機種変更や初期化でGoogleマップにタイムラインが表示されなくなった場合の対処法

ここのところ趣味であちこちを探索(徘徊?)しているんですが、そのときに非常に便利なのがGoogleマップ。移動中の現在地確認や目的地確認にももちろん使えるんですが、それだけでなく、移動ルートをすべて記録して地図上に表示してくれる、タイムラインという機能がとても便利です。

タイムライン=Google製ライフログ

タイムラインは、ブラウザを開いてGoogleマップのウェブサイトへ行き、左上の三本線からメニューを開いて「タイムライン」を選べば見ることができます。

Androidのスマートフォンを使っている場合は、Googleマップアプリからも確認できます。iOSの場合は、アプリ上での閲覧は対応していないため、ブラウザ上で確認することになります。

こんな風に地図上での移動ルート表示にくわえて、地名や移動手段、撮影した写真なども時系列で関連付けて記録してくれるので、まさにライフログ的に使うことができます。iPhoneの場合はGoogleアプリさえインストールされていれば勝手に記録されていくため(Googleマップではなく、Googleアプリという点に注意)、専用のライフログアプリのインストールや、アカウント登録がいらないのも魅力です。ポケモンGoをやっている人なら、ポケモンを捕まえた記録も自動的に関連づけられますよ!もちろん、タイムラインが他人から見られることはありません。

機種変更後のタイムラインが表示されない

iPhone6時代は色んな所をうろうろしてはタイムラインを振り返って楽しんでいたわけなんですが、iPhone7への機種変更後はぱったりと記録されなくなってしまいました。過去の記録を見ることはできますが、機種変更後の情報はまったく記録されておらず、こんな風に、ロケーション履歴がないよ、と言われます。

犯人はロケーション履歴、ではない

ググって調べてみると大抵は「ロケーション履歴をオンにしろ」という解決策が出てくるんですが、私の場合はロケーション履歴はもともとオンになっています。この設定はウェブ上で管理されていて、機種変更で変わるようなものでもありません。ちなみに、ロケーション履歴の設定は、アクティビティ管理から確認できます。

このように、ロケーション履歴はオンになっていました。

真犯人はGoogleアプリのプライバシー設定

というわけでなかなか対処方法がわからなかったんですが、Googleアプリをいじりまわしてようやく原因を突き止めました(そもそも現在地情報の送信はGoogleマップではなくGoogleアプリだということに気づくまでにもしばらく時間がかかりました)。Googleアプリ側に現在地送信機能をON/OFFする設定があり、これがOFFになっていたのが原因です。機種変更後はバックアップから復元したので、設定も以前のまま保持されていると思っていたんですが、なぜか復元されていなかったようです。設定の場所は以下です。

※ 2018/11/06追記:設定の画面構成が多少変わったので、各画像の下に変更点を追記しています

  • Googleアプリを開き、左上のアカウント名をタップして設定画面へ

※ 最新のアプリでは、左上が歯車マークのアイコンになっています

  • 下の方へスクロールして「プライバシー」をタップ

※ 最新のアプリでは設定画面直下に「プライバシー」と次の「現在地」があります

  • 「現在地」をタップ

※ 最新のアプリでは設定画面直下に「プライバシー」と「現在地」があります

  • 「現在地送信機能」をタップ

※ 最新のアプリでは「現在地」設定のみが存在し、ここをタップするとiOSの設定アプリに移動します

  • 「この端末から送信する」をタップ

※ 最新のアプリではGoogleアプリの独自設定は不要で、設定アプリ上でGoogleアプリに対して位置情報の利用を許可すれば良くなりました

これでタイムラインへの記録が復活します。iPhone7への機種変更でタイムラインが使えなくなって困っていた人はお試しください。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す