住宅購入派と賃貸派の話が噛み合わない理由

賃貸派の利点と欠点

賃貸派の場合は、賃貸オーナーは赤の他人です。このため、購入派が投資家の立場で負っていた多くのリスクとは無縁になります。

利点

  • 容易・低価格で引っ越しが可能
  • 管理組合に起因するリスクがない
  • 地震・火災等の天災リスクを受けない
  • 資産価値下落のリスクを受けない
  • 築年数が古くなるにつれ、家賃下落が期待できる
  • 頭金相当の金額を自由に運用できる

賃貸居住者は、住居がどうなろうが自分には基本的に無関係です。少額の引越し費用はかかりますが、周辺住民や住居そのものに問題があっても、天災で住居が崩壊しても、引っ越しするだけですべて対応できます。また、投資要素が必要なら、より利回りの良い投資案件に自由に資金を投入することができます

欠点

  • 内装・外装・設備のグレードが低く、居住快適性は低め
  • インテリアに制約がある
  • 住宅ローン控除等による節税ができない
  • 都心等で物件価格が上昇しても恩恵を受けられない

反面、住居のグレードはかなり低くなります。賃貸物件はオーナーが利益を出すために、可能な限り内外装をケチっているからです。また、内装を勝手に変更すると原状回復費用がかさむため、インテリアにも制限が出てきます。

さらに、賃貸にかかる費用は単にお金が減るだけで、住宅ローンのように節税することもできません。都心等で物件価格が上昇しても、物件は自分のものではないので恩恵もありません。

簡単にいえば、住居の快適性や資産価値上昇の恩恵を失うことと引き換えに、住居に関するリスクをほぼすべて回避した、という形になります。

まとめ

賃貸派は投資効率とリスク回避を重視し、居住快適性や各種地位財は二の次。購入派は居住快適性や地位財を重視し、投資効率やリスク回避は二の次、といった印象です。また、住宅購入派は賃貸派と比べ、リスクや投資効率など関係ないほどの資産や収入がある人が多いと感じました。金持ちうらやましい。反面、賃貸派は購入派と比べ、投資リテラシーが高い人が多いように感じました。

私は現状賃貸派ですが、これは現状の物件価格が高すぎて、投資の観点からうまみがなさすぎるという理由が大きいです。物件が下落し、投資としてまともな水準になれば、購入も検討するつもりです。金融機関の融資が絞られてきた昨今、この状態が数年続けば物件価格の大きな下落も考えられます。金利が上がらないままこうした状況が発生すれば、低金利で税金だけ減らせるので最高ですね。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す