投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

Raspberry pi+Homebridge+IRKitで自宅をスマート化し、Google Home/Android/HomeKitから操作する

イメージ
コロナ以降は夫婦ともに完全リモートワーク生活になったので、二人とも長時間自宅にいることが多くなりました。このため、自宅を快適にするべくスマートホーム化を少しずつ進めています。 スマートホームの全体像 全体像は次の絵のような感じで、私がiPad/Mac/iPhoneのApple Homeアプリからエアコン、テレビ、フロアランプ、スマートロック等を、妻はAndroidスマホのGoogle Homeアプリから家電を制御しています。 世の中にはスマートホーム(Google Home、HomeKit、Alexa)対応の家電がたくさんありますが、我が家には普通の家電しかありません。 HomebridgeとIRKitを使うことで、普通の家電をGoogle HomeやApple Homeアプリから使えるように しています。 スマートホームでできること スマートホームといっても声でテレビをオンオフできても別に嬉しくないしなぁ… という人は多いと思います。正直私もそうでしたし…。しかし、 家電の音声制御はスマートホームのパーツの1つに過ぎず、さらに整備を進めることで徐々に「スマート」「オートメーション」といった感じに なっていきます。 Level1. 家電を単体で操作する:Google Home/Apple Home 一番イメージしやすいのはこれだと思います。各種Homeアプリからタップで、もしくはSiri、Googleアシスタントから声で、個々の家電をオンオフしたり、ボリュームを変えたり、設定温度を変えたりできます。ただ正直 これだけでは、赤外線リモコンをスマホから使っているのとたいして変わりません 。そもそも声による操作もそう実用的には思えません。 Level2. 家の状況を一望する:Apple Home HomeKitでスマートホームを構築すると、Apple Homeアプリから 家全体の状況をダッシュボードのようにひと目で把握 できるようになります。部屋ごとに個別に状況を見ることもできます。少しずつスマート感が出てきます。 Level3. シーンで家全体の状態を制御:Apple Home そしてさらに、複数の家電の状態を「シーン」として登録すれば、 シーンを切り替えることで家全体の状態を一気に切り替える ことができるようになります。 例えば [仕事中] という名前をつけたシーンな

3大家計・資産管理サービス Money Forward ME、Moneytree、Zaimの機能比較とおすすめの使い方

イメージ
さまざまな便利なサービスがひしめく家計・資産管理サービス。今回は、個人向けのサービスとして代表的なMoneyForward ME、Moneytree、Zaimを1.家計管理、2.資産管理、3.分析・助言、4.通知・外部連携、5.その他利用環境等の 5つの観点で比較し、向き不向きやおすすめの使い方を紹介 します。 なおこの記事では、基本的には課金は行わず、 無料で使う前提で比較 しています。 お金を節約するために使うサービスに対して、効果もわからない状態で毎月お金を払うのは抵抗が強い からです。ただし、サービスが気に入った後の課金も視野に入れるため、課金で開放される重要な機能も注釈つきで記載します。 おすすめの使い方 私は家計・資産管理サービスを15年近く利用しているのですが、そんな私がおすすめする使い方は、 家計管理にMoneyForward ME、資産管理とバックアップにMoneytreeを併用する方法 です。この場合、Moneytreeはすべての金融口座、カード、電子マネーを登録して放置し、日々の確認は主にMoneyForward MEを使います。 以後の本文を読んでもらえればわかると思いますが、 MoneyForward MEは家計管理は抜群ですが資産管理に弱く、期間と口座数の制限が非常に強い です。 Moneytreeは家計管理は弱いですが資産管理に強く、期間と口座数に縛りはありません 。この2つを組み合わせることで、無料でも便利に使うことができます。 機能・特徴の比較 MF Moneytree Zaim 家計管理 ◯ ◯ ◯  明細自動取得機能 ◎ 毎日自動取得 ◯ 起動時+α △ 低頻度  連携口座の手動更新 ◯ ◯ × 課金で開放  費目自動設定機能 ◎ ◯ △  費目のカスタマイズ ◯ ◯ ◯  明細管理のしやすさ ◎ Web UI 自動振替 △ ◯  繰り返し入力機能 ◯ × ◯  予実管理機能 ◯ × 課金で開放 ◯  手元現金管理機能 ◎ 財布機能 △ ◎ 財布機能  対応口座の豊富さ ◎ ◎ ◯  登録できる口座数 × 最大10 課金で無制限 ◎ 無制限 ◎ 無制限  保存期間の長さ × 過去1年間 課金で無制限 ◎ 無制限 ◎ 無制限  グラフによる可視化 ◯ △ ◎ 資産管理 △ ◎ △  資産自動取得機能 ◎ ◯ ◯  連携手動更新 ◯