投稿

家計のレポート:2020/10末 - 新常態

イメージ
今月も在宅開始後の低い支出水準を概ね維持できました。在宅ベースだとこれが新常態と考えてよさそうです。あとはライブが再開されないことを祈るのみ…自宅ストリーミングイベントが定着しますように。。 オーバービュー トータルは引き続き目標を大きく下回り、過去一年平均も継続的に下がっています。特に問題らしい問題は見当たりません。 ※単月    :当月支出の目標金額との乖離率 ※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率 費目 予算 今月 過去一年平均 トータル 350,000 70.51% 89.66% 食費+日用品費 80,000 70.86% 82.27% 水道・光熱費 25,000 66.77% 92.12% 交際費 15,000 30.50% 118.72% 衣服・美容費 20,000 43.84% 82.88% 趣味・娯楽費 15,000 58.85% 131.22% 交通費 5,000 8.82% 17.82% 当月支出÷目標支出額 当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。先程の表を図で表したものです。 ここで見ている限りは大きな問題は見当たりませんね。 過去一年平均支出÷目標支出額 過去一年平均だとこうなります。 趣味娯楽がさらに減ったことで150%ラインが消滅 しました。この調子でがんばれ! 一般世帯との比較:過去1年平均 家計調査における二人以上勤労世帯と、我が家の支出(過去一年平均)との比較です。 昨年のとんでもない支出が計算対象から外れ、衣服・美容も平均以下になりました。これで自己投資系支出は平均以下に収まり、 省力化設備投資の副作用である水道・光熱費のみ平均を上回るという当初想定していた形 に戻ってきました。 収支全体の状況 ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。濃い線が過去1年の移動平均線、薄い線が各月の実数値です。 収入は横ばい、支出の低下で収支は漸増という状況が継続しています。 収入の状況 収入内訳の比率は以下のように推移しています。相変わらずほぼ給与です。 支出の状況 支出全体の推移とトレンドです。 目標:35万円 在宅ワーク効果による減少傾向はまだ続いています。 全費目の状況 今月の費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じになります。 特に問題はなさそうです。住宅費が多すぎるというぐらいですかね。。 主要

資産状況のレポート:2020/10末 − 嵐を前に

イメージ
米株は上旬に大きく値を上げましたがその後は大きく下落し、大統領選を控えた月末にはさらに値を下げる展開となりました。日本株はおおよそ横ばいでしたが、月末付近の欧州ロックダウン報道を機にコロナ銘柄と直撃銘柄の浮沈が大きく入れ替わっています。 欧米ではコロナ影響がさらに悪化し、各地で再度のロックダウンがはじまりました。小康状態を保つ東アジアとは対照的な状況ですね。米株は大統領選を控えたことも重なり、月末は神経質な動きを繰り返しました。 総資産推移(生活防衛資金等除く) 資産合計 :102,429,461円( -511,533 円 ) リスク資産:93,150,870円( -836 ,866円 ) 月末にかけて順調に大きく上げていたものの、下旬に欧州での状況悪化が伝わると一転国内の陸空運を中心に急速に下落し、結果としては先月比マイナスになりました。月末の数日で5%程度、500万程度のマイナスに。 投資の概況 投資元本:67,200,000円( +300,000円 ) 評価額 :95,115,592円( -949 ,894円 ) 先月に引き続き、妻の投資資金確保のための定期資金振替以外に資金投入はありません。 リターン(2011-/配当込み) 値 前月比 総利益率 (利益÷投下資本) +41.54% -2.06% 総利益額 +27,915,592円 -1,249,894円 過去1年利益率 -4.37% -1.87% 年初来利益率 -9.21% -1.29% 利益はやや減少。その後また急速に戻して前月を超えてはいるのですが、大統領選もあり日々上下動が非常に大きいです。 個別資産の状況 月内の上下動は激しかったものの、結局は全資産微減といったところ。個別では、コロナ直撃系銘柄の下落を、良品計画やKDDIが相殺した形でした。 種別 資産名 評価額 預金 銀行預金 9,278,591 国内債券 個人向け国債変動10年 0 無リスク資産合計 9,278,591 資産クラス 銘柄 数量 取得単価 現在値 損益額 損益率 評価額 国内REIT スターツPR 27 150,526 198,900 1,306,098 32.14% 5,370,300 ケネディレジ 5 103,107 170,700 337,965 65.56% 853,500 インベスコオフィス 120 12,334 12,