資産状況のレポート:2021/5末 - 小康状態

かなり乱高下したイメージでしたが、こうして見ると連休明けの大きな下げの後はわりと順調に上がっていたんですね。日経平均は今月もSP500に劣後しています。


日本では猛烈なスピードでワクチン接種が進み始めました。体制の増強や工夫の蓄積も進んでおり、国民側でブレーキがかかるまではしばらく良いペースで進みそうに思います。中旬からの上げはそれを好感した面もあるのかもしれません。

総資産推移(生活防衛資金等除く)

金額増減額増減率
総資産133,985,786+2,620,206+1.96%
リスク資産117,728,588+2,071,920+1.76%
無リスク資産16,257,198+548,286+3.37%
※ 生活防衛資金、確定拠出年金、財形、退職積立金等除く

ぼちぼち増えました。先月の下げを取り戻したような形です。


計画に対する上振れ状況もさして変わりません。

投資の概況

金額増減額増減率
投資元本69,300,000+300,000+0.43%
評価額123,795,693+2,389,036+1.93%


先月に引き続き、妻の投資資金確保のための定期資金振替以外に資金投入はありません。そこそこ上がっていたのですが、31日の下落で100万以上消し飛びました。

リターン(2011-/配当込み)

数値対前月
総利益率78.64%+2.69%
総利益額54,495,693+2,089,036
過去1年利益率32.37%-7.63%
年初来利益率16.46%+1.96%
前月比利益率1.72%+4.13%


春から横ばいという感じですね。

個別資産の状況

日本株はイマイチ、外国株式は微増、REITは堅調という感じ。今年に入ってからはREITにかなり助けられています。

種別資産名評価額
預金銀行預金16,257,198
国内債券
個人向け国債変動10年
0
無リスク資産合計16,257,198
資産クラス銘柄数量取得単価現在値損益額損益率評価額
国内REIT
スターツPR27150,526225,4002,021,59849.74%6,085,800
グローバルOne33124,031123,400-20,823-0.51%4,072,200
トーセイ・リート9106,059136,300272,16928.51%1,226,700
フロンティア6351,500503,000909,00043.10%3,018,000
ヘルケア&メディ16100,499141,900662,41641.20%2,270,400
ヘルケア&メディ10110,667141,900312,33028.22%1,419,000
大和ハウスリート4295,200305,00039,2003.32%1,220,000
CREロジ6172,000178,60039,6003.84%1,071,600
インヴィンシブル4027,60544,550677,80061.38%1,782,000
星野リゾート5428,056645,0001,084,72050.68%3,225,000
国内株式
コマツ1,3002,3653,2031,089,40035.43%4,163,900
共和工業所2004,2034,20300.00%840,600
ブリヂストン3003,7354,813323,40028.86%1,443,900
タイポリ11,000409451462,00010.27%4,961,000
タイポリ2,00041045182,00010.00%902,000
プレス工業12,00032132324,0000.62%3,876,000
丸八HD3,700792785-25,900-0.88%2,904,500
住友商1,0001,1391,532392,50034.46%1,531,500
三菱商事9002,6932,988265,50010.95%2,689,200
セブン&アイ3003,8084,729276,30024.19%1,418,700
良品計画3,8001,3962,0852,618,20049.36%7,923,000
cotta1,500440684366,00055.45%1,026,000
JT2002,7242,167-111,400-20.45%433,400
JT2002,7242,167-111,400-20.45%433,400
カルビー4003,2722,532-296,000-22.62%1,012,800
三菱UFJ2,400492622312,72026.48%1,493,520
三井住友FG2003,0593,962180,60029.52%792,400
オリックス1,3001,5401,937516,10025.78%2,518,100
オリックス1001,5461,93739,10025.29%193,700
KDDI1,0002,8123,712900,00032.01%3,712,000
KDDI7002,7523,712672,00034.88%2,598,400
三菱地所6001,6481,77978,6007.95%1,067,400
JR東日本1007,0037,65765,4009.34%765,700
JR東日本1009,8737,657-221,600-22.45%765,700
JR東日本2005,9187,657347,80029.38%1,531,400
JR東海10015,74716,26551,8003.29%1,626,500
日本航空7001,9732,498367,50026.61%1,748,600
日本航空3002,7502,498-75,600-9.16%749,400
岩塚製菓2003,8834,10043,4005.59%820,000
王将フード1004,1385,550141,20034.12%555,000
すかいらーく1001,5661,546-2,000-1.28%154,600
吉野家HD10018262,00618,0009.86%200,600
日本管財10019702,35038,00019.29%235,000
日本管財10019692,35038,10019.35%235,000
ビックカメラ10012451,081-16,400-13.17%108,100
ビックカメラ10012181,081-13,700-11.25%108,100
サイゼリヤ5001,9032,433265,00027.85%1,216,500
ヒロセ通商10021482,1904,2001.96%219,000
アトム1006957636,8009.78%76,300
先進国株式
T15033.0929.43-85,111-14.94%484,500
BABA80213.89213.9615,5360.83%1,878,603
INTC22947.4157.12309,31527.46%1,435,609
BTI66938.5238.67-7,088-0.25%2,839,309
NGG10052.0066.87176,26431.61%733,912
EAF7607.7313.28460,00871.02%1,107,705
CAI73020.9742.921,770,582106.14%3,438,706
TECS508.126.30-8,708-20.12%34,572
楽天高配当株100,8579,91613,04631,56831.57%131,578
楽天高配当株719,8729,72413,046239,14134.16%939,145
新興国株式
DGS76043.2554.01896,25924.84%4,505,056
CXSE665.1965.844621.08%43,356
FM5029.0532.1424,03315.78%176,371
野村Funds-i新興株188,46410,61319,307163,85181.92%363,867
たわらN 新興株616,39211,35717,240362,62351.80%1,062,660
ニッセイ新興株116,76610,27712,38924,66120.55%144,661
たわらN 新興株105,01914,28417,24031,04420.69%181,053
ニッセイ新興株934,4949,31012,389287,73133.07%1,157,745
ニッセイ新興株1,085,2819,21512,389344,46834.44%1,344,555
世界株ETF
VT90051.93102.914,727,27186.93%10,165,120
eMAXIS slimバランス853,13310,55013,115218,82924.31%1,118,884
外国債券ブラックロックMMF0.00109.75109.75200.00%0
リスク資産合計25,092,36827.09%117,728,588

今月の売買銘柄

以下の売買を行いました。

  • インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の全売却
  • グローバル・ワン不動産投資法人の追加買付
  • CREロジスティクスファンド投資法人の新規買付
  • IJTTの全売却
  • プレス工業の新規買付
  • MOの全売却
  • WBKの全売却
  • BABAの新規買い入れ

基本的には銘柄の入れ替えです。REITはTOBで上昇したインベスコオフィスを全て処分し、かわりにグローバルワンとCREロジスティクスファンドを買っています。引き続きオフィスと物流を増やしていきます。

自動車部品はシクリカルの順序に従った入れ替えですが、業界自体にあまり詳しくないので相変わらずPFの一部でせこせこやっています。

外国株は、そろそろBABAの下値が固くなってきたように感じたので、かなり上昇してきた2銘柄と交換しました。

資産配分状況

様々な視点から資産の内訳を確認していきます。

資産クラスの観点


同じ資産クラスの中で銘柄交換しているので、全体的な傾向はあまり変化はありません。


日本株が減って、REITが少し増えている感じでしょうか。
スナップショットを撮るとこんな感じです。REITはもう少し増やしたいですね。

業種の観点

良品計画が絶不調で小売の比率がかなり下がってきました。セブンがなぜか好調でわりと相殺してくれてはいるんですが。

不動産の内訳

保有しているREITの分配金の安定性を把握するため、立地と用途の観点から内訳を確認しています。まずは立地です。首都圏を23区とその他に分割し、その他は地方と合算しています。


引き続き都心に資金投入中で、比率が上がっています。

物件用途

自分でも興味があったので、物件用途については過去推移をグラフにしてみました。

以前は分配の安定性を重視していたので、2019年頃までは住宅REITが多いです。しかし住宅REITがかなり値上がりしたため、2019年末~2020年初頭にかけてオフィスとあわせて一気に売却しています。2020年前半の大きな谷は、コロナショックではなく売却によるものですね。運もありましたが、かなり良いタイミングでいったん足抜けできました。

3月下旬のREIT大暴落で住宅とオフィスを少し買い、コロナの状況が見えはじめた夏に商業を、株式が爆上がりをはじめた10~12月には出遅れていたオフィスを買っています。このあたりは悪くなかったと思うのですが、最初の物流の上げを逃したのは悔やまれます。まず物流を買い、商業、オフィスと順に入れ替えていくべきでした。


比率で見るとこうなります。徐々に多様化してます。

さらに物流が増えました。物流とオフィスは安く拾えるタイミングがあれば拾っていきたいと思います。住宅はかなり高く感じるのでいくらか処分する予定です。

実現損益の状況

配当収入(税引後)

2021年の累計:609,565+69,621円

今月は、以下の銘柄から配当・分配がありました。
  • ビックカメラ
  • セブン&アイホールディングス
  • T
  • MO
  • BTI

昨年同月と比べた累積配当額の増減率は+2.70%です。低レベルのデッドヒート…

売却損益(税引後)

2021年の累計:+2,716,825円+1,468,905

IJTT、インベスコオフィスの売却益によるものです。

配当の状況

配当の状況はもう少し詳しく確認できるようにするため、金額と利回り推移をグラフ掲載することにしました。

配当手取り金額と利回りの推移

コロナ前にREITを処分して無配銘柄を増やしたこと、保有銘柄で減配無配が相次いだこともあり、配当額は頭打ち~微減になっています。運用資産額も増えているので配当利回りは右肩下がりになっており、手取りベースで2%を切っています。復配が進めば多少はマシになりそうですが、もはや指数と変わらない水準ですね。これで生活費をすべて賄おうとすると、2億ぐらい必要。。


配当の業種内訳



歪!

以上、2021年5月末時点での資産状況でした。REITはかなり高くなってきているもののオフィスはまだ安く見えるので、割高を処分しつつもう少し増やしていくつもりです。世間はインフレと金利の話でもちきりですが、グロース系はほぼ保有していないので、あまり大きくPFを変えることもなく小さく新陳代謝を繰り返しながらイベントを待とうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

3大家計・資産管理サービス Money Forward ME、Moneytree、Zaimの機能比較とおすすめの使い方

iPadが便利すぎて4万程度で使えることが信じ難いレベル

なぜ私は食費を月5,000円以下に抑えられているのか