LINEスコアで恩恵を受けられるのはどんな人?実際に登録して検証してみた

LINEスコアのサービスがはじまりました。これは、LINEユーザーの属性情報や行動履歴をもとにスコアを算出し、これを使って無担保貸付の審査を行ったり、提携企業に情報提供して割引等の優遇を受けられる、というものです。

今回は実際にLINEスコアを算出し、関連サービスも使ってみて、どういった人が恩恵を受けられそうか、確認してみました。

要約&結論

  • 以下の全ての条件が揃った人でない限り、大した恩恵はない
    • かなりの高属性
    • LINE Payヘビーユーザー
    • 本人確認画像+書類提示に抵抗がない
    • LINE家計簿を定期的に使っても良い
  • 恩恵のある人が今後どれだけ増えるかは、LINE Pocket Moneyの融資条件や、家計簿のデータでどの程度点数が上がるか次第
  • LINE家計簿の出来があまり良くないのがキツイ

スコア算出に使われる情報

利用規約を確認すると、現段階では次のような情報を利用するようです。会話のログ等は使わない、とされています。

  • LINEスコアのQ&Aで収集した属性情報(必須)
  • LINEアプリや関連サービス上での行動履歴
    • 位置情報
    • 機種等の端末情報
    • IPアドレス等のネットワーク情報
    • Cookieの情報
  • LINE Pay本人確認の情報(利用した場合、スコア+20)
  • LINE Payの取引履歴(利用した場合)
  • LINE家計簿の情報(利用した場合、スコア+20)

正直、企業としてのLINEはあまり信用していませんし、提携サービスもほとんど私が使わないものなのでメリットはほとんどないのですが、LINEのサービスをろくに使っていないことからLINEに渡る情報も大したことがなく、失うものも小さいので、試しにやってみました。

LINEスコアのQ&A内容

質問は全部で以下の15問です。かなりベーシックな情報のみで、自己申告ですし裏も取られていないように思います。私の情報も書ける範囲で書いておきます。スコアは記事の後ろの方で公開していますので、参考にしてみてください。

  1. 生年月日
  2. 性別:男
  3. 結婚しているか:既婚
  4. 子供の人数:0人
  5. 住居のタイプ:マンション
  6. 住居を所有しているか:賃貸
  7. 現在の住居への入居時期:10年以上
  8. 同居家族の人数:1人
  9. 勤務形態:会社員
  10. 職種:技術
  11. 業種:IT
  12. いつから勤務しているか:20年程度
  13. 勤務先の従業員数:1,000人以上
  14. 年収:950万程度
  15. 保険証の種別:社保

LINE Pay本人確認

LINE Payの本人確認にはいくつか方法があり、最も簡単なのは銀行口座を登録することだと思いますが、LINEスコアの加算対象になるのは写真と本人確認書類を使ったもののみのようです。これは、銀行口座登録済み状態でも確認&スコア加算をうながすボタンが表示されており、これを進めると写真と本人確認書類の提示を求められたことから判断しました。

LINE家計簿

Moneytreeに近い、LINE製の家計簿サービスです。LINEアプリ上でも使うことができますが、専用のアプリもあります。これは別途専用の記事を書こうと思っていますが、現状の完成度やサービスレベルは高くありません。少し使っただけでも以下の不備があり、まともに使う気は起きませんでした。

  • 楽天銀行が登録できない
    • 追加認証(OTPや秘密の質問等)で2つ以上の項目があるサービスに対応できていない模様
  • SBI証券の外国口座が認識されない

スコア登録の特典

スコア登録で受けられる特典は、次のようなものです。スコアの高さが関係するものと、スコアに関係なく受けられるものがあります。

LINEマイカラーのランクアップ:要高スコア

おそらく多くの人が高スコアを狙う一番の理由がこれだと思います。スコアが626以上でブルーとなり、LINE Payのコード支払時に4%還元となります。

●ポイント付与率
グリーン(スコア726~1,000)
 お支払いのたびに2%還元
 さらにコード支払い時+3%還元
ブルー(スコア626~725)
 お支払いのたびに1%還元
 さらにコード支払い時+3%還元

LINE Pocket Moneyからの融資条件緩和:要高スコア

このサービスはまだ始まっていないので、詳細は不明ですが、無担保融資の上限借入額が増えたり、利子が低くなるものと想定されます。

提携サービスの割引等:登録のみ

LINEスコア提携企業にスコアを提供するかわりに、色んな特典が受けられるというもの。提携企業は以下です。

特典内容は次のようになっています。なんというか、スコアに関係なくもらえるようなので、スコア意味なくない?と思ってしまいます。

〜7月開始の特典

  • DeNA SOMPO Mobility:新規利用者向けクーポン5000円(開始済み)
  • ラクサス・テクノロジーズ:Laxusポイント3000円分(開始済み)
  • LINE Pay:一定以上のスコアでマイカラーがアップ(開始済み)
  • Airbnb:新規利用者向け2000円クーポン(7月開始予定)

今後順次開始予定の特典

  • オイシックス・ラ・大地:Oisix食材セット60%OFF
  • オリエントコーポレーション:オリコ入会特典+1,000オリコポイント進呈
  • クローバーラボ:初月の月額費用20%OFF(最大3,960円OFF)
  • コメ兵:購入5000円以上で1000円OFF、買取5000円以上で1000円UP
  • ストライプインターナショナル:新規会員1か月無料レンタル枠1枠増枠
  • subsclife:初月の月額利用料5000円クーポン
  • DMM.com:DMMいろいろレンタル1000円クーポン
  • LIFULL:LIFULLインテリア2000円クーポン

高スコアは本人確認&関連サービスフル活用が前提

さて、実際にスコアを判定してみたのですが、私の場合はプロフィールに書いたような内容で581点でした。これは、マイスコアのランクアップ1段階目にも届かないスコアです。

属性だけで見れば私はかなり上位と思いますが、それでもこの程度ですから、本格的な優遇は本人確認が前提に思えました。Togetterで診断した人を見ても、上限は私とそう変わりません。

https://togetter.com/li/1370489

上の画像にも写っていますが、かんたん本人確認を実施すると+20点、LINE家計簿連携でさらに+20点が付与されるので、これで621点になります。しかし、これでもブルー昇格(626点)には微妙に届いていません

LINE Payをよく使っている人や、持ち家の人、年収が1500万〜のような人ならブルー昇格まで届くんでしょうか?積極的に関連サービスを使わせ、本人情報を提供させる絶妙なラインを設定してきているな、という印象を持ちました。

LINEスコアに登録すべき?

現状では、以下の条件をほぼ全て満たした人でなければ、スコアに関係のない提携企業の微妙な特典を受けられるだけなので、登録することによる恩恵はほとんどないように思います。

  • 年収、勤務先等の属性が非常に高い
  • LINE Payのヘビーユーザーである
  • LINE Pay本人確認で写真と本人確認書類を提出しても良い
  • LINE 家計簿に定期的に記録をしても良い

LINE Pocket Moneyの利用条件がスコアによってどの程度変わるのかによっては、スコアが普通の人でも利用価値は出てくるかもしれません。また、現状ではLINE家計簿で多くの資産があることを証明してもスコアは一律で20しか上がりません。今後、資産や取引内容によってスコアが上がるようになれば、もう少し恩恵を受けられる人も増えてくると思われます。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す