投稿

家計のレポート:2021/2末 - 臨時支出

イメージ
今月はしばらく前から予定されていた臨時支出があったため、支出は大きく膨らみました。とはいえ、基本的な支出水準は低いままなので、収入で対応できる範囲内にとどまっています。 オーバービュー トータルは久々に目標ラインを上回りました。原因となったのは医療費で、これは監視対象の費目ではありません。監視対象で予算をオーバーした費目についてもそれぞれ正当な理由があるため、家計としては特に問題はなさそうです。 ※単月    :当月支出の目標金額との乖離率 ※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率 費目 予算 今月 過去一年平均 トータル 350,000 120.82% 84.96% 食費+日用品費 80,000 33.01% 70.64% 水道・光熱費 25,000 101.98% 90.92% 交際費 15,000 21.20% 53.11% 衣服・美容費 20,000 143.55% 71.31% 趣味・娯楽費 15,000 49.07% 70.35% 交通費 5,000 60.00% 10.70% 当月支出÷目標支出額 当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。先程の表を図で表したものです。 衣服美容と水道光熱が目立ちます。衣服美容は3ヶ月に1度の美容院、水道光熱は寒さのピークによるものですね。 過去一年平均支出÷目標支出額 過去一年平均だとこうなります。 すべて予算内に収まっています。まぁこれも在宅がどこまで続くかによるわけですが… 一般世帯との比較:過去1年平均 家計調査における二人以上勤労世帯と、我が家の支出(過去一年平均)との比較です。 引き続き自己投資・消費系支出は平均以下に収まり、 省力化設備投資の副作用である水道・光熱費のみ平均を上回るという当初想定していた形 を維持できています。交際費と趣味娯楽費はコロナの影響が大きいです。 収支全体の状況 ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。濃い線が過去1年の移動平均線、薄い線が各月の実数値です。 収入は横ばい、支出の低下で収支は漸増という状況が概ね継続しています。 収入の状況 収入内訳の比率は以下のように推移しています。今月は配当が非常に少なく、副業等による臨時収入がやや多めです。 支出の状況 支出全体の推移とトレンドです。 目標:35万円 臨時支出によって跳ね上がっていますが

資産状況のレポート:2021/2末 - さらに上昇

イメージ
規模を大きくして先月をリプレイしたような一ヶ月でした。後半まで日本株がとにかく強く、月末には大きく下げたものの、やはりSP500をアウトパフォームしています。 新型コロナ関連で見ると、ワクチンの接種開始でアフターコロナを大きく折り込みに行き、さらにその先、インフレ率と実質金利にまで関心が移っています。しかしそこまでスムーズに経済が再始動するのか、私にはいまいち確信が持てていません。ワクチン接種のスケジュールは依然不透明ですし、国内需要はともかく海外渡航が必要な業種は苦しい状況が続くと思うのですが…。 総資産推移(生活防衛資金等除く) 金額 増減額 増減率 総資産 127,209,369 +9,535,095 +7.50% リスク資産 110,682,603 +3,323,989 +3.00% 無リスク資産 16,526,766 +6,211,106 +37.58% ※ 生活防衛資金、確定拠出年金、財形、退職積立金等除く 先月に引き続き、よくわからないうちにお金がたくさん増えました。給与副業等(-生活費等)で80万、配当で5万、評価増で840万程度増えています。 さらに上振れしてきました。月末の急落がどこまでいくのか注目です。 投資の概況 金額 増減額 増減率 投資元本 68,400,000 +300,000 +0.44% 評価額 117,341,839 +8,711,483 +7.42% 先月に引き続き、妻の投資資金確保のための定期資金振替以外に資金投入はありません。評価額は大きく上昇しました。 リターン(2011-/配当込み) 数値 増減 総利益率 71.55% +12.04% 総利益額 48,941,839 +8,411,483 過去1年利益率 24.63% +19.68% 年初来利益率 11.25% +7.99% 前月比利益率 7.74% +4.48% 利益額は過去最高を更新しています。近年大きく資本投下したことで低下していた総利益率も、そこそこの水準まで戻ってきました。 個別資産の状況 とにかく全部上がりましたみたいな月でした。特にコロナ後不調だったREITがここに来て大きく上げています。 種別 資産名 評価額 預金 銀行預金 16,526,766 国内債券 個人向け国債変動10年 0 無リスク資産合計 16,526,766 資産クラス 銘柄 数量 取得単価