不況時にJ-REITの分配金はどうなるのか

最近Twitterで、配当収入の基盤をREITから通信銘柄に移すことにした、という記事が流れてきました。私は現状、配当(分配)全体に占めるREIT分配金の割合がかなり高いことから、不況時の安定性がどの程度か気になってきたので、事務所系・住居系の代表的なREITに関してリーマンショック前後の状況を調べてみることにしました。

“不況時にJ-REITの分配金はどうなるのか” の続きを読む

投資本の雑な感想:ウォール街のランダム・ウォーカー/バートン・マルキール

書棚

某梅屋敷の人も大好きな、投資本の鉄板と言える「ウォール街のランダム・ウォーカー」。一年ぐらい前に図書館で予約していたようですが、それ自体すっかり忘れていました。今週突然「ご用意できました」と通知が届いたので、取りに行って読んでみました。読むのは実ははじめてです。

“投資本の雑な感想:ウォール街のランダム・ウォーカー/バートン・マルキール” の続きを読む

我がチームにトーセイ・リート投資法人が加入

MCUBS Midcity投資法人の売却で配当のベースが減ったので、試しにトーセイ・リート投資法人を100万円分ほど買ってみました。REITとしては正直ぱっとしないとこだらけなんですが、全REITでほぼ最高の5.5%近い利回りが魅力。

“我がチームにトーセイ・リート投資法人が加入” の続きを読む

MCUBS MidCity投資法人を+40%で売却

REIT売買基準で記載した基準に従って、MCUBS Midcity投資法人を売却しました。購入は2015年9月10日、276,800円。売却は2016年5月24日、391,500円。

売却時点での想定利回りは3.51%、売却益は41.4%なので、REIT売買基準に書いていた以下のルールどおりです。

想定利回り:3.7%で売却検討、3.5%になったら売却
売却益:40%を超えたら売却検討、42%になったら売却

20160523midcity

これで配当のベースが少し減ってしまったので、高配当な良い銘柄があれば補充したいところです。

グロソブの再来?高分配海外REIT投信

ちかごろ日本では海外REITを対象とした投信の人気が過熱しているようで、次のような記事がでていました。マイナス金利で危機感を抱いた方々が高配当につられて毎月分配型の投信を買っているようですね。

“グロソブの再来?高分配海外REIT投信” の続きを読む

J-REITの売買タイミング判断基準

昨日の4/27、保有銘柄の一つであるMCUBS Midcity投資法人が大きく値上がりして含み益が38%程度になり、売却を考える基準に達していました。仕事で忙しく時間が過ぎていく間に急落し、現在31%程度にまで下落したのでまた放置ですが、すごい変動ですね。今回は、私がREITの売買タイミングを判断するために使っている単純なルールを紹介します。

“J-REITの売買タイミング判断基準” の続きを読む