MoneyForwardを無料で使い倒す:アプリでは使えないWeb限定機能満載

超高機能な資産管理&家計簿管理サービスのMoneyForward。1年以上前の記録が閲覧できないこと、10までしか口座連携できないことの2点にさえ目をつぶれば、無料でもかなりのことができます。

このMoneyForward、Webブラウザから使うWeb版と、スマホ上で使うアプリ版の二種類があることはご存知でしょうか。アプリ版だけ使っており、Web版を知らない人も多いかもしれません。この2つのMoneyForward、実は使える機能がかなり違うことを知ってましたか?

Web版とアプリ版の違い

Web版とアプリ版の機能の違いを簡単にまとめると、次の3点です。

  • 資産管理機能はアプリ版で大きく削られており、Web版ではすべて使える
  • 収入内訳はアプリ版のみ
  • 収支推移はWeb版のみ

すべて表でまとめると、次のようになります。

機能Webアプリ
資産管理×
 資産推移グラフ×
 資産内訳グラフ×
 バランスシート×
 負債×
収支管理
 収支明細
 収入内訳×
 支出内訳
 収支推移×
 予実管理
分析/レポート
 過去比較:収支
 収支推移グラフ××
 過去比較:収入内訳××
 過去比較:支出内訳××
 理想家計比較:収支
 理想家計比較:支出
 理想家計比較:項目別××
 未来シミュレータ×

収入が複数ある人は少ないでしょうから、事実上アプリはWebの機能限定版状態なんですよね。

Web版とアプリ版を併用して効率よく資産を管理

全体的にWeb版のほうが高機能なので、常用するなら実はWeb版の方が良いです。とはいえ、Web版はPCかタブレットからでないとかなり使いづらいです。スマホしか持っていない人はアプリ版がメインになるとは思いますが、たまにWeb版を確認して資産の状況を把握すると良いと思います。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す