家計のレポート(2019/2末) – 今月の噴火は医療費 趣味娯楽も存在感をアピール

主要費目の大噴火はやや収まる気配を見せてきましたが、今度は主要費目外の医療費が大爆発しました。しかも歯をセラミックにするから保険外診療になる、との理由で全額自己負担による暴騰なので複雑な気分…。歯科治療は保険対象増やしてくれませんかね?くれませんよねー…。

サマリ

医療費の影響が大きく、トータルの支出は先月をさらに上回ってきました。主要費目でひときわ酷いのは趣味娯楽費で、低下の気配をまったく見せないのが厳しいです。ライブに行くとそこでさらに次のライブ告知を聞いてさらに申し込むという逆永久機関状態。何回おんなじ公演いくねん。

※単月    :当月支出の目標金額との乖離率
※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率

費目目標今月一年平均
トータル35万+26.01%+9.29%
1. 食費7万-22.24%-2.80%
2. 日用品費1.5万+30.00%+29.70%
3. 水道・光熱費2.5万+12.77%-2.19%
4. 交際費2万+17.88%+68.47%
5. 衣服・美容費1.5万-30.23%+86.45%
6. 趣味・娯楽費1.5万+83.60%+138.74%
7. 交通費0.5万-49.68%+0.34%

当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。趣味娯楽がひどいですね。日用品費、交際費も芳しくありません食費と交通費はいい感じです。

過去一年平均だとこうなります。三大問題児の中で、趣味娯楽費の成長が著しいですね。このまま沼に沈んでいくの?嫌だ…。

収支全体の状況

ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。薄い実線が線形回帰のトレンドライン、薄い点線が過去1年の移動平均線です。

今月は配当、給与収入ともに低く、支出は高かったため、ついに支出が収支を上回ってしまいました支出比率が50%を超えたということですね。まずいぞ!

支出の状況

支出全体の推移とトレンドです。

目標:35万円

高止まり後、さらに上がる気配を見せています。勘弁してくれ。。

全費目の状況

今月の費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じになります。

健康・医療費がヤバいです。しかも、まだ続くらしいです。つらい。

主要な費目の状況

私の場合、固定費はあらかた削減しきってしまったので、変動費のうち割合の大きな次の7つを主要な費目と位置づけ、確認・分析しています。

  1. 食費
  2. 日用品費
  3. 水道・光熱費
  4. 交際費
  5. 衣服・美容費
  6. 趣味・娯楽費
  7. 交通費

主要7費目の推移です。食費が下がるにつれて、それ以外の支出が上がっていってるのが見て取れます。食費の分のストレスをほかで解消してるんですかね…?

食費&日用品費

食費目標  :7万円
日用品費目標:1万5,000円

食費は着実に下がりつづけています。一方、日用品費の高止まりは6ヶ月目となり、改善の兆しはまったくありません

赤が奥さん、青が私です。今月はかなり健闘しましたね。この調子が続くなら、食費に関しては文句ありません

水道・光熱費

水道、電気、ガス料金です。
目標:2万5,000円

暖房を使いまくったせいで、電気代が結構ヤバかったです。昨年よりは下がっているように見えますが、トレンドラインは上昇傾向なのが気になります

交際費

会社、友人、家族、親戚等との会食や、それに付随する交通費等です。帰省も入っています。
目標:2万円


送別会で高額出費があり、またしても無念の予算超過。。今月ばかりは私の責任です。すまぬ。二次会にいったのが間違いだった。

衣服・美容費

理髪、衣服、小物、美容院等の費用です。
目標:1万5,000円

ギリギリセーフ。毎月これぐらいでいきたいという儚い願いがいつか届きますように…。

趣味・娯楽費

ゲーム、漫画、映画、音楽、ライブイベント等に対する支出です。
目標:1万円

またまたまたライブチケット買ってました(4ヶ月連続、ここ半年で6度目)。どうなってんの?そろそろキレちゃうよ?

交通費

突発的に発生する通勤ルート外への電車移動、タクシーによる移動が主な対象です。金額的にはほとんどが奥さんのタクシー代。
目標:5,000円

まぁまぁの水準をキープ。

今月は主要費目については一息つけた感じはあります(趣味娯楽は除く)。しかし、歯科の保険外診療が地味に効いてきます。。さらに来月以降もこれが続くって聞いて、結構つらい気分になってます…。まぁ長い目でみればやったほうがいいんだろうなぁ…。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す