財布での金持ち診断はお腹いっぱい

財布の種類や価格、使い方で金持ちの資質を計るといった類の記事は定期的に上がってきますが、怪しいことこの上ないです。

財布で判定! 夫婦のビンボー性診断:プレジデントオンライン

財布の整理のされ方から支出の管理度合いを判定する部分は納得できますが、お金を貯めるなら長財布がいい、なぜならお金持ちは長財布を使っているから、って・・・お金持ちが豪邸に住んでいるから、お金を貯めるなら豪邸に住んだほうがいい、という主張と同レベルじゃないですかね。関連があったとしてもそれは因果関係ではなく、相関関係にすぎないのではないでしょうか。いずれにせよ、統計的な裏付けもなく語ることではないでしょう。

また、財布の値段の200倍が将来の年収なんて話もまことしやかに語られていますが、なら1000円の財布を使っている人の年収は20万円ですか?むしろ、こうした話を信じて高い財布を買う人の方が、よほど支出を管理する能力が欠落しているように感じます。

上記の記事の前半部分で登場する山口氏は、

「お金持ちは緑の財布や長財布を使うという説もあります。でも、私は形状や色は関係ないと思います」。

とした上で、財布を小さくシンプルに保つことを勧めており、共感できる内容です。しかし、後半で出てくる亀田氏は、部分的に共感できる場所はあるものの、

お金づきあいは人づきあいと同じで、稼ぐ社長ほどお金を大切に扱います。たとえば、お釣りをもらったら無造作にポケットに放り込んだりせず、小銭入れに移しますし、道に落ちている1円玉を拾う人も多いですよ。そう考えると、お札にとって心地よい形にできているのが長財布です。新札の状態で入ってきたらそのままの形を維持することができ、むやみに折り曲げられる危険もありません。だからお金を大切に扱う人は、長財布を持っていることが多いのです

と何かの宗教のような気配を感じて若干おそろしいです。お金を大切に思うこととは大事かもしれませんが、それと”お札にとって心地よい状態にすること”の間には、大きな隔たりがあります。お金は人間が管理し、適切なやり方で使役すべき対象であって、お札にとって心地よい空間を人間がコストをかけてしつらえるといった特別な対象でもなければ、崇拝する対象でもありません。

お金を適切に管理するための考え方には人それぞれのものがあってしかるべきだと思いますし、こうした考え方も一部の人にとっては有用なのかもしれませんが、お金を過度に特別視する態度は、お金の適切な管理や使役からむしろ遠ざかるものだと思います。

なにより生活スタイルとあっているかが重要

私の場合、高額な長財布も頂きものとして持ってはいますが、生活スタイルにまったく合わなかったので、すぐに使うのをやめてしまいました。私の職場ではカバンやコートが持ち込みできないことも多く、財布は素のまま持ち歩く必要があります。また、自席に施錠可能な引き出しがない場合もあり、打ち合わせで頻繁に席を外すので、財布は持ち歩かざるを得ません。こういう状況だとどうしても財布は傷みやすくなるので、高額で持ち運びづらい長財布ではなく、安くて持ち運びやすい財布を消耗品として長年使うようにしてきました。こうした財布はせいぜい1,000円程度の2つ折り財布ですが、年収は20万円(財布の値段の200倍)の30倍以上はありますし、資産もそれなりにあります。

亀田氏も一応最後に触れていますが、大事なのはお金を大事にすることではなく、お金を管理する行動習慣を作ること。そして、自分の生活スタイルや性格にあった方法を見つけ出すこと。形から入るタイプだと自覚していれば、管理しやすい財布を買うところから入るのもなしではありませんが、それも自分の生活スタイルに合った財布でないと使いづらくなってやめてしまうのが関の山です。いずれにせよ、高額な財布は必要ありません。

私の財布と生活スタイル

今の私の財布は、ネットで大流行?しているAbrasusの薄い財布です。今ほど流行する前、3年ぐらい前に独特の機能性とデザインが気に入って購入し、以降使い続けています。少し普通の財布とは違いますが、慣れるとシンプルで使いやすく、薄くてスーツのポケットに入れても邪魔になりません。

IMG_2108

革の質感もよく、見た目もお気に入りです。お札はせいぜい十数枚しか入らず、カードも5枚程度、小銭も10枚程度しか入りませんが、この制約を守ろうとすると自然に(お金が管理されているという意味での)良い財布に近づいていきます。たとえば、今私の財布に入っているのは次のもので全部です。

  • 1~4万円の現金
  • 運転免許証
  • nanaco
  • 小遣い専用口座のキャッシュカード
  • 生活用クレジットカード
  • コーポレートカード
  • 小銭

IMG_2109

現金は必要な分しか持ち歩いておらず、1万円を切ったら都度自分の小遣い専用の口座から3万円(3万円以上なら手数料無料の銀行なので)引き出すようにしています。

保険証や診察券等の比較的よく使うカードは、家のデスク上に置いてある小さな収納にスタックされており、必要な時はすぐに手にして出かけられるようにしています。その他の利用頻度の低いカードは、すべてカードホルダーに収納して本棚にしまってあります。

レシートは基本的には受け取らず、小遣い範囲内の支出は月末に利用額を計算(MoneyForward上での私の財布の額と、現実の財布の中身を比較すればわかる)し、一括で食費として計上しています。こうするとレシートが増殖することもなければ、計算の手間もほぼ必要ありません。小遣い範囲外の支出はなるべく生活用のクレジットカードで支払うので、すべて明細に残り、こちらもMoneyForwardに自動的に取り込まれます。

自分にあったやり方を考える

薄い財布とMoneyForwardの宣伝みたいになってきましたが、あくまで私に合った財布やサービスがこれらだった、というだけで、適切な財布やサービスは人によって異なります。生活の都合上持ち歩くカード類を減らせない人や、細かく家計管理するためにレシートはすべて集めたい人には薄い財布はまったく向かないと思います。いずれにせよ、宗教じみた考え方にとびついて高い財布を買うのではなく、自分の生活スタイルや性格、やりたいことに合致したものを選ぶのが長続きのコツです。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す