家計のレポート:2022/9末 - UNSTOPPABLE(光熱費)

オーバービュー

日数は少ないのですが、トータル費用はやや高め、いつもの問題児たちが軒並み予算オーバーし、過去平均も予算超過です。

※単月    :当月支出の目標金額との乖離率
※一年平均  :過去一年平均支出の目標金額との乖離率
費目予算今月過去一年平均
トータル350,00082.59%80.62%
食費+日用品費80,00046.72%53.59%
水道・光熱費25,000147.72%108.16%
交際費15,000114.23%105.31%
衣服・美容費20,000143.03%65.31%
趣味・娯楽費15,00034.83%90.55%
交通費5,00093.08%26.94%

当月支出÷目標支出額

当月支出が予算の何倍になっているかを示すレーダーチャートです。先程の表を図で表したものです。



水道光熱費と衣服美容費が突出しています。交際費も地味に100%を超えています。

過去一年平均支出÷目標支出額

過去一年平均だとこうなります。

水道光熱費、交際費は100%を継続的に超えています。趣味娯楽はギリギリ踏みとどまっていますが…

一般世帯との比較:過去1年平均

家計調査における二人以上勤労世帯と、我が家の支出(過去一年平均)との比較です。


水道光熱費の切れ味がどんどん増していきます。そのうちナイフから脇差しぐらいになりそう。

収支全体の状況

ここからは主に折れ線グラフで推移を見ていきます。濃い線が過去1年の移動平均線、薄い線が各月の実数値です。


俯瞰してみるともう大きな変化はないですね。

収入の状況

収入内訳の比率は以下のように推移しています。配当が少なくほぼ給与です。



支出の状況

支出全体の推移とトレンドです。

目標:35万円

ほぼ横ばいです。食費、光熱費を中心に物価が上がる中、頑張っている…と思いたい。

全費目の状況

今月の費目の内訳を円グラフで表すとこんな感じになります。


もはや住宅と水道光熱費のために働いているような…無人島サバイバルですかね?

主要な費目の状況

固定費はあらかた削減しきってしまったので、変動費のうち割合が大きく、意志と習慣でコントロール可能な次の7つを主要な費目と位置づけ、確認・分析しています。

  1. 食費
  2. 日用品費
  3. 水道・光熱費
  4. 交際費
  5. 衣服・美容費
  6. 趣味・娯楽費
  7. 交通費


食費&日用品費

食費と日用品費はネット通販で混ざって買っていることが多いため、合算して扱っています。とはいえ、最近はネット通販の内訳を分けて記録しているので、個別の費目もある程度信頼できるようになってきました。

食費目標  :6万円
日用品費目標:2万円

トータルは横ばい、食費がやや増加に見えますが、これまで日用品にカウントされていたものをきちんと分けた効果だと思われます。

赤が妻、青が私です。妻の食費が相変わらず高いです。私も何度か出社して外食があったため、高めになっています。

水道・光熱費

水道、電気、ガス料金です。

目標:2万5,000円

今月は水道料金の請求がある月でした。増加傾向は止まっていません。

ガスの使用量は前年同月比で-20.5%ですが、料金は+1.7%です。こうして見ると使用量は減り続けてるんですね。その分電気が増えてますが。


電気の使用量は前年同月比で+12.8%ですが、料金は+48.2%です。どうしようもない。

交際費

会社、友人、家族、親戚等との会食や、それに付随する交通費等です。帰省も入っています。

目標:1万5,000円

親の怪我の間サポートをしてくれた地元の近所の人たちにお礼を贈りました。

衣服・美容費

理髪、衣服、小物、美容院等の費用です。

目標:2万円

いつもの美容室+αです。

趣味・娯楽費

ゲーム、漫画、映画、音楽、ライブイベント等に対する支出です。

目標:1万5,000円

チケット購入が一段落しました。少しあるのは妻の書籍と私のゲーム(無双 風花雪月)ですね。まぁゲームは売って7割回収しますが…

交通費

突発的に発生する通勤ルート外への電車移動、タクシーによる移動が主な対象です。金額的にはほとんどが妻のタクシー代でした。

目標:5,000円

主に交際費関連での電車代です。妻が職場から荷物を引き上げてくるのにタクシーを使ったようです。恒常的な支出でないならよしとします。

参考:支出用途の4分類

QGSと呼ばれる、支出用途を 固定費、変動費、自己投資、貯蓄投資に分類してバランスを見ながら管理する手法に従い、状況を確認します。


美容室で自己投資系が高くなるのはともかく、変動費は高止まりですね。

目標支出額に対する比率

こちらは、収入が平均的家計の35万円(=計画上の支出上限値)だったと仮定した場合の比率です。理想は、一般家計と同様の暮らしをしつつ、超過分を貯蓄投資に回すことです。


黒字幅が薄くなってきました…

全収入に対する比率

こちらは、全収入額を使えると仮定した場合の比率です。将来的に収入が減った際のことを考慮し、我が家ではあまり重視しておらず、参考程度の掲載です。


今月の貯蓄率は68.14%で、やや低めでした。

裕福度(資産収入÷支出)

支出を不労所得でどのくらいまかなえるかを表します。対象の支出を「総支出」と「生存費(固定費+変動費)」に分けて算出しています。

ポジションが小さくなっている影響で低下気味です。

当月の裕福度

裕福度前年同月比
総支出19.75%-23.18%
生存費23.98%-22.47%

今月はろくに配当がないので、裕福度は低めです。

過去1年平均の裕福度

裕福度前月比
総支出50.43%-1.85%
生存費59.41%-1.49%

どんどん下がっています。

先月の谷間の反動で小さな山が来ました。年末にかけて交際イベントが重なって支出が増えるのが我が家なので、11月あたりはまた盛り上がると思います。いずれにせよ、インフレ傾向がどこまで続くかが気になるところですね。光熱費がこの調子で上がり続けるとさすがに厳しいですし、計画も立てづらいです。

コメント

このブログの人気の投稿

3大家計・資産管理サービス Money Forward ME、Moneytree、Zaimの機能比較とおすすめの使い方

なぜ私は食費を月5,000円以下に抑えられているのか

ふるさと納税攻略(というほどでもない話)