我が家の家電使用年数

家電の故障が目立ってきたため、我が家の家電の状態を調べてみました。太字斜体が10年超えの製品、赤字が買い替えが近い製品です。特に結論や教訓はありませんが、家電買い換え時期等で参考になれば幸いです。

 家電使用年状態
電気ケトル6.1年ランプ点灯不良
冷蔵庫18.1年まれに冷蔵室のものが凍る
テレビ9.3年良好
洗濯機5.7年ごみフィルタがつまってすぐ止まるダメ製品
ロボット掃除機1.2年良好
食器洗濯乾燥機10.3年たまに水漏れ
エアコン12.1年良好
エアコン210.6年良好
扇風機19.1年良好
オイルヒーター8.1年良好
NAS8.7年良好
TimeCapsule6.1年良好
炊飯器18.3年良好
ScanSnap8.7年良好
複合機9.3年Win10、Macから接続不可
加湿器10.6良好
ディスプレイ6.7年良好
マッサージソファ7年良好
ガスコンロ12.1年良好
温水洗浄便座10.3年良好
電子レンジ12.1年良好

平均利用年数は9.5年で、そこそこ保っている方かと思います。ちなみに、PCやタブレット、携帯等はアップデートにより買い替えを強制される面が強いので除外しています。

買い替えが近いもの

  • 電気ケトル(ティファール):約6年
  • 電話・FAX・コピー・スキャンの複合機(Sharp:見楽る):約9年
  • 洗濯機(日立:ビートウォッシュ):約6年
  • 食器洗濯乾燥機(TOTO:ウォッシュアップエコ):約10年

ティファールの電気ケトルは総じて耐用年数が低いようなので、次回買い替え時は違うメーカーにする可能性大。
複合機は便利でしたが、プリンタが使えないせいで電話も買い換えというのがかなりばからしいので、次回は電話とネットワークプリンタを個別に買おうかと思います。また、プリンタはドライバをWin・Mac両方に対して長期間提供してくれるメーカーにしたいですね。
洗濯機は、すさまじい轟音を奏でる東芝、フィルタ掃除しても止まりまくる日立とハズレ続きなので、次はPanasonicあたりを試してみることになりそうです。
TOTOのウォッシュアップエコは、デザインも機能性も申し分なく、たまの少量の水漏れも利用年数を考えるとしょうがないレベルなので満足できる買い物でしたが、TOTOは食洗機から撤退してしまったようで残念です。引っ越しで買い換える可能性が高いので、まだ保って欲しいところ。

処分したいもの

  • オイルヒーター(無印良品):約8年
  • NAS(IODATA):約9年

燃費が非常に悪いオイルヒーター、HDの耐用年数を過ぎていつ壊れてもおかしくない上に、役割がTimeCapsuleと重複しているNASが処分候補。NASは一度ファンが故障し、自前で部品購入して交換しています。これらは奥さんがまだ必要というのでキープしている状態。

引っ越しの際に買い換えたいもの

  • ガスコンロ(パロマ):約12年
  • 冷蔵庫(Sharp):約18年
  • 食洗機(TOTO):約10年
  • 温水洗浄便座(TOTO):約10年
  • ロボット掃除機(iRobot:Braava):約2年

このあたりは現在の住居にあわせた製品選びになっているので、引越し先の環境にあわせて買い替える可能性が大です。ライフプラン上でも、家購入時の臨時費用として反映しないといけませんね。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す