投資本の雑な感想:追われる国の経済学

これまでのマクロ経済学が前提としていたのは経済状況の半分に過ぎず、現在数多く発生している状況を理解するには「マクロ経済学の残り半分」が必要、という趣旨の本です。この「残り半分」はいかにして、どういう条件で発生し、それが現 … 続きを読む 投資本の雑な感想:追われる国の経済学