家計の状況(2018/11末) – 主要費目外で思わぬ出費

昨月からは多少マシになりましたが、盛大に吹き上がった後にしては思ったほど下がっていなくてつらいです。12月は支出も多いので、このままだと今年の支出は結構なものになりそうです。

サマリ

単月で見るとまだら模様の月でした。主要費目はそこそこ健闘しましたが、それ以外でやむを得ない大きな支出があったため、トータルの支出は目標額をかなりオーバーしています。

※単月    :当月支出の目標金額との乖離率
※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率

費目目標単月一年平均
 トータル35万+12.7%+27.08%
 1. 食費7万-9.19%+1.2%
 2. 水道・光熱費2.5万+0.00%-1.0%
 3. 日用品費1.5万-0.00%+27.6%
 4. 交際費2万-50.28%+45.19%
 5. 衣服・美容費1.5万+13.28%+101.76%
 6. 趣味・娯楽費1.5万-40.64%+108.48%
 7. 交通費0.5万+48.54%+35.4%

過去一年平均で見ると、目標金額以下となっているのは水道光熱費のみです。目標額に比較的近いのは食費、あとは絶対額と推移を加味すると交通費ですね。逆に遠いのは交際費、衣服美容費です。

過去一年平均で見た場合に、各支出額が目標額の何倍になっているのかをレーダーチャートにしたものが以下です。趣味娯楽と衣服美容の問題児っぷりがわかりやすいかと思います。

収支全体の状況

ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。薄い実線が線形回帰のトレンドライン、薄い点線が過去1年の移動平均線です。

先月比では配当が減り、収入が少し減りました。支出は若干減ったものの高止まりしており、収支は低位で横ばいとなっています。

支出の状況

支出全体の推移とトレンドです。

目標:35万円

先月からはやや下がりましたが、依然として目標金額をオーバーしたまま横ばいのトレンドです。

全費目の状況

今月の費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じになります。

特別な支出健康・医療費が多いですね。ただし、内容的にはいずれもやむを得ない支出でした。

主要な費目の状況

私の場合、固定費はあらかた削減しきってしまったので、変動費のうち割合の大きな次の7つを主要な費目と位置づけ、確認・分析しています。

  1. 食費
  2. 水道・光熱費
  3. 日用品費
  4. 交際費
  5. 衣服・美容費
  6. 趣味・娯楽費
  7. 交通費