株の売却や配当にかかる税金の増加は早期リタイアにどう影響する?

金融関連資産の譲渡益や配当益に対する税率が20%から25%になるのでは、と噂されている。

株高の裏で、「金融所得」増税が浮上している:東洋経済オンライン

私は配当を主な収入源とした早期リタイアを目指しているが、仮に税率が20%から25%に上がった場合、手取り収入は6.25%減ることになる。月額30万円だったものが28万程度まで下がるので、結構影響が大きい。

貯蓄から投資へ、しかし格差是正のためには増税

この増税は、平成31年に導入される消費税の軽減税率に関する財源を確保するため、と報道されているが、これまで政府が掲げてきた「貯蓄から投資へ」の方針とそぐわないように感じる。その方針は現在も変わってはいないはずだが、近年はどちらかといえばiDeCoやNISA等のインデックス投信長期積立の優遇へとシフトしてきた感があり、実際、譲渡益・配当益に対する軽減税率も2013年には終了しているので、譲渡益や配当益に対する税率も今後はもはや聖域とは言えないのだろう。 “株の売却や配当にかかる税金の増加は早期リタイアにどう影響する?” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

株の利益申告漏れ、忘れた頃に突然やってくる税務調査で何が起きるのか:後編

前回は、連絡依頼票での事前通知から調査に向けた書類の準備までお話しました。

株の利益申告漏れ、忘れた頃に突然やってくる税務調査で何が起きるのか:前編

今回は、税務調査当日の様子と、事後対応(4~8)についてお話します。

  1. 連絡依頼票による事前通知
  2. 電話による調査日程の調整
  3. 調査に向けた書類等の準備
  4. 税務調査
  5. 不足書類等の準備と送付
  6. 調査結果の通知
  7. 確定申告書類の確認
  8. 税金の納付
    1. 無申告分:国税
    2. 無申告加算税・延滞税:国税
    3. 地方税

税務調査

いよいよ税務署員が自宅にやってきました。 “株の利益申告漏れ、忘れた頃に突然やってくる税務調査で何が起きるのか:後編” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

株の利益申告漏れ、忘れた頃に突然やってくる税務調査で何が起きるのか:前編

実は最近、はじめて税務調査を受けまして、過去の譲渡益の一部が未納であることがわかりました。

特定口座を開設した時点では、どこからか源泉徴収なしが得だという情報を見て、税制や納税方法についてよく理解しないまま源泉徴収なしで開設していました。開設から数年間は取引ゼロだったのですが、その後本格的に銘柄を買い始めるとともに源泉徴収ありに切り替えています。しかし、切り替え前の期間にも申告が必要な取引があり、そこが未納となっていました。

いやぁ、ダサすぎですね・・・。連絡が来た時点である程度裏は取られていると聞きますし、納税を逃れる気もなかったので、税務調査に対しては素直に全面協力しました。結果として、追加納付が必要な額は(延滞税を含め)累積利益額の2%程度と比較的軽微でした。

みなさんがこんなマヌケなことをするとは到底思えませんが、私の経験を記録しておくことで、忘れるとどんなことが起こるのか、お伝えしようと思います。もし同様に突然連絡依頼票が来てうろたえている方がいらっしゃるなら、今後起こることを知って落ち着いていただければとも思います。

税務調査から納付までの流れはおおよそ次のようになります。

  1. 連絡依頼票による事前通知
  2. 電話による調査日程の調整
  3. 調査に向けた書類等の準備
  4. 税務調査
  5. 不足書類等の準備と送付
  6. 調査結果の通知
  7. 確定申告書類の確認
  8. 税金の納付
    1. 無申告分:国税
    2. 無申告加算税・延滞税:国税
    3. 地方税

今回は前編として、1から3までについてお話します。 “株の利益申告漏れ、忘れた頃に突然やってくる税務調査で何が起きるのか:前編” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ