REITの春は続くのか

ついに主婦がREITにも興味を示すようになったようです。

REITの春は続くのか

高配当の毎月分配型REITファンドが投信ランキングの上位を占めてきていることもあり、現状REITは少し過熱気味かもしれません。といっても、市場全体に比べるとマシなだけで、大して上がっているわけでもないので、持っている方からするとあまり実感がないのですが。私は小型・高配当の比較的マイナーな銘柄を集めているので、そういった面での恩恵はあまり受けていないのかもしれませんが。

ここ数日はイギリスのEU離脱投票を控えてここのところ豪快に値下がりしていますが、それでも私が保有しているREIT銘柄はまだ結構なプラスを維持していて、それが逆に離脱シナリオでのさらなる下落を予感させます。離脱シナリオでリスクオフの動きが加速した場合にどこまで落ちるのかはわかりませんが、銀行でREITファンドを買っているような人たちは、基準価額が下がろうが、配当額が露骨に減らない限りはそうそう解約しないと思います(うちの母もそうでした・・)。JBやGPIFも値下がりですぐに売るわけにもいかないでしょうから、もうしばらくはREITの春(といっても他に比べれば若干暖かいレベル)は続きそうな気配がします。

EU離脱に備えるという意味ではいったんポジションを縮小した方がいいのかもしれませんが、基本的にはREITは売買によるキャピタルゲイン狙いではなく、長期保持でのインカムゲイン狙いなので、この手の政治的なイベントがを控えたタイミングで売買する予定はありません。いずせにせよ、ひと騒ぎが起きたあとには比較的短期間で元の状態に戻ると考えています。暴落したら高配当銘柄仕入れようかなぁ。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す