家計のレポート(2019/7末) – 久々の安らぎ…

トータルでは目標範囲内に収まり、先々月から引き続いて良い家計となりました。どうしたんでしょうね?アラフォーをターゲットにしたミュージシャンたちのライブツアーラッシュが一息ついたのでしょうか。もしそうなら、このまましばらく大人しくしててください、お願いします。

サマリ

トータルは目標を若干下回る額に着地しています。食費が反騰しましたが、これは月末に駆け込みでファミペイチャージしたためです。。

※単月    :当月支出の目標金額との乖離率
※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率

費目目標今月一年平均
トータル35万-6.96%+14.65%
 1. 食費日用品8.5万+2.89%-4.83%
 2. 水道・光熱費2.5万-2.88%-1.89%
 3. 交際費2万-12.75%+48.18%
 4. 衣服・美容費1.5万+105.41%+68.15%
 5. 趣味・娯楽費1.5万-11.27%+125.48%
 6. 交通費0.5万-59.42%-23.53%

当月支出÷目標支出額

当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。先程の表を図で表したものです。

衣服美容を除き、かなりバランス良く収まりました。衣服美容も、奥さんが長年使ったリュックが破損したことによる買い替えによるものです。

過去一年平均支出÷目標支出額

過去一年平均だとこうなります。引き続き三大問題児の存在感は抜群です。ちょっとやそっとで正常に収まるはずのない水準で突出しています。

年末あたりに、譲れない支出がどこなのかも含めて話し合い、目標金額を調整しようと思っています。あくまでトータル金額が収まれば、ですが。

収支全体の状況

ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。薄い実線が線形回帰のトレンドライン、薄い点線が過去1年の移動平均線です。

配当が多く、支出もそれなりに収まったため、収支はかなりの高水準となりました。収入の70%強が貯蓄・投資にまわっています。

支出の状況

支出全体の推移とトレンドです。

目標:35万円

昨月から多少反騰はしたものの、目立った支出もなく低位に抑えることができました。

全費目の状況

今月の費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じになります。

住宅費の比率が高い、良い月です。食費が若干高いのは後述します。

主要な費目の状況

私の場合、固定費はあらかた削減しきってしまったので、変動費のうち割合の大きな次の7つを主要な費目と位置づけ、確認・分析しています。

  1. 食費
  2. 日用品費
  3. 水道・光熱費
  4. 交際費
  5. 衣服・美容費
  6. 趣味・娯楽費
  7. 交通費

ここのところ続いていた突発的な支出が、若干落ち着いてきたように見えます。

食費&日用品費

食費目標  :7万円
日用品費目標:1万5,000円

食費と日用品費はネット通販で混ざって買っていることが多く、正確に分離するのが面倒な上、分離に大した意味もないので、合算して判断しています。
今月は食費が反騰したのですが、これは私が還元目的でファミペイチャージに2万円突っ込んだ上、まったく使っていないからです…。

赤が奥さん、青が私です。初めて負けたかも?まぁ、本来はダブルスコアで私の方が低い感じですが…ファミペイを覗いても1.7万円と、私にしては食費が多い月でした。

水道・光熱費

水道、電気、ガス料金です。
目標:2万5,000円

今月は水道料金がある月です。今年は冷夏だったため、光熱費が減るかと期待したんですが、残念ながら昨年より1%程度増えてしまいました。使用量も、ガスは減りましたがなぜか電気は2%程度上がっていました…なぜだ…。

交際費

会社、友人、家族、親戚等との会食や、それに付随する交通費等です。帰省も入っています。
目標:2万円

今月は飲み会が少なく、下がりました。よくわからないプレゼント代で1万ぐらい使ってたのが謎ですが…。トレンドはずっと横這いです。

衣服・美容費

理髪、衣服、小物、美容院等の費用です。
目標:1万5,000円

本人曰く、20年使ったリュックの買い替えなのでしょうがないとします。

趣味・娯楽費

ゲーム、漫画、映画、音楽、ライブイベント等に対する支出です。
目標:1万円

久々にライブチケットの新規購入がなく、ほっとしています。まぁ、過去平均は下がってないんですが。

交通費

突発的に発生する通勤ルート外への電車移動、タクシーによる移動が主な対象です。金額的にはほとんどが奥さんのタクシー代。
目標:5,000円

平常運転に戻りました。

先月に引き続きトータルで支出を抑えることができました。費目別に見ても、特に目立ったものはありません。なるべくこの形を保ちたいところです。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す