投資本の雑な感想:ファイナンス思考/朝倉祐介

仕事上、まがりなりにも投資案件の評価が必要になったことから上司が急遽買ってきた本。私は直接携わってないものの、興味があったのでついでに読ませてもらった。著者は自称mixiを立て直した男。

ファイナンス思考とは

この本は、簡単に言うと『日本の企業はPLをよく見せようとしすぎている。より長期の企業価値向上を目指して行動すべき』ということを繰り返し述べている本。そのうえで、日本企業に必要なのは以下の2つとし、これをもとにしたファイナンス思考の必要性を訴えている。

  • 現在を知るための『会計』
  • 未来の戦略を立てるための『ファイナンス』

著者のいうファイナンス思考とは、『企業価値の長期的な向上のために、うまくファイナンス行動(資金調達、資金創出、資本配分、ステークホルダーとの対話)を取ること』と要約できる。

全般的に内容は浅め

しかし、この本では『ファイナンス思考』の実践方法について詳細に述べられることはなく、著者が考えるファイナンス思考を実践した成功企業の例がひたすら示されていく。そこで紹介されているのはAmazon、リクルート、JTなどだが、これらを実際読んでみると、別にファイナンス思考が成功の主要な要因には思えないし、外部情報に基づいているため分析が浅く、あまりおもしろくない。これなら、『バフェットからの手紙』の方がよほどためになる。

著者はmixiを立て直したことが自慢のようで、確かにファイナンス面、企業文化面で支えた側面があるところは間違いないだろうが、これも生存バイアスの範疇を出ていない。同じように頑張っても、mixiでいうところのモンストが生まれずに死んでいった企業など山ほどあるだろう。

ファイナンス思考自体について否定する気はさらさらないが、このテーマだけで一冊書ききるには無理があったのだろうな、と感じざるを得なかった一冊。著者自身もこうした点は自覚しており、企業に必要なもののうち、ファイナンス思考はせいぜい10%程度だと述べており、本書の中でもファイナンス思考に対する温度がまちまちで生煮え感が否めない

なお、この本だけでは会計やファイナンスについてごくごく初歩の知識しか身につかないため、この部分に期待する人は別の本を読んだほうがいい。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す