家計のレポート:2022/8末 - 趣味娯楽の谷間と高単価の買い出し

 

こちらもゲーム休みを挟んで2ヶ月ぶりです。昨月分も記録はされており、推移にも反映されています。

オーバービュー

8月通して引きこもっていた影響もあるのか、トータル支出はかなり低水準でした。自己投資・消費系の谷間になっているのが大きな要因に見えます。

※単月    :当月支出の目標金額との乖離率
※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率
費目予算今月過去一年平均
トータル350,00070.24%81.76%
食費+日用品費80,00072.09%55.06%
水道・光熱費25,00097.92%106.15%
交際費15,00013.20%98.09%
衣服・美容費20,0000.88%56.28%
趣味・娯楽費15,00013.07%95.71%
交通費5,00029.52%25.47%

当月支出÷目標支出額

当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。先程の表を図で表したものです。

かなり歪な形です。水道光熱費はもう手がつけられませんね…

過去一年平均支出÷目標支出額

過去一年平均だとこうなります。

水道光熱費、交際費、趣味娯楽の高止まりはずっと続いています。

一般世帯との比較:過去1年平均

家計調査における二人以上勤労世帯と、我が家の支出(過去一年平均)との比較です。


水道光熱費がナイフのような切れ味になってきています。

収支全体の状況

ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。濃い線が過去1年の移動平均線、薄い線が各月の実数値です。


すべて横ばいで安定している雰囲気です。

収入の状況

収入内訳の比率は以下のように推移しています。配当が少なくほぼ給与です。



支出の状況

支出全体の推移とトレンドです。

目標:35万円

単月で見ると下がり気味ですが、1年平均はかなり安定してきた感じです。インフレ気味の中これは検討している方かもしれません。

全費目の状況

今月の費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じになります。


支出が少ない月は住居費が大きく見えます。

主要な費目の状況

固定費はあらかた削減しきってしまったので、変動費のうち割合が大きく、意志と習慣でコントロール可能な次の7つを主要な費目と位置づけ、確認・分析しています。

  1. 食費
  2. 日用品費
  3. 水道・光熱費
  4. 交際費
  5. 衣服・美容費
  6. 趣味・娯楽費
  7. 交通費


食費&日用品費

食費と日用品費はネット通販で混ざって買っていることが多いため、合算して扱っています。とはいえ、最近はネット通販の内訳を分けて記録しているので、個別の費目もある程度信頼できるようになってきました。

食費目標  :6万円
日用品費目標:2万円

単月で見ると食費がかなり増えています。

赤が妻、青が私です。妻の分量がとんでもないことになっています。私がゲームで引きこもっていてあまり買い出しにいかなかったので、妻が高い場所で食品を買ってきた影響と思われます。まぁそうなるよな。。

水道・光熱費

水道、電気、ガス料金です。

目標:2万5,000円

今月は水道料金の請求がない月でした。水道がない月でこの支出は厳しい。過去一年平均の上昇傾向も依然として変わりありません。

ガスの使用量は前年同月比で-13%程度ですが、料金は+13%です。ガスも高いです。


電気の使用量は前年同月比で+30%程度ですが、料金は+65%です。暑かったのでしょうがないところはありますが、大変マズい状態です。


水道の使用量は前年同月比で-10%、料金は-11%と優秀です。単価が高くならないところが素晴らしいですね…。

交際費

会社、友人、家族、親戚等との会食や、それに付随する交通費等です。帰省も入っています。

目標:1万5,000円

今月はほぼ支出ゼロです。

衣服・美容費

理髪、衣服、小物、美容院等の費用です。

目標:2万円

こちらも支出の谷間です。

趣味・娯楽費

ゲーム、漫画、映画、音楽、ライブイベント等に対する支出です。

目標:1万5,000円

久々に新規のチケット購入がありませんでした。

交通費

突発的に発生する通勤ルート外への電車移動、タクシーによる移動が主な対象です。金額的にはほとんどが妻のタクシー代でした。

目標:5,000円

主に交際費関連での電車代です。つけなおしが面倒なので娯楽目的の外出等も仕分けしていません。

参考:支出用途の4分類

QGSと呼ばれる、支出用途を 固定費、変動費、自己投資、貯蓄投資に分類してバランスを見ながら管理する手法に従い、状況を確認します。


変動費がかなり高くなりました。食費の影響ですね。

目標支出額に対する比率

こちらは、収入が平均的家計の35万円(=計画上の支出上限値)だったと仮定した場合の比率です。理想は、一般家計と同様の暮らしをしつつ、超過分を貯蓄投資に回すことです。


そこそこの黒字を維持しています。

全収入に対する比率

こちらは、全収入額を使えると仮定した場合の比率です。将来的に収入が減った際のことを考慮し、我が家ではあまり重視しておらず、参考程度の掲載です。


今月の貯蓄率は72.98%でした。いつも通りです。

裕福度(資産収入÷支出)

支出を不労所得でどのくらいまかなえるかを表します。対象の支出を「総支出」と「生存費(固定費+変動費)」に分けて算出しています。

ポジションが小さくなっている影響で低下気味です。

当月の裕福度

裕福度前年同月比
総支出28.44%+2.99%
生存費28.93%-1.78%

今月はろくに配当がないので、裕福度は低めです。前年同月比だと、娯楽費等の谷間でよさげに映りますが、生存費は下がっています。

過去1年平均の裕福度

裕福度前月比
総支出52.28%+0.39%
生存費60.90%-0.34%

こちらも同様の傾向です。思ったより踏みとどまっていますが。

今月は娯楽系支出の谷間と妻の高単価食費が交錯した月でした。多少食費が高くとも、趣味娯楽系が低ければ支出は低くなりますね…。まぁ、これくらいの変動はこれからも私がゲームで引きこもると起きるでしょうから、織り込んで行く方が良さそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

3大家計・資産管理サービス Money Forward ME、Moneytree、Zaimの機能比較とおすすめの使い方

なぜ私は食費を月5,000円以下に抑えられているのか

Raspberry pi+Homebridge+IRKitで自宅をスマート化し、Google Home/Android/HomeKitから操作する