家計の状況(2018/9末) – 食費が増加傾向…食費は家庭内でダブルスコア

今月は、トータルで見るとそこそこの水準に収まりましたが、食費が二ヶ月連続で増加し、再び8万を伺う水準まで来てしまいました。全体的に支出が高止まりしており、頭が痛いです。

※薄い線 :線形回帰のトレンドライン
※薄い点線:12ヶ月移動平均線

収支全体の状況

今月の配当収入は先月よりさらに少なく、収入は先月から減っています。反面支出は増加したため、収支としてはかなり下がりました。トータルの収支トレンドはまだ微増ですが、この調子だとトレンドも変わりそうな気配。

支出の状況

支出全体の推移とトレンドです。

今月はやや支出が増加しましたが、なんとか目標額を下回ることができました。支出トレンドで見ても、追徴課税の影響を除けばほぼ横ばいであることが見て取れます。
もう少し下げていきたいのですが、物価も上がってきてますし、極端に節約して今の生活を犠牲にすると感情的な反動も怖いので、こちらは少しずつ下げていくことを目指します。

全費目の状況

恒例の何がなんだかわからないグラフですが、一応載せておきます。全費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じです。

黄緑(住宅)が大きい月は良い月、2ヶ月目。

主要な費目の状況

私の場合、固定費はあらかた削減しきってしまったので、残された変動費から割合の大きな次の7つを主要な費目と位置づけ、確認・分析しています。

  1. 食費
  2. 水道・光熱費
  3. 日用品費
  4. 交際費
  5. 衣服・美容費
  6. 趣味・娯楽費
  7. 交通費