投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

Outlookのリモート会議予定を自動的に家族に共有して事故を防ぐ

イメージ
職場のOutlook予定表に登録されたリモートワーク会議の予定を、機微情報を削除した状態で日々Googleカレンダーに転記して家族に共有することで、 リモート会議で機微な情報を話している状況で不意に家族が部屋に入ってくる、という事故を最小限の労力で回避している というお話です。 リモートワークのよくある課題 自宅でリモートワークをしていると、 リモート会議で機微な情報について話している最中に家族が自室に入って来そうになる… こんな状況を経験した人は多いと思います。特に、複数が頻繁にリモート会議しながら自宅で仕事を進めている場合、どうしても仕事場を部屋ごと分ける必要があるため、誰かがLDKを占有するような状況が発生しがちです。この場合、セキュリティを維持するために 仕事中のLDK立ち入りを禁止すると、家族は昼間に水すら飲めなく なってしまいます。 解決の方向性:あらかじめ会議予定を共有する 根本的に解決するなら、広い家に引っ越して個別に仕事部屋を作るのが一番なのですが、なかなかそう簡単にはいきません。今の環境でも実行できる解決策としては、 あらかじめリモート会議の予定を家族に共有しておき、その時間は絶対に部屋に立ち入らないようにお願い する、程度が現実的です。 障害:日々の予定を都度確認し、伝達するのは非常に面倒 部屋への立ち入りで若干揉めた後しばらくは、LDKを使っている私が 日々リモート会議の予定を手動でGoogleカレンダーに登録し、ここを見て立ち入り可否を判断するようお願い していました。しかし、毎日翌日以降のリモート会議の予定を確認して手動で1つ1つ登録するのは本当に面倒です。また、当日になって急に入ってくる予定も多く、その場合は私が入力を忘れてしまったり、妻の方で見てくれなかったりします。 そもそもLDKを使っている 私だけがなぜこんな面倒なことを毎日しなくてはいけないのか… それなら私も寝室がいい。しかし、 妻は寝室をどうしても譲ろうとしません… 。てかそのディスプレイもデスクもライトも私のだし、ネットワーク整備したのも私なんだが…。 障害:既存のツールによる自動化は望み薄 こうなると登録を自動化したくなるわけですが、既存の同期ツールではなかなか実現が難しいです。なぜなら、 対象は全ての予定ではなくリモート会議のみで、かつ機微な情報が含まれる可能性がある

Raspberry pi+Homebridge+IRKitで自宅をスマート化し、Google Home/Android/HomeKitから操作する

イメージ
コロナ以降は夫婦ともに完全リモートワーク生活になったので、二人とも長時間自宅にいることが多くなりました。このため、自宅を快適にするべくスマートホーム化を少しずつ進めています。 スマートホームの全体像 全体像は次の絵のような感じで、私がiPad/Mac/iPhoneのApple Homeアプリからエアコン、テレビ、フロアランプ、スマートロック等を、妻はAndroidスマホのGoogle Homeアプリから家電を制御しています。 世の中にはスマートホーム(Google Home、HomeKit、Alexa)対応の家電がたくさんありますが、我が家には普通の家電しかありません。 HomebridgeとIRKitを使うことで、普通の家電をGoogle HomeやApple Homeアプリから使えるように しています。 スマートホームでできること スマートホームといっても声でテレビをオンオフできても別に嬉しくないしなぁ… という人は多いと思います。正直私もそうでしたし…。しかし、 家電の音声制御はスマートホームのパーツの1つに過ぎず、さらに整備を進めることで徐々に「スマート」「オートメーション」といった感じに なっていきます。 Level1. 家電を単体で操作する:Google Home/Apple Home 一番イメージしやすいのはこれだと思います。各種Homeアプリからタップで、もしくはSiri、Googleアシスタントから声で、個々の家電をオンオフしたり、ボリュームを変えたり、設定温度を変えたりできます。ただ正直 これだけでは、赤外線リモコンをスマホから使っているのとたいして変わりません 。そもそも声による操作もそう実用的には思えません。 Level2. 家の状況を一望する:Apple Home HomeKitでスマートホームを構築すると、Apple Homeアプリから 家全体の状況をダッシュボードのようにひと目で把握 できるようになります。部屋ごとに個別に状況を見ることもできます。少しずつスマート感が出てきます。 Level3. シーンで家全体の状態を制御:Apple Home そしてさらに、複数の家電の状態を「シーン」として登録すれば、 シーンを切り替えることで家全体の状態を一気に切り替える ことができるようになります。 例えば [仕事中] という名前をつけたシーンな

3大家計・資産管理サービス Money Forward ME、Moneytree、Zaimの機能比較とおすすめの使い方

イメージ
さまざまな便利なサービスがひしめく家計・資産管理サービス。今回は、個人向けのサービスとして代表的なMoneyForward ME、Moneytree、Zaimを1.家計管理、2.資産管理、3.分析・助言、4.通知・外部連携、5.その他利用環境等の 5つの観点で比較し、向き不向きやおすすめの使い方を紹介 します。 なおこの記事では、基本的には課金は行わず、 無料で使う前提で比較 しています。 お金を節約するために使うサービスに対して、効果もわからない状態で毎月お金を払うのは抵抗が強い からです。ただし、サービスが気に入った後の課金も視野に入れるため、課金で開放される重要な機能も注釈つきで記載します。 おすすめの使い方 私は家計・資産管理サービスを15年近く利用しているのですが、そんな私がおすすめする使い方は、 家計管理にMoneyForward ME、資産管理とバックアップにMoneytreeを併用する方法 です。この場合、Moneytreeはすべての金融口座、カード、電子マネーを登録して放置し、日々の確認は主にMoneyForward MEを使います。 以後の本文を読んでもらえればわかると思いますが、 MoneyForward MEは家計管理は抜群ですが資産管理に弱く、期間と口座数の制限が非常に強い です。 Moneytreeは家計管理は弱いですが資産管理に強く、期間と口座数に縛りはありません 。この2つを組み合わせることで、無料でも便利に使うことができます。 機能・特徴の比較 MF Moneytree Zaim 家計管理 ◯ ◯ ◯  明細自動取得機能 ◎ 毎日自動取得 ◯ 起動時+α △ 低頻度  連携口座の手動更新 ◯ ◯ × 課金で開放  費目自動設定機能 ◎ ◯ △  費目のカスタマイズ ◯ ◯ ◯  明細管理のしやすさ ◎ Web UI 自動振替 △ ◯  繰り返し入力機能 ◯ × ◯  予実管理機能 ◯ × 課金で開放 ◯  手元現金管理機能 ◎ 財布機能 △ ◎ 財布機能  対応口座の豊富さ ◎ ◎ ◯  登録できる口座数 × 最大10 課金で無制限 ◎ 無制限 ◎ 無制限  保存期間の長さ × 過去1年間 課金で無制限 ◎ 無制限 ◎ 無制限  グラフによる可視化 ◯ △ ◎ 資産管理 △ ◎ △  資産自動取得機能 ◎ ◯ ◯  連携手動更新 ◯