投稿

家計のレポート:2021/4末 - 男の戦い

イメージ
先月までは医療費を中心に已むを得ない費目を中心に支出を押し上げていましたが、 今月はついにコロナ前に家計を悩ませていた費目たちが息を吹き返して きました。緊急事態宣言明けにミュージシャン・ライブイベントが殺到し、妻もそれに雄々しく応じたこと、去年に引き続き、高齢の義父と合流し、堂々と祖父母の実家に凱旋したことによるものです。 ついに…始まってしまったのかもしれません。 オーバービュー トータルは予算以下ではあるものの、過去平均よりは高水準です。また、祖父母実家への帰省に伴う交際費、ライブチケット購入に伴う趣味娯楽費が突出しています。 ※単月    :当月支出の目標金額との乖離率 ※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率 費目 予算 今月 過去一年平均 トータル 350,000 90.39% 84.77% 食費+日用品費 80,000 66.41% 65.86% 水道・光熱費 25,000 69.53% 90.30% 交際費 15,000 245.33% 65.77% 衣服・美容費 20,000 45.93% 67.05% 趣味・娯楽費 15,000 280.92% 86.65% 交通費 5,000 42.44% 13.22% シンクロ率280%を超えています!!! 当月支出÷目標支出額 当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。先程の表を図で表したものです。 懐かしい形ですね…1年半くらい前は常にこの形に悩まされていました。コロナで落ち着いていたのですが… 過去一年平均支出÷目標支出額 過去一年平均だとこうなります。 再び100%を突破するのは時間の問題か…? 一般世帯との比較:過去1年平均 家計調査における二人以上勤労世帯と、我が家の支出(過去一年平均)との比較です。 引き続き自己投資・消費系支出は平均以下に収まり、 省力化設備投資の副作用である水道・光熱費のみ平均を上回るという当初想定していた形 を維持できています。 収支全体の状況 ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。濃い線が過去1年の移動平均線、薄い線が各月の実数値です。 臨時収入により収支が改善し、おおよそ横ばい傾向になっています。 収入の状況 収入内訳の比率は以下のように推移しています。今月は平均的な比率です。 支出の状況 支出全体の推移とトレンドです。 目標:

資産状況のレポート:2021/4末 - 封鎖中

イメージ
新型コロナの再拡大を受けてか、日本株は軟調な一ヶ月となりました。反面SP500はアメリカの経済再開を好感してか堅調で、日本株との差を大きく開けた形です。 4月の社会状況は3月時点で予想したものと概ね同じでしたが、大阪の状況と緊急事態宣言での東京都の措置は予想を若干上回るものでした。GW明け以降、ワクチンは潤沢に届くようなので、次は接種の体制、それが一段落した後は接種をためらう人への啓蒙・勧奨となるのでしょうね。もう1度緊急事態宣言があるかは、今回どこまで緊急事態宣言を引っ張るかで決まりそうです。 総資産推移(生活防衛資金等除く) 金額 増減額 増減率 総資産 131,365,580 -2,101,464 -1.60% リスク資産 115,656,668 -1,551,552 -1.34% 無リスク資産 15,708,912 -549,912 -3.50% ※ 生活防衛資金、確定拠出年金、財形、退職積立金等除く 久々の資産減少です。いくらか残っているコロナ直撃系銘柄に加え、主力の良品計画がウイグル問題で大きく下落した影響が大きいですね。給与が軽く消し飛んだ上、さらに数ヶ月分のマイナスになっています。 とはいえ相当程度計画に対して上振れしてはいます。 投資の概況 金額 増減額 増減率 投資元本 69,000,000 +300,000 +0.43% 評価額 121,406,657 -2,694,018 -2.22% 先月に引き続き、妻の投資資金確保のための定期資金振替以外に資金投入はありません。評価額はやや下落といったところ。 リターン(2011-/配当込み) 数値 対前月 総利益率 75.95% -4.69% 総利益額 52,406,657 -2,994,018 過去1年利益率 40.00% -11.48% 年初来利益率 14.50% -2.86% 前月比利益率 -2.41% -7.92% 年初来もかなり下落してきましたね。とはいえ、本格的な下落があるならこれからでしょう。 個別資産の状況 日本株は全体的に弱く、外国株とREITが堅調といった一ヶ月でした。動きが目立ったのはウイグル問題に伴う良品計画の下落と、TOBで上昇したインベスコオフィスでしょうね。 種別 資産名 評価額 預金 銀行預金 15,708,912 国内債券 個人向け国債変動10年 0 無リスク資産合計