楽天Pay、PayPay、d払い、LINE Pay、Kyash、Suicaを図解・比較

乱立するキャッシュレス決済サービス。色々ありすぎてわけがわからなくなってきたので、スマホで利用できる主要な決済サービスの仕組みを図解し、①利便性(アプリの使い勝手・利用できる店舗の数等)、②還元率、③ポイントの使いやすさの観点から比較・評価してみました。

結論・まとめ

利便性の高いSuica、還元率の高い楽天Pay(+Kyash)がおすすめ。Yahoo!カードユーザーならPayPayも有力な選択肢。

主なキャッシュレス決済を利便性と還元率の二軸で配置
利便性還元率ポイントの使いやすさ
楽天Pay
利用店舗多め

3.5% ※1

自動利用+決済
d払い
利用店舗多め

1.5~2% ※2

自動利用+決済
PayPay○ ※4
利用店舗多め

0.5〜4% ※
4

ポイント無
自動利用やや難
LINE Pay
利用店舗多め

0.5~2% ※5
×
自動決済不可
メルペイ
iD利用店舗多
×
0%

自動決済有料
Origaim Pay
利用店舗少

5% ※1

ポイント無
Kyash
クレカ
同等

3% ※2

ポイント無
Suica
利用店舗多

1.5~3% ※3

チャージ要

※1 Kyash+1%還元のクレジットカードと組み合わせる想定
※2 チャージで1%還元されるクレジットカードと組み合わせる想定
※3 Viewカードチャージによる1.5%還元を含む
※4 Yahoo!カード、もしくは対応銀行口座を保有する前提
※5 期間限定の+3%キャンペーンは含んでいない

キャッシュレス決済サービスの概要図

キャッシュレス決済サービスに共通する要素を、以下のように図にしてみました。

支払いの流れ

通常、次のような流れで利用します。

  1. ④チャージ操作により、クレジットカードや銀行から各サービス固有の②キャッシュの形でお金を取り込む
  2. QRコードやクレジットカードといった①支払インタフェース経由で②キャッシュから支払う
  3. ③ポイントがあればそこから支払うこともできる

キャッシュ不足時は自動決済/オートチャージ

支払いの際に②キャッシュの残高が足りなかった場合は、事前に設定した⑤自動決済により支払われます。キャッシュレスサービスの中には、②キャッシュにあたるものが存在せず、常に自動決済されるものもあります。

また、残高不足時に自動決済する機能がなく、キャッシュの残高が一定以下になった際に自動的にチャージされるオートチャージ機能で代替しているサービスもあります。

支払額の数%がキャッシュバック

①で支払った金額のうち、0.5〜3%程度が後で③ポイントの形で戻ってきます。キャッシュレスサービスの中には③ポイントにあたるものが存在せず、直接キャッシュの形で戻ってくるものもあります。

各キャッシュレス決済サービスの図解と評価

楽天Pay

シンプルで使いやすい優等生的なサービスです。他の楽天サービスで貯めた楽天スーパーポイント(期間限定を含む)を支払いに使えるのが便利な反面、楽天キャッシュはほぼ空気。クレカで自動決済できるので、Kyashとの連携で還元率は2.5%に。クレカの還元とあわせれば3.5%~になります。

①支払インタフェースQRコード、バーコード
②キャッシュ楽天キャッシュ
③ポイント楽天スーパーポイント(期間限定含む)
④チャージクレジットカード
⑤自動決済クレジットカード(自動決済)
⑥キャッシュバック還元率0.5%

評価

利便性○:セブン非対応は痛いが、ユーザー体験は良好
還元率◎:Kyash+クレジットカードと組み合わせることで高還元率
ポイントの使いやすさ◎:期間限定を含む楽天スーパーポイントを使える上、支払額 > ポイントの場合はクレカで自動決済されるため非常に使いやすい

d払い

ドコモユーザーのみ②キャッシュ(ドコモ口座残高)が存在するという少し変わったサービス。また、⑤自動決済もドコモユーザーのみ電話料金との合算払いができます。とはいえ、どちらも使い勝手にはほぼ影響しません。d払い自体の還元率はそこそこ高いのですが、決済やチャージに使えるクレカは3Dセキュア対応のみであり、3Dセキュア非対応のKyashを登録できないので、トータルの還元率は低め

①支払インタフェースQRコード、バーコード
②キャッシュドコモ口座残高(ドコモユーザーのみ)
③ポイントdポイント
④チャージ銀行口座
ペイジー
セブン銀行ATM
コンビニ(ローソン、ファミマ、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート)
⑤自動決済クレジットカード(自動決済)
電話料金合算払い(自動決済・ドコモユーザーのみ)
⑥キャッシュバック還元率0.5〜1%

評価

利便性○:セブン非対応は痛いが、ユーザー体験は良好
還元率△:Kyashと連携できず、トータルの還元率は低め
ポイントの使いやすさ◎:期間限定を含むdポイントを使える支払額 > ポイントの場合はクレカで自動決済されるため非常に使いやすい

PayPay

素の還元率が高いのが大きなメリット。ただし、自動決済やチャージに使えるクレジットカードはYahoo!カードのみなので、Kyashと連携して還元率を高めることができません。Yahoo!カードを持っていれば高還元率で便利なサービスである一方、Yahoo!カードがない場合はやや使いづらく、さらに銀行口座はネット銀行の多くが利用不可なので、事実上はYahoo!カードユーザー専用サービスといった趣き。

①支払インタフェースQRコード、バーコード
②キャッシュPayPay残高
Yahoo!マネー
③ポイントなし
④チャージYahoo!カード
銀行口座
ペイジー
セブン銀行ATM
コンビニ(ローソン、ファミマ、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート)
⑤自動決済クレジットカード(自動決済)
⑥キャッシュバック還元率0.5%(Yahoo!カード以外)
還元率3%(Yahoo!カード)

評価

利便性○:制約が多くやや使いづらいが、主要コンビニ全対応で利用シーンはさらに増加
還元率◎:Yahoo!カードと組み合わせることで最高還元に
ポイントの使いやすさ◯:すべてPayPay残高として還元されるが、残高 < 支払額の場合は全額自動決済されるため使い切りは面倒

LINE Pay

なぜかチャージや自動決済にクレジットカードを使うことができない、変わったサービスです。還元率は決済金額に応じて変動し、使いまくれば高くなりますが、少額だと低いです。また、Kyashとも接続できないため、ヘビーユーザー以外にはイマイチお得感がなくなっています。自動決済ができないのもマイナスポイント。

①支払インタフェースQRコード、バーコード
②キャッシュLINE Pay残高
③ポイントLINEポイント
④チャージ銀行口座
セブン銀行ATM
コンビニ(ローソン、ファミマ)
⑤自動決済銀行口座(一定金額以下でオートチャージ
⑥キャッシュバック還元率0.5〜2%

評価

利便性○:チャージ関連で使いづらい面はあるが、セブン対応予定で利用場面はさらに増えた
還元率:トータルでの還元率は低い
ポイントの使いやすさ×:支払額 > ポイントでも自動決済されないため、使い切るのが面倒

Kyash

支払インタフェースがクレジットカードなので、④チャージや⑤自動決済でクレジットカードが使える他のキャッシュレス決済サービスと連結して使えるのが大きな特徴です。還元率も2%(+クレカ1%)と高く、単体で使っても、他のキャッシュレスサービスの支払い手段として使ってもお得です。

①支払インタフェースクレジットカード
②キャッシュKyash残高
③ポイントなし
④チャージクレジットカード
コンビニ(ローソン、ファミマ、
ミニストップ、セイコーマート)
⑤自動決済クレジットカード(自動決済)
⑥キャッシュバック還元率2%

評価

利便性◎:クレジットカードとして使えるため、ほとんどの場所で利用可能
還元率○:対応クレジットカードと合わせれば単体でも高還元
ポイントの使いやすさ◎:すべてKyash残高として還元されるため面倒なし

Suica

利用できる場所が圧倒的に多いのが大きな魅力のSuica。還元率はまぁまぁ悪くありませんが、JR関連の店舗やごく一部の提携店舗以外ではポイントがつきません。また、Viewカードチャージによる還元率は高いものの、 KyashからSuicaへのチャージではキャッシュバックされないため、トータルの還元率は他のサービスに劣ります。利便性重視のサービス

①支払インタフェース交通系ICカード
②キャッシュSuica SF
③ポイントJRE Point
④チャージクレジットカード
自動券売機
コンビニ等(NEWDAYS、セブン、
デイリーヤマザキ、ファミマ、ミニストップ、ローソン、イオン等)
⑤自動決済クレジットカード(一定金額以下でオートチャージ
⑥キャッシュバック還元率0.5〜1%

評価

利便性◎:首都圏を中心に、交通機関+主要な店舗で利用でき、支払いもかざすだけ
還元率△:ポイントがつかない店も多く、トータルでの還元率はあまり高くない
ポイントの使いやすさ△:ポイントで直接支払うことができず、別途SuicaにSFとしてチャージする必要がある

結論・まとめ

利便性の高いSuica、還元率の高い楽天Pay(+Kyash)がおすすめです。Yahoo!カードユーザーならPayPayも有力な選択肢でしょう。d払い・LINE Payは現状、ばら撒かれたポイントやクーポンの消化用で良いかと考えています。

利便性還元率ポイントの使いやすさ
楽天Pay
利用店舗多め

3.5% ※1

自動利用+決済
d払い
利用店舗多め

1.5~2% ※2

自動利用+決済
PayPay○ ※4
利用店舗多め

4% ※2

ポイント無
LINE Pay
利用店舗多め

0.5~2% ※5
×
自動決済不可
メルペイ
iD利用店舗多
×
0%

自動決済有料
Origaim Pay
利用店舗少

5% ※1

ポイント無
Kyash
クレカ
同等

3% ※2

ポイント無
Suica
利用店舗多

1.5~3% ※3

チャージ要

※1 Kyash+1%還元のクレジットカードと組み合わせる想定
※2 チャージで1%還元されるクレジットカードと組み合わせる想定
※3 Viewカードチャージによる1.5%還元を含む
※4 Yahoo!カード、もしくは対応銀行口座を保有する前提
※5 期間限定の+3%キャンペーンは含んでいない

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す