投資本の雑な感想:インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?

追われる国の経済学でも述べている、需要がない状態での金融緩和の限界を、日銀実務経験者の立場から早々に述べている本。2013年刊行なので、政権交代でいわゆるアベノミクスが始まってまだそんなに経っていない頃です。

目次は以下のようになっており、Q&A形式ですすんでいきます。

疑問1 日銀がお札を刷れば財布の中の1万円札は増える?
疑問2 問題はデフレで、その克服のためにインフレを目標にする?
疑問3 日銀が国債を引き受けるとハイパーインフレになる?
疑問4 円安誘導のインフレで日本経済は復活できる?
疑問5 インフレターゲットを採用すればインフレになる?
疑問6 日本国債は日本人が保有しているから売られない?
特別付録 現役ストラテジストが顧客にしか教えない為替の構造要因と見通し

正直なところ、追われる国の経済学の方が経済を捉える枠組みとしてはしっかりしており、あちらを先に読んでしまうとこの本で得られる真新しい知見というのはあまり多くはありませんでした。

疑問形で書かれていることからもなんとなく想像はつくと思いますが、すべて幻想だということになります。このあたり、追われる国の経済学の方が綺麗にまとまっており、またこうした現象が日本固有のものでもないことが他国のデータで示されており、包括的な知識を得やすいと思います。

こちらの本の良いところは、日本の例に絞ってコンパクトに説明してあり、身近でよりわかりやすいところでしょうか。ページ数も少なく、すぐに読み切ることもできます。好みに応じて選ぶと良いと思います。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

コメントを残す