管理職昇進で加速する社畜生活、それでもなりたいか

連休明けから連日22時帰り・・といっても、深夜勤務扱いを避けるために無理に22時で帰らされているだけで、仕事は終わっておらず先が見えない状況が続いています。私の上司は私よりさらに多忙で、自宅に帰ってからも深夜2時過ぎまで仕事をしているようです。

私の会社は労働組合の力が強く、なんだかんだで一般社員の残業時間は一定の範囲に制限されています(とはいえ、一ヶ月で100時間残業ぐらいは余裕でできちゃいますが・・)。管理職はこの制限が基本的には存在しないので、「(労働時間的に)最強にして(帰宅時間的に)最後のプレイヤー」として長時間労働に服するケースがかなり多いのです。何人かの私の上司は、こうした「最後のプレイヤー」役になったり、予算も増えない中での問題プロジェクトの立て直しを命じられて孤軍奮闘した結果、ほどなくしてメンタル的な病気にかかって休職していきました。

4月で異動して上司が変わったのですが、この新しい上司は今のところなぜか私のことを買ってくれているらしく、管理職任用試験を受けて管理職になるのが当然だよね、といった話をしきりにしてきます。ですが、上司の生活を見ているとまったくそういう気持ちが湧いてきません。試験に落ちるとか、推薦されないというのもなんだか悔しい気がしますが、悔しいという気持ちだけで頑張って、もし実際に管理職になってしまったら後悔しそうな自分がいます。

管理職になれば成果次第で大きく年収が上がりますが、成果がでなければ平社員と大差なく、いずれにせよ時給換算では給料は下がります。長時間労働や、メンタル的な病のリスクを冒してまで管理職になりたいのか・・・私の本音はノーです。ですが、ノーと明言するのも組織の中では難しいものです。40代で早期リタイア希望といってもまだかなりの時間が残っているし、その間に資産が大きく目減りし、リタイア時期が延びるかもしれません。もし推薦されたらどうするのか、悩ましいところです。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す