定期預金がわり&ペイオフ対策で個人向け国債(変動10年)を購入

奥さんの普通預金の一部を少しずつ個人向け国債(変動10年)に移しています(以前、我が家のお金管理Ver1.2でちらっと触れました)。ほっとくと普通預金でずっと寝てる上に、1,000万円を超えそうなので、主に以下の目的での購入です。

  • 金融機関を増やさない状態でのペイオフ対策
  • 金融機関を増やさない状態での金利改善
    • 金利の高いネット銀行を渡り歩くのは管理上面倒くさい
    • 奥さんはそこまでやる気なし
  • 奥さんに証券口座の利用に慣れてもらう

私の資産にはこれまで債券クラスがまったくなかったのですが、これで一応、形の上では債券クラス資産が登場することになります。

個人向け国債(変動10年)って?

ざっくりいえば、期間10年の定期預金みたいなものです。中途解約のペナルティは、直近1年分の利息分ほぼ全額が差し引かれること。また、定期預金と大きく異なるのは金利が市場金利に合わせて変動することで、現在のような低金利環境が変化して金利が上昇しはじめた場合でも、他の金融商品と比べて大きく損になることはありません。

また、この金利は市場金利がどれだけ下がっても(マイナスになっても)0.05%未満にはなりません。現在すでに市場金利がゼロ付近なので下限につきあたって0.05%になっています。こうした状況では他の金利もゼロに近いので、0.05%でもそこそこの金利水準になっています。

隠れた(主な?)メリットのキャッシュバック

個人向け国債は、ほとんどの証券会社で購入時にキャッシュバックを受けることができます。例えば、SBI証券ではおおよそ0.2%相当(最大50万円)のキャッシュバックを受けられるので、実質的な金利が大きく改善されます。1年以内に中途換金した場合はキャッシュバック対象外となるそうですが、手間を惜しまないなら1年で中途換金した方が得になりそうです。ただし、同一の証券会社で購入→中途換金→購入→中途換金としてもキャッシュバックはもらえないようなので、真剣に(?)やるなら証券会社を渡り歩く必要があります。

ポートフォリオのリスクを引き下げる効果は低い

個人向け国債(変動10年)は市場売買ができないため、金利の上下に伴って債券価格自体が変動することはありません。そのため、アセット内に組み入れても、債券と相関係数の低いといわれる株式等の価格変動を打ち消し、資産額の変化をゆるやかにするような効果は期待できません

単独商品としては可もなく不可もなくな商品

色々調べてみて感じましたが、個人向け国債(変動10年)単体として見れば、ある程度の手間暇をかけられる前提なら金利の高いネット銀行定期預金をつまんでいく方が有利です。この商品を特異にしているのは高額なキャッシュバックの存在で、1年解約で証券会社を渡り歩けば、ネット銀行の定期預金よりさらに高い金利(相当額)を得ることができます。

しかし、私の場合はこのぐらいの金利差に手間暇かけようとは思わない(その手間はリスク資産管理にまわしたい)ので、手がかからずそこそこ割の良い定期預金として扱っていこうと考えています。同じような状況の人なら、悪くない選択肢じゃないでしょうか。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

“定期預金がわり&ペイオフ対策で個人向け国債(変動10年)を購入” への2件の返信

コメントを残す