投資本の雑な感想:米中戦争前夜

Financial Pointerの以下の記事に触発されて読んでみました。原題は「Destined for War」だそうです。

レイ・ダリオ:今読むべき2冊、聴くべき2話

この本は、歴史上繰り返し表れる「トゥキディデスの罠」というパターンが戦争を引き起こしており、米中関係もこれに当てはまる、と述べています。ちなみにトゥキディデスは、古代ギリシャの覇権都市国家スパルタと、新興都市国家アテネが起こしたペロポネソス戦争について、つぶさな記録と考察を残した歴史学の父だそうです。世界史で習ったような。

トゥキディデスの罠

トゥキディデスの罠は、覇権国家が新興国の台頭により既存の秩序を脅かされ、不安を感じることによりはじまります。新興国は急速に力をつけた結果、自然と力に見合う発言権と敬意を求めるようになり、それまでの覇権国家は既存の秩序を維持しようとすることで軋轢が生まれ、最終的に戦争に至るわけです。

その程度の軋轢で戦争に?とも思いますが、歴史上これに該当する多くの状況でも、それぞれの当事者国が同じように感じていたことが描かれています。しかしながら、国民からの突き上げや同盟国に対するメンツ、一度引くと既存の秩序が崩壊するかもしれない恐怖、また躍進の機会が永久に失われてしまうかもしれないという恐怖から、ここで引くなら戦争した方がましだという考えに至ります。そして、一度戦争がはじまってしまうと何もかもコントロールできなくなって大惨劇に至るのです。

トゥキディデスの罠が示す覇権国と新興国の軋轢は歴史上16件確認されており、そのうち12件(75%!)で戦争に発展しました。 “投資本の雑な感想:米中戦争前夜” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

家計の状況(2018/10末) – またしても噴火!もはや支出が減ることはないのか…

今月はほとんどの費目が増加しました。コメントも半ばヤケクソ的な感じになっております。それでは一応見ていきましょう…。

※薄い線 :線形回帰のトレンドライン
※薄い点線:12ヶ月移動平均線

収支全体の状況

先月よりやや配当が増え、収入が底上げされました。しかし支出は大きく増加し、収入に占める支出の比率は50%程度まで上がってしまいました。収支の過去12ヶ月平均値も先月より下がっています。収入は少しずつ増えているはずなんですが、なかなか改善しませんね。 “家計の状況(2018/10末) – またしても噴火!もはや支出が減ることはないのか…” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

投資本の雑な感想:史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力

バフェットが永続的優位性を持つ企業を選び出す際には、財務諸表のどこを見ているのか、58のルールでわかりやすく説明した本です。思ったよりもかなり薄く、読むだけならすぐ終わりました。

永続的優位性は財務諸表のどこに表れるのか

永続的優位性のヒントとなる項目をざっくりサマってメモしておきます。

ちなみに、この本ではあくまで永続的優位性を持つ企業を見つけ出すことを目的としているため、常に「企業が何かしらの永続的優位性を持っているとしたら、それは財務諸表のどこにどのような形で表れるか?」という観点で財務諸表を確認しています。それ以外の目的で分析したい人は別の本を読んだほうが良いと思います。 “投資本の雑な感想:史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

現在の資産状況(2018/10末)- 暴落!そして変調の兆し

昨月末の高値から一転、年初来安値まで一気に下げる展開に。米株は軟調、特にハイテクセクターの崩れが目立ち、ディフェンシブ銘柄への資金移動も見られました。日本株の下げも大きく、特に新興は大きく崩れています。月末にはやや戻しているものの、また一本調子の上げに戻るとは考えづらくなってきました。年末くらいまでは走るかと思っていましたが、予想よりだいぶ早く、本格的な下落の気配が濃くなってきています。

総資産推移(生活防衛資金除く)

資産合計 :83,278,281円(-2,069,797円
リスク資産:55,667,278円(-2,891,921円

単月としては、年初の下落を超える大きな下げとなりました。それでもまだ計画値よりは上振れしていますが、これまでの上振れ余力の半分程度を吐き出しています。これが数ヶ月続くとだいぶ厳しくなってきます。

“現在の資産状況(2018/10末)- 暴落!そして変調の兆し” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

myThingsがサービス終了…Zaimの魅力が減ってしまった

三大資産管理サービスと勝手に銘打った、MoneyForward、Moneytree、Zaimの御三家。以前、以下のように比較記事を書いています。

3大家計管理サービスMoneyForward、Moneytree、Zaimを無料で使った場合の機能比較

この記事の評価観点の中に、通知・外部連携というものがあり、通知の詳細なカスタマイズが出来るか、外部サービスとの連携が豊富か、といった観点で評価していました。

3つのサービスの中で、Zaimは唯一 IFTTT ライク(Webサービス同士を相互に連携できるハブのようなサービス)なサービス「myThings」と連携できます。これは、個人的にはかなり評価が高かったんです。

IFTTT ライクサービスに対応するとカスタマイズ性が飛躍的に高まり、支出が新規に発生した際に自動的に他のサービスを起動する、といったことが容易に実現できます。myThings は国産の比較的貧弱なサービスですが、連携先サービスの拡充次第では無限の可能性がありました。

ところがこのmyThings、2019年1月末でサービス終了とのお知らせ…。デファクトスタンダードになった感のある IFTTT には勝てなかったんでしょうね。IFTTT に対応している国産サービスはほとんどないため(どちらかというとIFTTTから相手にされてない?)、国産色の強い資産管理サービスが IFTTT ライクなサービスと連携できる道はかなり望み薄になってしまいました。非常に残念です。

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

IFTTTのアプレットがGoogleドライブ/スプレッドシートとの接続に失敗する場合の対処法

IFTTTは、さまざまなデバイスやWebサービスを相互に連携させることができる人気のサービスです。IF トリガー THEN アクションの形式でルールを記載することで、トリガーが発生したらアクションを実行してくれます。

トリガーとアクションで使えるデバイスやサービスは非常に多岐にわたり、またシンプルで使いやすいため、Google HomeやAmazon Echo の普及に伴って一気に人気が高まってきました。私も数年前から愛用しており、スマートエアコンを自作したりしていました。

冬場の長期外出時に、寒さに弱い観葉植物を守る仕組み(前編)

“IFTTTのアプレットがGoogleドライブ/スプレッドシートとの接続に失敗する場合の対処法” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

【追加検証】S&P500にいくら投資すれば一生安泰なのか

 

以前、「S&P500に5,000万円投資すれば一生(40年間)安泰だ!」というTwitterのネタを発端に、以下の検証記事を書きました。

5000万円をS&P500に投資すれば一生暮らしていけるのか?

結果、1970年代の円高、高インフレ、株式不調のトリプルショックにより、ほぼすべてのケースで破産するという非常に厳しい結果が得られました。じゃあ、いったいいくらあればすべてのケースで破産せずに済んだんだよ!という疑問もあると思いますので、今回はその点を追加で検証してみました。 “【追加検証】S&P500にいくら投資すれば一生安泰なのか” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

投資本の雑な感想:テンプルトン卿の流儀

テンプルトン卿ことジョン・テンプルトンは、有名な格言の数々を残した伝説的なバリュー投資家。本書「テンプルトン卿の流儀」では、テンプルトン卿の投資人生を通じ、バーゲンハンターとしての投資スタイルが描き出されています。ちなみに著者であるローレン・C・テンプルトンはジョン・テンプルトンの大姪であり、彼女から見たテンプルトン卿として描かれています。

あまりに有名な格言の数々

テンプルトン卿の残した格言の数々はあまりに有名であり、投資についてある程度調べたことがある人なら、聞いたことあるものが多いと思います。例えば… “投資本の雑な感想:テンプルトン卿の流儀” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

家計の状況(2018/9末) – 食費が増加傾向…食費は家庭内でダブルスコア

今月は、トータルで見るとそこそこの水準に収まりましたが、食費が二ヶ月連続で増加し、再び8万を伺う水準まで来てしまいました。全体的に支出が高止まりしており、頭が痛いです。

※薄い線 :線形回帰のトレンドライン
※薄い点線:12ヶ月移動平均線

収支全体の状況

今月の配当収入は先月よりさらに少なく、収入は先月から減っています。反面支出は増加したため、収支としてはかなり下がりました。トータルの収支トレンドはまだ微増ですが、この調子だとトレンドも変わりそうな気配。 “家計の状況(2018/9末) – 食費が増加傾向…食費は家庭内でダブルスコア” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

我が家のお金管理方法 ver1.3 – キャッシュレスな世界へ

久しぶりに我が家の資金管理方法をアップデートしました。今回のアップデートの主な目的は、個人用資金の分別管理化とキャッシュレス化の実現です。

これまでの資金管理方法

これまでの資金管理は、以下のように実施していました。

古くから振り込み&ATM利用手数料が無料の新生銀行を中心的な銀行とし、そこから用途に応じて資金を振り分けていくような形ですね。 “我が家のお金管理方法 ver1.3 – キャッシュレスな世界へ” の続きを読む

類似ブログのランキング&応援はこちら

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ