メルペイ、Origami Payの還元率・使い勝手は?仕組みを図解し、主要サービスと比較評価

以下の記事では、主要なキャッシュレス決済サービスの仕組みを図解し、①利便性(アプリの使い勝手・利用できる店舗の数等)、②還元率、③ポイントの使いやすさの観点から比較・評価しました。

今回は、上記に加えてメルペイ、Origami Payも評価し、主要な決済サービスも含めて比較してみました。

結論・まとめ

Origami Payは利用可能店舗に、メルペイは還元率に難があるため、結論としては以前と変わらず利便性の高いSuica、還元率の高い楽天Pay・PayPayがおすすめという結果に。

還元率と利便性で評価した図
利便性還元率ポイントの使いやすさ
楽天Pay
利用店舗多め

3.5% ※1

自動利用+決済
d払い
利用店舗多め

1.5~2% ※2

自動利用+決済
PayPay○ ※4
利用店舗多め

4% ※2

ポイント無
LINE Pay
利用店舗多め

0.5~2%
×
自動決済不可
メルペイ
iD利用店舗多
×
0%

自動決済有料
Origaim Pay
利用店舗少

5% ※1

ポイント無
Kyash
クレカ
同等

3% ※2

ポイント無
Suica
利用店舗多

1.5~3% ※3

チャージ要

※1 Kyash+1%還元のクレジットカードと組み合わせる想定
※2 チャージで1%還元されるクレジットカードと組み合わせる想定
※3 Viewカードチャージによる1.5%還元を含む
※4 Yahoo!カード、もしくは対応銀行口座を保有する前提

キャッシュレス決済サービスの概要図

キャッシュレス決済サービスに共通する要素を再掲します。

各キャッシュレス決済サービスの図解と評価

メルペイ

異例揃いの非常に風変わりな決済サービスです。良い点は、①支払いインタフェースにiDが使え、利用できる店舗が非常に多いこと。悪い点は、④チャージや⑤自動決済にクレカが使えないこと、⑥キャッシュバック還元が存在しないことです。

②キャッシュの扱いもやや煩雑で、銀行口座を登録するかしないかで大きく変わります。登録した場合はメルカリ売上金がメルペイ残高に変わり、チャージ・支払いに使えますが、銀行口座を登録しない場合は売上金をポイントに変換し、ポイントから支払う形になります。メルペイのポイントは、名前とは裏腹に実質はキャッシュの一種ですね。還元もありませんし。

また、⑤自動決済にはメルペイあと払いという独自サービスを使う必要があります。このサービスの利用には300円/月必要なので、割高感があります。

①支払インタフェースiD、QRコード、バーコード
②キャッシュメルペイ残高
③ポイントポイント
④チャージ銀行口座
⑤自動決済メルペイあと払い(手数料300円/月)
⑥キャッシュバックなし

評価

利便性◎:iD対応による利用店舗の多さは魅力的。
還元率×:還元率0%では進んで使う人はいないのでは?
ポイントの使いやすさ△:自動決済が有料であり、常用していない場合使い切るのは面倒。

Origami Pay

極限まで無駄を排した、1つの完成形とも言える決済サービスです。②キャッシュ、③ポイント等はなくすべて⑤自動決済で処理されます。⑥還元は直接支払い額がOFFされる形で行われます。利用可能店舗が少ないのが泣き所。

①支払インタフェースQRコード、バーコード
②キャッシュなし
③ポイントなし
④チャージなし
⑤自動決済銀行口座
クレジットカード
⑥キャッシュバック2%オフ/50円引き

評価

利便性△:ユーザー体験は優れているが、利用可能店舗が少ない。
還元率◎:単体でも高還元で、かつKyash連携も可能。
ポイントの使いやすさ◎:ポイントを廃することで面倒を完全排除。

結論・まとめ

Origami Payは利用可能店舗に、メルペイは還元率に難があるため、やはり利便性の高いSuica、還元率の高い楽天Pay・PayPayがおすすめという結果です。Origami Payの還元やシンプルな使い勝手は非常に魅力的なため、ローソンや対応店舗を使う人なら検討しても良いかもしれません。

利便性還元率ポイントの使いやすさ
楽天Pay
利用店舗多め

3.5% ※1

自動利用+決済
d払い
利用店舗多め

1.5~2% ※2

自動利用+決済
PayPay○ ※4
利用店舗多め

4% ※2

ポイント無
LINE Pay
利用店舗多め

0.5~2%
×
自動決済不可
メルペイ
iD利用店舗多
×
0%

自動決済有料
Origaim Pay
利用店舗少

5% ※1

ポイント無
Kyash
クレカ
同等

3% ※2

ポイント無
Suica
利用店舗多

1.5~3% ※3

チャージ要

※1 Kyash+1%還元のクレジットカードと組み合わせる想定
※2 チャージで1%還元されるクレジットカードと組み合わせる想定
※3 Viewカードチャージによる1.5%還元を含む
※4 Yahoo!カード、もしくは対応銀行口座を保有する前提

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す