家計のレポート:2022/6末 - 夏を前に一息

昨月に引き続き、トータルとしては低水準を維持しました。とはいえ、水道光熱と趣味娯楽費の高騰は続いています。

オーバービュー

衣服美容費は定例の美容院代なので単月のオーバーは問題なし。趣味娯楽はまた何かチケットを買っていたようです…。水道光熱費は過去一年平均でも予算オーバー、交際費は高止まりです。

※単月    :当月支出の目標金額との乖離率
※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率
費目予算今月過去一年平均
トータル350,00074.58%81.75%
食費+日用品費80,00045.56%53.80%
水道・光熱費25,00067.30%102.36%
交際費15,00061.33%100.97%
衣服・美容費20,000133.55%68.11%
趣味・娯楽費15,000108.80%90.21%
交通費5,00025.56%21.36%

当月支出÷目標支出額

当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。先程の表を図で表したものです。

趣味娯楽が下がりません。

過去一年平均支出÷目標支出額

過去一年平均だとこうなります。

水道光熱費、交際費、趣味娯楽がずっと高いです。

一般世帯との比較:過去1年平均

家計調査における二人以上勤労世帯と、我が家の支出(過去一年平均)との比較です。


水道光熱費の飛び出しが日に日に大きくなっているような…

収支全体の状況

ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。濃い線が過去1年の移動平均線、薄い線が各月の実数値です。


収入増が一服し、収支も微減しています。

収入の状況

収入内訳の比率は以下のように推移しています。配当は多めでしたが、ボーナス月なので比率は大したことないですね。



支出の状況

支出全体の推移とトレンドです。

目標:35万円

ほぼ横ばいですが、今月はやや増えた感じでしょうか。

全費目の状況

今月の費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じになります。


概ねいつも通りの比率です。

主要な費目の状況

固定費はあらかた削減しきってしまったので、変動費のうち割合が大きく、意志と習慣でコントロール可能な次の7つを主要な費目と位置づけ、確認・分析しています。

  1. 食費
  2. 日用品費
  3. 水道・光熱費
  4. 交際費
  5. 衣服・美容費
  6. 趣味・娯楽費
  7. 交通費


食費&日用品費

食費と日用品費はネット通販で混ざって買っていることが多いため、合算して扱っています。とはいえ、最近はネット通販の内訳を分けて記録しているので、個別の費目もある程度信頼できるようになってきました。

食費目標  :6万円
日用品費目標:2万円

今年に入って底打ち後、概ね横ばいな感じですかね。

赤が妻、青が私です。今月からメルペイ残高が底をつき、私の支出が復活しました。今月は妻の支出が比較的低め…と思いつつ、絶対値ではまだそれなりに高いですね。

水道・光熱費

水道、電気、ガス料金です。

目標:2万5,000円

今月は水道料金の請求がない月でした。過去一年平均の上昇傾向は依然として変わりありません。

ガスの使用量は前年同月比で103%程度ですが、料金は123%です。


電気の使用量は前年同月比で105%程度ですが、料金は131%です。

交際費

会社、友人、家族、親戚等との会食や、それに付随する交通費等です。帰省も入っています。

目標:1万5,000円

送別会があったようです。

衣服・美容費

理髪、衣服、小物、美容院等の費用です。

目標:2万円

いつもの美容院です。

趣味・娯楽費

ゲーム、漫画、映画、音楽、ライブイベント等に対する支出です。

目標:1万5,000円

ライブチケットです。またなんか買ってました。本当に毎月買ってます。

交通費

突発的に発生する通勤ルート外への電車移動、タクシーによる移動が主な対象です。金額的にはほとんどが妻のタクシー代でした。

目標:5,000円

主に交際費関連での電車代です。つけなおしが面倒なので仕分けしていません。

参考:支出用途の4分類

QGSと呼ばれる、支出用途を 固定費、変動費、自己投資、貯蓄投資に分類してバランスを見ながら管理する手法に従い、状況を確認します。


変動費は低いんですが、自己投資が多めです。衣服美容と趣味娯楽が多かったことによるものでしょう。

目標支出額に対する比率

こちらは、収入が平均的家計の35万円(=計画上の支出上限値)だったと仮定した場合の比率です。理想は、一般家計と同様の暮らしをしつつ、超過分を貯蓄投資に回すことです。


そこそこの黒字を維持しています。

全収入に対する比率

こちらは、全収入額を使えると仮定した場合の比率です。将来的に収入が減った際のことを考慮し、我が家ではあまり重視しておらず、参考程度の掲載です。


今月の貯蓄率は89.42%でした。給料が多かったせいですね。

裕福度(資産収入÷支出)

支出を不労所得でどのくらいまかなえるかを表します。対象の支出を「総支出」と「生存費(固定費+変動費)」に分けて算出しています。

支出が低めだったこと、一部企業の配当が月をまたいで今月に振り込まれたことから高めに出ています。

当月の裕福度

裕福度前年同月比
総支出148.61%-158.50%
生存費185.82%-142.55%

これはひどいですね。配当がかなり減った影響が大きいです。

過去1年平均の裕福度

裕福度前月比
総支出56.30%-9.06%
生存費66.11%-9.80%

1年で見てもだいぶ下がりました。

趣味娯楽が多めでしたが、それ以外は概ね低い支出で過ごすことができました。ここからは電気代がまた高騰していくと思われるため、引き続き生活防衛していこうと思います。食費は元が少ないので多少上がっても影響は小さいですが、エネルギーは消費が多めなので厳しいんですよね。岸田ほんとになんとかしてくれ。

コメント

このブログの人気の投稿

3大家計・資産管理サービス Money Forward ME、Moneytree、Zaimの機能比較とおすすめの使い方

なぜ私は食費を月5,000円以下に抑えられているのか

ふるさと納税攻略(というほどでもない話)