため、サラリーマンを続けながら試すこともできます。

このルートの欠点は、日本の不動産の将来性が若干あやしいこと、不動産市場が非常にクローズドで、インサイダー以外が良い物件を手に入れるのが難しいこと、収益性の低い物件を掴んでしまった場合、運が悪いと破産してしまうことです。

スルガ、かぼちゃ、レオパレスと危険もいっぱい

あまり大きなリスクを取りたくないものの、過度な節約はしたくない人に向いたルートです。

セミリタイア型(EIS型)

証券投資に加え、不定期のアルバイトやアフィリエイト収益等によって証券投資積み上げ型の資産と収入を補強するルートです。アフィリエイト収益ならサラリーマン時代から少しずつ準備することができるため、比較的低リスクで早期リタイアの安全性を高めることができます。

反面、左側の世界に片足をつっこんでおり、ある程度自分の時間を売ることになるため、これを早期リタイアと言っていいかは疑問が残ります(だから”セミ”リタイアなわけですが)。

とはいえ、E→Iルートでリタイアした人は、節約が必要なため派手に遊べるわけでもなく、暇になりがちですから、少々の自営活動は生活の刺激としてちょうど良いかもしれません。証券投資積み上げ型に見える人も、実態としてはこのルートを取っている人が多いんじゃないでしょうか。

証券投資積み上げ型を目指しているが資産額が届かない人、一刻も早く会社をやめたい人、自営活動が嫌いではない人などに向いたルートです。

まとめ

4つのルートのまとめを再掲します。

ルート概要、向いている人
従業員:E

起業:S/B

投資:I
【概要】
従業員として得たスキルを使って独立し、事業を安定させて得た利益を不動産や証券にまわしていく王道ルート。
【向いている人】
バイタリティと才覚があり、多少の危険をおかしてでも大成功して裕福な暮らしがしたい人向け。
従業員:E

証券投資:I
【概要】
従業員として安定した給与を得つつ、証券投資で資産を増やしていくルート。
【向いている人】
節約に抵抗がなく、リスク回避的で投資が苦手ではない人向け。
従業員:E

証券投資:I

不動産投資:I/B
【概要】
EIルートを基本としつつ、従業員としての信用を使って実物不動産に投資し、より早く資産を増やすルート。
【向いている人】
従業員としての安定を維持しつつ、もう少しリスクを取って早く資産を増やしたい人向け。
従業員:E

投資:I

副業:E/S
【概要】
EIルートである程度お金が貯まったら会社を辞め、低収入の仕事をしながら暮らしていくルート。
【向いている人】
なるべく早く今の会社をやめたいが、多少の労働は苦にしない人向け。

私の従兄弟に1がいますが、典型的な大阪商人タイプでバイタリティの塊のような人です。私の場合はその手の仕事は向いていないので、2をベースにして3〜4へ派生するかを検討していく予定です。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す